2011年06月26日

平成23年第2回定例会(全般)

またも久しぶりの更新になってしまいました。スイマセン。

今回は、先の平成23年第2回定例会の報告です(予定を1日残し、6月14日のみで終了しました)。

写真は役場駐車場の藤棚です。定例会の頃は写真のとおりの満開で、甘い香りを風に乗せてあちらこちらに運んでいました。今はすっかり緑の木陰になって、気持ちの良い涼を提供しています。

なお、今定例会は町長が入院加療中のため欠席、副町長が職務代理者として全ての答弁を行いました。(町長は胆石膵炎のため5月14日から入院。6月7日に手術を行うことから、6月7日から副町長が職務代理者としてその任に当たっていました。町長は6月14日に退院、自宅療養ののち6月24日に復帰しましたので、副町長の職務代理も6月23日に解かれました。)

以下、審議議案のうち主だったものを報告します。
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

【行政報告】
■町長の病気療養に関する説明(上記参照)
■石狩川流域下水道中部地区協議会に加入

 ・し尿処理のため、上記協議会に加入した(5月19日の総会で、加入が承認された)
 ・平成24年夏頃に一部事務組合で議決、同年秋頃に事務組合に加入、平成27年供用開始予定。

【平成22年度月形町一般会計補正予算の専決処分の承認】
 3月の定例会以降の一般会計の出し入れについての承認(平成22年度の最終補正)
■歳入歳出総額 34億0029万2千円 (+1億8000万円)
 ・地方交付税の増額による歳入の伸び
 ・この増額分は、基金に積む・・・地域福祉基金 1億円
                 財政調整基金   2000万円
                 減債基金     6000万円

【平成23年度月形町一般会計補正予算(第2号)】
■歳入歳出総額 32億5508万7千円 (+1858万7千円)
■補正予算の主な内容
 ◇衛生センター整備事業 259万4千円
  ・融雪期に汚水プールに(処分場外から)流入する表面水を分離するための工事

 ◇雇用創出推進事業(道から100%補助による緊急雇用創出事業交付金の事業) 1431万円
  ・非正規・失業者対策
  ・情報処理人材育成事業(493万円)・・・IT企業に委託、2名を雇用 
    月形町の財産情報を教材に、企業が指導し資格取得をめざす。
    その結果、月形町の財産情報がプログラム化・データ化される。
  ・樺戸博物館の映像更新(937万円)

 ◇北海道地域創造フォーラム 50万円
  ・月高出身の日本画家の絵画鑑賞会を同時開催(フォーラム関係総額250万円に)
  ・フォーラム参加者見込み 300名
  ・前日(9月2日)の物故者追悼式を午後開催し、フォーラム参加者も参加しやすいように配慮

 ◇災害支援経費 ー71万3千円
  ・被災地への職員派遣が中止になったことによる旅費の減額(ー110万円)
  ・南相馬市から月形に避難した被災者の交通費等     ( 38万7千円)

 ◇皆楽公園管理経費 90万2千円
  ・つち工房の地下水くみ上げポンプの交換(経年劣化による)

 ◇道徳教育推進事業 41万9千円(100%道補助)
  ・道徳教育のモデル校として公開授業などを実施

【平成23年度国民健康保健事業特別会計補正予算(第1号)】及び【保険税率改定】
■歳入歳出総額 5億3763万4千円 (+1465万7千円)
■税率の大幅増額改定
 ・国民健康保健会計は数年来の赤字で、財政調整基金を取り崩して収支を調整してきた。
 ・平成22年3月末基金残高が 2400万円となり、大幅な改正をしなければ来年度には不足する
 ・課税限度額は国の基準と同じ
   医療費分+後期高齢者支援分+介護保険分=77万円(+4万円)
 ・多くの世帯で12%〜14%程度の増額
 ・以下の保険税大幅増額改定を行っても、財政調整基金を1000万円取り崩さなければならない
 ・保険料[医療費分]所得割       7.20%  →  8.40%
           資産割     44.00%  → 48.00%
           均等割(1人)  23,000円 → 28,000円
           平等割(1世帯) 31,000円 → 37,000円
     [後期高齢者支援分] 所得割、資産割は据え置き
           均等割(1人)  6,000円 →  7,000円
           平等割(1世帯) 7,000円 →  8,000円
     [介護保険分] 所得割、資産割は据え置き
           均等割(1人)  7,000円 →  8,000円
           平等割(1世帯) 9,000円 →  10,000円

【その他の議案】
●職員の育児休業等に関する条例改正

 ・育児休業取得の条件緩和(国家公務員の改正に合わせたもの)
 ・一般非常勤職員、短時間勤務職員も部分休業取得できる(現在、町には対象者なし)

●町税条例の一部改正
 ・東日本大震災の被災納税者の減額措置

●町立学校設置条例の一部改正
 ・平成23年度末で札比内小学校が閉校することによる

●過疎地域自立促進市町村計画の変更
 ・札比内小学校閉校に伴い、新たにスクールバスを購入する(予算は当初予算で決裁済)
 ・過疎債を使うために、市町村計画を変更

●財産取得
 ・除雪専用車を購入(旧車両との交換による差額を支払う) 3,301万2千円
 ・指名競争入札  UDトラックス北海道株式会社
 ・納期は平成24年3月10日(東日本大震災の影響により、製造等が遅れているため)

●人権擁護委員の推薦(法務大臣に推薦)
  中条敏幸氏  月形町新宮2

●農業委員の議会推薦
  金澤 博氏  月形町札比内2

●報告
 ・繰越明許費繰越計算書(平成22年度一般会計)
 ・月形町土地開発公社の経営状況
 ・株式会社月形町振興公社の経営状況

●意見案
 ・住民の安全・安心なくらしを支える交通運輸行政の充実を求める要望意見書

●会議案
 ◇議員派遣 ・空知町村議会議長会主催 議員研修会  6月29日(水)妹背牛町:全員
       ・北海道町村議会議長会主催 議員研修会 7月5日(火)札幌市:全員
       ・北海道町村議会議長会主催 新人議員研修 7月13日(水)札幌市:大釜議員
 ◇所管事務調査(いずれの委員会も、調査期日は調査終了まで)
       ・議会運営委員会
       ・まちづくり常任委員会
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

1日間でしたが中身の濃い定例会でした。特に国民健康保険税に関しては、税率上昇幅が大きく衝撃的だったと思いますし、質問も出ていました。

私は国民健康保健運営協議会委員としてこの税率を決定する審議に参加していたのですが、協議会内でも多くの意見が交わされ議論された末の結果でした。ここ数年来の収支状況からすれば、収入の増加しか保険制度を維持できる術はありません。しかしそれをそのまま税率に賦課することに私は反対です。

確かに保険は受益者が負担するのが基本です。しかし現状では国保加入者の負担率は(他の保険加入者に比べ)重いです。また近隣町村との比較において「月形町の負担率はそれほど高くない、むしろ低い方だ。」との答弁が帰ってきますが、数字上はそうであっても実態はどうなのでしょう?
各町村で所得分布が違っているので、単純に税率の比較だけでは判断できないと考えます。月形町の国保加入者は人口構成と月形町の特徴から低所得者層が多く、最も負担率の高い層に多くの住民が含まれているのではないかと感じるのですが・・・

現状の国民健康保健制度は既に立ち行かなくなっているのではないでしょうか?
国の抜本的な制度改革はもちろんのこと、それまでのつなぎとして自治体の政策予算の投入も必要な時期に来ているのではないかと考えます。(大きな自治体、都市部の自治体では既に行われているようですが、月形町のような小さい地方の自治体ではその財源すら厳しい状況です。またそこがこの問題を難しくしていると思います。)

いずれにせよ「国民皆保険」とはいうものの、その職業形態や加入組織の状況で、あまりにも差のありすぎる保険料(税)には問題があると考えます。できれば日本中が一本化できればいいのですが、そこまでは遙か遠い道程。ならば規模拡大や集約など、なにがしかの変化と対応をしていくべきと考えます。

このあたりのところをまだまだ議論したかったのですが、運営協議会委員の任期が終わってしまったので残念です。今後は定例会の場で議論したいと思います。

このほか、小さな項目、小さな予算ですが、様々な動きが見て取れました。
東日本大震災の影響も多少見えてきています。
町は動いているんですね。

2011年06月12日

岩見沢のごみ処理を考えるシンポジウム

6月11日午後、岩見沢市のコミュニティプラザで「岩見沢のごみ処理を考えるシンポジウム」が開催されました。主催は、岩見沢市のゴミ問題の解決策を探るために集った市内7つの市民団体による「新たなゴミ処理方法を考える市民の連絡会」です。

20110611b.jpg会場には200人近い市民の方々が集まり、質疑や意見等も多数出るなど関心の高さを感じました。
また岩見沢市議の姿も多数見かけました。過去に同様のテーマで小規模の学習会が開かれ私も参加しましたが、その時は市議の姿はほとんどなかったので、以前に比べ議会も関心を高めているのを感じます。

加えて、会場では署名運動も展開されていました。こちらは「岩見沢市に対し、新しいゴミ処理方法に関して市民との対話の場を設けること」を求める署名で、5月27日〜6月11日まで展開し、13日開会の市議会に提出予定とのこと。会場に集まった人の多くが署名に参加していました。
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

さてシンポジウムは、
基調講演『ごみ処理・資源化の方法と ごみ処理計画の考え方』と題し、ゴミ処理の基本的な知識と解説がありました。
講師は、北海道大学大学院工学研究院教授の松藤敏彦氏です。

■ごみ処理に関する過去からの流れ

 ・環境に関する考え方は50年前とは全く違う → 変化する(変化が速い)
 ・50年前の東京)生ごみの直接埋立 = 埋立処分場のハエ対策に重油を撒いて燃やす
   → 煙・粉じんの問題 → 大量の薬剤散布 → 生ごみの焼却
 ・日本のごみ焼却の歴史は約100年。燃やすことで1/20の容量になる、衛生的処理ができる。
  40〜50年前、日本のごみ処理は「焼却」が大幅に増える = 補助金制度による
 ・焼却を推進してきたために、分別は「燃やせるごみ」「燃やせないごみ」になった。
  世界的には「資源化にできるもの」「資源化にできないもの」という概念で分別されている

■埋立処分場の特徴と問題点

 ◎埋立処分場の3要素「ガス抜き」「覆土」「遮水と侵出水処理」
 ◎埋立処分場では水の管理(排水処理)が最も重要
 ・遮水シートを張っても水が溜まっている状況を作れば漏れる可能性がある。
 ◎埋立は全ての固形廃棄物を扱うことのできる唯一の処理方法 = 要らなくなることはない

■様々な生ごみ処理方法のメリットとデメリット

【埋立】
 ・埋立処分場に「生ごみ」が入ることで管理期間(安定化する=変化が終わるまで)は長くなる
  (処分場に「生ごみ」がそのまま入っているかいないかの差は大きい)
 ・嫌気性(空気のない状態)では「生ごみ」は分解しない
   = 分解しなければ水処理期間の長期化必須 → 管理期間の更なる延長
 ・水分があると空気が入らない=嫌気性になる(生ごみは多くの水分を含む)
 ・滞水状態(水が溜まっている状態)では排水と換気が機能しない=嫌気性になる

【堆肥化】
 ・堆肥化そのものは単純だが、堆肥化施設は比較的高度である(実施している自治体は少ない)
  = 焼却より高コスト(小規模にならざるを得ないのも理由の一つ)
 ・分別の徹底(住民の協力)と、利用先の確保が重要な鍵

【メタン発酵(バイオガス化)】
 ・生ごみ量の確保(施設を安定的に稼働するには一定量の生ごみが必要)
 ・発酵槽の加温が必要
  (発電等で取り出したエネルギーを使う。ただし、北方ではエネルギー収支マイナス)
 ・高額な水処理経費
  (家畜糞尿を原料にした消化液(汚水)を売ることはできず、下水処理並みの水処理必要)
 ・小規模施設にならざるを得ないので、焼却より高コスト

【水熱処理(高温高圧処理)と炭化処理】
 ・生ごみには必ず塩分が入っているので、生成物には塩素が含まれる=燃料化には対策必要
  水熱処理(高温高圧処理)も炭化処理も、生成物を洗う・薄める等の加工が必要
 ・生成物を燃やす場面でダイオキシン対策等が必要になる

【焼却炉】
 ・過去から100年以上にわたる技術の積み上げがある

【ガス化溶融炉】
 ・建設費(補助金あり)と維持管理費(補助金なし)が同程度=ランニングコスト大
 ・建設費が安い?・・・
  過去に受注競争があり、ダンピングの影響を受けて平均値が下がっている可能性がある
  建設費において、必ずしも正確な数字が出ていないのではないか
 ・再生スラグは使われない(ゴミを原料にしているので、何が入っているのか解らない)。
  また現状でも良質な鉄鋼スラグが10倍量も存在する
 ・技術的トラブルの発生は公にされていない(が、あるのではないか)。未成熟な技術。

☆資源化のポイント
  ○作った物をどうするか・・・出口の問題(利用する場を確保)
  ○資源化できなかった物をどうするか・・・埋立場の問題
  

■ゴミの実態(一人あたりの排出量とその分類)からの減量化施策への導き方

 ・「住民一人あたりのごみ量」と「ごみ組成」(=ごみの中身)から実態が分かる
 ・ごみの中で多くの割合を占める物を重点的に対策することで、減量化が進む
 ・ごみの減量化は制度設計(「目的=教育啓蒙、有料化による動議付け」と、それを達成するため
  の「方法=具体的なごみ減量化の手段」の明示)が重要

適切なゴミ処理をするためには「モノごとの適切な方法」と「処理方法を選ぶ」ことを、
 組み合わせて考えなければならない

 ○モノごとの適切な方法
 [紙類]  製紙原料>他製品>エネルギー回収
 [金属類] 素材利用
 [ガラス] 再生ガラス>他利用>埋立
 [生ごみ] 自家処理>生物処理>焼却>埋立

☆ゴミ処理が上手くいっている自治体の特徴
 ◎トップが熱心 ◎危機感を持っている

その後は、主催者側の市民団体から「生ごみの利活用に関する実践報告と提言」がなされ、質疑や意見交換が行われました。


今回の基調講演講師である松藤氏は廃棄物資源循環学会の副会長でもあります。私は以前、同学会のセミナーでお話を伺ったことがありますが、複雑な廃棄物の問題をそれぞれの要素として紐解き、理論に基づく明解な回答を示してくれるので理解しやすかったと記憶しています。今回も基礎知識も含め様々な事例を基に提示していて非常に分かり易く、有意義な内容でした。
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

今回のシンポジウムは岩見沢市のゴミ問題をテーマにしていたものの、ゴミ処理の普遍的な基礎知識を広めることが主だったように思います。「基礎知識を得た上で、それぞれの自治体に応じた選択をして欲しい。」というのが松藤氏の主張で、様々な選択肢の特徴が示され、その組み合わせの重要性を強調されていました。

月形町民や職員、議員も今回のシンポジウムに参加していればどれほど知識が広がったか・・・少なくとも議員が今回の内容を基礎知識として身につけた上で「月形町のゴミ処理」に関する協議ができれば、どれほど身のあるものになるのか・・・議会内で勉強会を開催したいと要請しているのですが進まないのも現状。残念です。

政治的な均衡を保つことの重要性も理解できなくはないのですが、月形町民にとって最善の選択をするためには、その議論をする者(職員、議員、審議会委員)がある程度の知識を有し、大所高所に立った見解と選択が求められると考えます。恥や外聞など捨て実を取る、あるいは自ら積極的に学ぶ姿勢がなければ道を誤ってしまう可能性が高くなるのではないでしょうか。

【自分の町のことは自分で決める=地方自治の基本】
自由と権利を得るためには、努力が欠かせません。

それから今回、危機感を持った少数の人が行動を起こし「ごみ処理に対する自分たちの想い」を実現しようと様々な活動を展開して大きな運動に発展する様を、目の当たりにしました。まだ完全な成果には至りませんが、その動きはまさしく自治。この光景は、月形町の合併問題の時と似ています。

今まで「お任せ主義」だった住民が問題に気付き、行動を起こす・・・自治体の危機が自治を目覚めさせるのですね。
どうか市民団体の方々にはさらに頑張っていただきたいし、それに呼応して議会(議員)も行政も「住民自治」に近づくよう、新たな一歩を踏み出して欲しいと思います。

もちろん私達月形町民も他人事ではありません。岩見沢市のごみ問題を「お隣の話し」と受け流すことなく、自身の未来の選択のために動き出しましょう。

2011年06月11日

平成23年第2回定例会の一般質問は・・・

初夏を思わせるような気温が続いています。家々の周りには目に鮮やかなツツジも咲き出しました。

6月14日(火)、15日(水)開催予定の平成23年第2回定例会は、町長が病気療養中のため不在です。6月7日から職務代理者になった土橋正美副町長が全てにおいて答弁することになりました。

今回一般質問するのは私だけです。

町長不在の中、一般質問を行うことに疑問を呈する向きもありますが、行政課題は待ってくれません。特に「ゴミ処理問題」は近隣自治体との関係からスケジュール的にも余裕がなく、次の定例会(9月)では間に合いません。方向性を持った答弁がどこまで引き出せるかは解りませんが、職務代理となった副町長に真正面からぶつかりたいと思います。

以下に通告書の内容を記載します。
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

1.これからの一般ゴミ処理について    【町長に対する質問】

 これからの一般ゴミ処理について、議会に対する説明では、広域化を念頭に2つの枠組み(①月形町+美唄市、②月形町+美唄市+岩見沢市)で検討が進められているとのことであった。

[1.現状について]
 しかし昨今の報道では、各自治体が独自の見解を示すなど状況の変化を感じる。実態はどうなっているのか。スケジュール等も含め伺いたい。

[2.処理方法に対する町内での説明・検討について]
 一方、検討段階とはいえ各自治体から具体的な処理方法などが上がっている中、月形町においてはどのような調査・検討がなされているのか。特にゴミ処理に関係する審議会や協議会、および衛生センターの地元地域における説明や検討内容について、具体的に伺いたい。

[3.決定における優先項目について]
 今後のゴミ処理を決定する上で、様々な要素と選択肢(処理方法、分別方法、建設・維持管理コスト、最終処分場への投入量、環境政策、住民感情、広域相手先との関係等)がある中、月形町としては何を重要視して決定するのか。伺いたい。

__。__。__。__。__。__。__。__。__。

6月14日(火)は午前9時から全員協議会があり(本会議運営のための簡単な説明と、報告・連絡事項など)、午前10時に本会議開会。一般質問は開会後すぐの10時10分頃からです。

ぜひ傍聴にお越し下さい。

2011年06月06日

5月の活動をまとめて報告!

あっという間に6月2週目になりました。今日は朝から良い天気で、気温も23℃まで上がり(今年一番の暖かさ)、程良い風が気持ちいい一日でした。

町内の農家では遅れていた田植えもほぼ終わり、豆類の種蒔き準備に取りかかっている模様。作業の遅れを取り戻すために、朝早くから日が暮れるまでトラクターの音が響いています。

今年の5月は記録的に雨の降る日数が多い月でした。雨量はそれほどでもなかったのですが天気が続くことがなく、田んぼも畑も乾かず起こすことができなかったので、農作業の遅れに繋がっています(概ね2〜3週間の遅れ)。加えて5月は気温も低めだったので・・・これからのお天気と気温の上昇に期待大です。

我が家の切り花栽培も作業手順を変えて、この不順な天候に対応しています。収量の減少や品質の低下を最小限に抑えるために一手間加えて対応しているのですが・・・時間も人出も限られるので、なかなか大変です。いつもより忙しい5月でした。

さて、本題に戻りましょう。

5月の活動記録は[こちら]をごらんください。
議員1期目に就いていた役職と、今回新たに就任した役職との両方で総会や会議があったため、5月は例年より出番が多かったです。6月以降は会議も少なく任期満了の役職もあるので、この種の予定はぐっと減ると思われます。

本来はそれぞれの会議の報告をすべきところですが、今回はまとめて要点のみ記載します。
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

■平成23年度第3回臨時会(初議会)・・・5月2日
 ・選挙後初の議会。議会内人事の決定
 ・今期の宮下の役職  まちづくり常任委員会委員(任期4年 議員全員による常任委員会)
            民生委員推薦委員    (任期3年 平成25年12月26日まで)
            月形町振興公社取締役  (平成23年5月28日〜)
            月形町土地開発公社理事 (今年度で解散予定。それまで継続)
            月形町農業改良普及協会委員(任期4年)

■月形町農業改良普及協会通常総会・・・5月6日
 ・町内で行われている農業改良普及事業についての説明と信認
 ・委員の仕事は、通常、年に1度のこの総会出席のみ

■田園空間博物館「樺戸地区」運営協議会・総会・・・5月10日(個人活動)
 ・浦臼町と共同で、田園空間博物館の活用と活性化について検討
 ・月形地区では今年度もバスツアーを企画(7月2日実施予定)
 ・宮下の役職:樺戸地区幹事、月形支部副支部長

■地球を愛する会@月形・ミニ学習会「月形町のゴミ処理」・・・5月11日(個人活動)
 ・月形町のゴミ処理(現状および各種処理方法の解説、課題など)について説明。講師役。

■東日本大震災復興支援チャリティーコンサート・・・5月15日(個人活動)
 ・コンサートを見に行ってきました♪ 詳しくは→こちら

■北海道亜臨界肥料流通機構発足会(札幌)・・・5月16日(個人活動)
 ・高温高圧処理機を使った「生ごみ等の肥料化」を研究・事業化するための組織
 ・大学関係者や研究者、技術士会、肥料業者、農業者等約20人が参加。
 ・私も市民活動部会の一員に

■月形町国民健康保健運営協議会・・・5月18日
 ・平成23年度の国民健康保険税の税率を検討
 ・近年赤字が続き財政調整基金が底をつき掛けていることから、税率を大幅アップ→負担増

■月形町歓迎会・・・5月20日(個人活動)
 ・今年4月に月形に転勤してきた月形刑務所関係職員幹部の歓迎会(毎年実施)

■月形町観光協会総会・・・5月27日(個人活動)
 ・観光協会としての活動は例年通り実施
 ・土産品(ストラップやTシャツ等)の検討
 ・町内観光施設に設置するプランターの植え込み・配布作業

■月形町振興公社取締役会・・・5月27日
 ・事業の状況調査・検討
 ・トマトソースのソフトクリームを試食(月形温泉ゆりかごで販売中)

■月形中学校体育祭・・・5月28日(個人活動)
 ・中学生が頑張っている姿を観戦

■茶話会&学習会「にじいろ広場」・・・5月30日(個人活動)
 ・学習会「月形町のゴミ処理」を実施。好評。
 ・詳しくは後日報告

■月形町土地開発公社理事会・・・5月31日
 ・平成22年度の決算認定
 ・解散までのスケジュール・手順の確認

1

検索


過去ログ

新着記事

  1. 平成23年第2回定例会(全般)
  2. 岩見沢のごみ処理を考えるシンポジウム
  3. 平成23年第2回定例会の一般質問は・・・
  4. 5月の活動をまとめて報告!

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る