2011年01月31日

『北海道の地域・自治の再生をみんなで考える』シンポジウム

1月29日(土)午後、北海道地域・自治体問題研究所主催の『北海道の地域・自治の再生をみんなで考える』シンポジウムが札幌で開催され、参加してきました。

会場には全道から約120人が集ったとのことですが、私が今まで参加した地方自治関係のシンポジウムや勉強会で顔を合わせる人は皆無で、講師の方々も初めてのお目にかかる方ばかり。全体に年齢層も高く、今までにない会場の雰囲気に、場違いなところに来てしまったような戸惑いを覚えました。

シンポジウムは3部構成で3時間半にわたって行われました。幅広い分野を題材に数多くの講演があったため、質疑応答に割く時間はほとんどなく残念でした。演題に興味をそそられ参加したのですが、その内容は私が今まで考えたこともないような視点のものもあり、驚きました。新たな視点を得たとも言えますが、それ以上に疑問点や矛盾点も湧いてきて、釈然としないまま帰路についたところです。

以下、シンポジウムのプログラムと、私の疑問点など。
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

『北海道の地域・自治の再生をみんなで考える』シンポジウム

【第1部】地方自治と財政の現状と課題
 ■「地方分権」から「地域主権」でどう変わったか?     河合博司氏(酪農学園大学教授)
 ■地方財政の現状と改革動向、今後の懸案事項       西村宣彦氏(北海学園大学準教授)

【第2部】社会保障改革・教育改革と社会を守る運動
 ■国民健康保険広域化とその問題点       吉岡恒雄氏(道社会保障推進協議会事務局長)
 ■子育て支援・教育と元気な地域づくり          河野和枝氏(北星学園大学準教授)

【第3部】北海道経済の振興と豊かな地域づくり
 ■はじめに〜3報告をつなぐもの〜             神沼公三郎氏(北海道大学教授)
 ■帯広市「中小企業振興基本条例」から学ぶ         三浦康裕氏(道商工団体連合会)
 ■北海道農業の現状とTPP問題               中原准一氏(酪農学園大学教授)
 ■第1次産業のためのバイオマス利用             山形 定氏(北海道大学準教授)

【紙上報告】
 ■住民の安心・安全を支える行政サービスの拡充を求める 北海道国家公務員関連労働組合協議会
 ■夕張通信(2010年12月19日補強メール通信)           熊谷泰昌氏(夕張高校)
 ■国保の再生と介護の改善を〜道政は今          佐々木忠氏(北海道経済編集委員)
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

●「一括交付金化+義務付け・枠付けの廃止+地方総財源の圧縮は、ナショナルミニマム(国が守るべき最低基準)保障が根底から破壊される懸念がある。地域主権でひどい状態になる。」との意見がありました。

★ この主張の場合、どこまでをナショナルミニマムとするかが問題だと思います。
私は、今の国の規準は必ずしも最低限の保障ではなく、(地域環境や国の経済状況を考えると)それ以上のものが賦課されているように思います。借金体質を助長してまで維持される保障が必要なのか、疑問です。
地域には地域の力や知恵があり、お金をかけなくても規格を守らなくても、最低限の保障を達成できる力があるのではないでしょうか。また、「安心・安全」の保障の仕方も、地域によって表現の形は違ってくると思います(住民の生命を守ろうとするとき、ワクチン接種よりも、救急搬送を可能にする除雪態勢が優先される場合もある。)それらを形にするのが地域主権だと思っています。

●「国民健康保険において、市町村が運営している現行制度では各自治体が一般会計から繰り入れを行い、住民負担を抑えている。国庫負担を増やさないまま広域化すれば、自治体からの繰り入れもなくなり住民の負担は増える。また、取り立ても厳しくなる。広域化は進めるべきでない。」という意見に対して

★ 現状でも国民健康保険の住民負担(支払い)は非常に重いと実感しています。自治体にとっても負担が重いのは同じですし、加えて小手先の改革による煩雑で膨大な事務作業が重荷になっています。どちらもがパンクしないために、広域化・一元化という方向が示されたのではないでしょうか。保険(保障)である以上、母体が大きい方がリスクは少ないですし、電算化の進んだ現在だからこそ広域で効率的に処理できます。
国庫負担を増やす必要があるのは理解できますが、それと広域化との議論は切り離す必要があるのではないでしょうか。

● 「国の出先機関の縮小や国家公務員の賃金カットは、それを規準とする地方公務員等の賃金カットに繋がり、地域経済を悪化させ、結果として多くの労働者の賃金下げに影響する。」という主張に対して。

★ あまりにも直線的な言い方、考え方に疑問です。公務員の賃金(給与)は住民の税金で賄われています。それが物事のスタートであって、公務員の賃金から地域の経済がスタートするわけではないでしょう。目先のことだけ追えば確かにそのようなことが起きているかもしれませんが。

2011年01月30日

北海道立文学館『吉村昭と北海道』特別展

1月30日(日)に北海道立文学館で開催中の『吉村昭と北海道 歴史を旅する作家のまなざし』特別展に行ってきました。

吉村昭氏は著名な歴史小説家ですが、その作品「赤い人」は月形町の樺戸集治監が舞台になっています。

私は月形町に移住してすぐの頃、月形町の成り立ちを知るために「赤い人」を読みました。生々しさと過酷さに驚き、先人の境遇や苦労を身近に感じることができたのも、この小説のお陰です。その結果、毎年9月の樺戸監獄物故者追悼式でも心からの哀悼を捧げられているのではないでしょうか。

そんな「赤い人」も紹介されている特別展。取材旅行で親交を深めた町内歴史研究家・熊谷正吉さんとの書簡や写真なども展示されています。

また、吉村昭氏の作家としての歴史を丹念に追っていて、歴史小説に主軸を移す前の(私の知らなかった)死をテーマにした時代のものも紹介され、興味をそそられました。

会場には直筆の原稿も数多く展示され、とても丁寧で綺麗な文字が原稿用紙のマス目にキチンと納められているのを見て、吉村昭氏の生真面目さが伝わってきました。

原稿用紙5枚ほどの直筆エッセイを読み進めると、そこから情景や物が浮かび上がってくるようで、目の前で吉村昭氏が話しかけてきたのではないかと思うほど。話の展開に感動し、吉村昭作品を今すぐ読んでみたいと思わせてくれます。

この特別展、残念ながら2月6日(日)までの開催です。
あと1週間しかありませんが、もしお時間がありましたら、どうぞ。おすすめです。

2011年01月28日

全員協議会(2011.1.28)コンプライアンス条例、他

1月28日(金)午前、主にコンプライアンス条例について協議するために全員協議会が開かれました。

週初め、議長と副議長が1月14日に協議し完成させた「議会としての修正案」を持って、町長に申し入れを行いました。それを参考に、町側が条例を正式修正。この日、議会に対して町長が概要を説明する運びとなりました。今回提示されたものが最終条例案で、この審議は3月の定例会で行われます。

以下、全員協議会の報告です。
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

1.町側からの協議・報告事項

■月形町職員の公正な職務の執行の確保に関する条例(案)について

○新旧対照表により改正点を説明
・条例名は適正と考え、変更なし【議会から「月形町法令遵守の推進に関する条例」と変更提案】
・第2条(定義)、第2項に「通報対象事実」を追加

・第3条(職員の基本的心構え)は地方自治法第30条に明記されていることの強調であり、
 第4条(職員の責務)はその後にある、それぞれの立場での責務(管理職、町長、町民)に対応
 するものなので、統合しない。【議会から、簡潔にするため集約してはと提案】
・第4条の文中「法令遵守の姿勢のもと」→「常に法令を遵守するとともに」に変更

・第8条(法令遵守委員会の設置)「公益通報の内容について調査及び報告書を行わせる」を削除。
 法令遵守委員会を必要に応じて拡大開催できるようにした。
・第9条(公益通報)は匿名も可能になるよう修正。町長の公表の義務(通報件数のみ)も追加。

■月形町財政推計について
・平成22年〜平成28年まで(未来を考える委員会に提示予定)

■美唄との一般廃棄物処理について(現状報告)

○1月28日の北海道新聞報道「美唄市長、先送り正式表明 岩見沢、月形と連携検討へ」を受けて
・1月31日(月)に美唄市副市長が来町し、報告を受ける。その議会に報告予定。
・記事中「月形町も一定の理解」とあるのは、補助申請を遅らせるという部分。
・記事には一部誤解もある。「月形町は既に生ごみを堆肥化している」は間違い
・衛生センター地域住民への説明は、副市長からの正式説明のあとに、区長と話し合いを持ち、
 必要があれば行う。

2.議員間協議および連絡事項

■統一地方選挙について
・告示 4月19日、 投票 4月24日

■議員年金について
・平成23年6月1日で廃止
・議員年金基金が同時期枯渇することから、廃止後の年金支給のための財源を自治体が負担する
  平成22年度までの自治体負担分       平成23年度以降
   全道平均: 430万円      →    2,300万円
   月形町 : 336万6千円    →    1,820万4千円 
・この負担増分については、国から普通交付金で補填される見込     

■地方自治法改正の情報(成立は国会審議の後。未定)
・臨時会の開催権限 → 議長にも付与
・有権者40万人以上の自治体で、リコール条件の緩和
・住民投票制度の改正 → 結果に拘束力、予算規模を超す公共事業にも適用
・専決処分 → 否決の場合は、再度議会に提出
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

コンプライアンス条例の議論はひとまず終了しました。「法令遵守」の観点からは新たな一歩となる条例になったのではないかと思います。
ただ「切手事件の検証」はどうするのか? やはりこの条例では対応できないと思うのですが・・・
あとは本会議で。

美唄市とのゴミ処理については非常に微妙な状況になってきました。正式な発表はないのですが、岩見沢市の動向も視野に入れなければならないようです。
もし岩見沢市がこの協議に入ってくるなると、事業規模が全く変わるため処理方法の再検討が必要ですし、ゴミに対する住民意識も検討項目に入れる必要があるでしょう。
いずれにしても、月形町のゴミ処理は何を重要視して決定しするのか(建設コストか、環境か、将来的負担か、近隣自治体との協調か)、確固たる方針が必要に思います。

議員年金に関しては、頭の痛い問題です。議員年金財政が一気に悪化したのは、市町村合併と定数削減による現職議員数の減少=払込人口の減少です。こういうところにも合併の影響が出てくるとは。

2011年01月27日

全員協議会(2011.1.14)

1月14日に開催された平成23年第1回臨時会に伴う全員協議会での協議内容を報告していなかったので、ここに記します。

※ 右の写真は、Aコープつきがた(農協)で手に入れたバラです。連日ー10℃以下になる今日この頃、こんな鮮やかで立派なバラを見かけて幸せな気分になりました。みなさんにもお裾分け♪
生産者や流通業者は凍らないように細心の注意を払ったことでしょう。ありがとうございます。
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

1.町側からの協議・報告事項

■平成22年度ワクチン3種補助事業について
・子宮頸がんワクチンとヒブワクチンについて、平成22年度から
 町単独で補助(補助同額を商品券で交付)を行った。
 (小児向け肺炎球菌ワクチンは未実施)

・平成23年度分は3種(子宮頸がん、ヒブ、肺炎球菌)のワクチンに対し、国による国庫補助が決定
  対象は(平成23年4月1日現在の学年及び年齢)
   子宮頸がんワクチン:中学1年 〜 高校1年
   ヒブワクチン   : 0歳 〜 5歳
   肺炎球菌ワクチン : 0歳 〜 4歳

・制度変更により、一部の幼児や生徒に補助を受けられない不利益が生じるので、その部分だけ
 町単独の補助(商品券による交付)を行う。
  対象は 子宮頸がんワクチン:平成23年度高校2年生で、3回の接種が完了してない生徒
      肺炎球菌ワクチン :平成22年3月31日までに5歳になる、4歳児

■地域活性化交付金について
・平成22年10月8日に閣議決定。12月24日までに空知総合振興局に計画提出。

・対象事業と交付額(算定額)・・・3月に補正予算提出、全額繰越明許の予定
 ○きめ細やかな交付金(緊急経済対策、地域活性のニーズ)    6,913万4千円
  ・皆楽公園関係(保全計画策定、バリアフリー化、補修、車両更新)
  ・みのり工房の製品保管庫新設
  ・昭栄排水機場の改修、町道改良(円山1号線)、円山展望台整備
  ・緊急通報装置(独居等高齢者宅に設置されている機器)の更新
  ・給食センター空調設置
  ・月形中学校黒板取替、月形中学校校長住宅新築(現教頭宅を立替)
 ○住民に光をそそぐ交付金(消費者・DV・自殺予防等の弱者対策、他) 1,043万6千円
  ・樺戸博物館展示改修
  ・図書館改修
  ・命のバトン配布(全戸)
  ・自殺予防対策(個別相談用パーテーション設置)

■美唄との一般廃棄物処理について(現状報告)・・・1月12日の北海道新聞の報道を受けて

○月形町の状況
11月26日の説明と何ら変わっていない状況。
・12月定例会の補正予算「一般廃棄物処理計画見直しのための委託料」は、現在執行を保留
・現在担当レベルで申し入れている状況。トップの正式な話しはない
・衛生センター(最終処分場)周辺地域のみなさんには多少の方向性が見えた中で説明したい。
 (今はしない ← 早急にできる範囲で状況を説明する必要があるのではないかとの質問あり) 

○美唄市の状況
・高温高圧処理を議会に説明している最中。議会の理解を得る努力をしている。
・現在はデータ収集を行っていて、1月下旬に市議会に報告

○全体の状況
・基本的に、美唄市と月形町で高温高圧処理を進めるスタンスは変わっていない。
・今後進捗状況を頻繁に議会に説明していく

2.議会内討論
■コンプライアンス条例(案)の修正について
 → 別項で報告

3.その他
■第1回定例会の日程(案)
・・・昨年同様、執行方針と行政全般に対して一般質問を行う
 2月25日(金)  議会運営委員会
 2月28日(月)  議案配布
 3月 3日(木)  定例会第1日・本会議(議案審議、町政執行方針、教育執行方針)
 [3月 4日(日)〜13日(日)本会議休会]
 3月 7日(月)  一般質問〆切
 3月 8日(火)  議会運営委員会、全員協議会
 3月14日(月)  本会議第2日・一般質問
 3月15日(火)〜17日(木)  平成23年度予算特別委員会
 3月18日(金)  本会議第3日・予算特別委員会報告、意見案等
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

今年もまた景気対策等に対応する臨時交付金が配分されることになりました。短期的に見れば地域にお金が回ることになるので、喜ばしい(?)と言えるかもしれません。しかし、あまりに唐突すぎる(早急すぎる)計画書の提出に、本当に必要な事業かどうかの吟味ができません。

この交付金分が当初予算時にキチンと組み込まれていれば、もっと有効な活用ができるのに。甚だ残念です。うちの町と同じ状況がきっと全国の自治体でも起きていることでしょう。

とは言え、普段から「もしお金があったら○○したい」と考えていれば、例え少しのお金であっても有効に使えるでしょう。ただ、新たな発想を得たり夢や目標を持つには、多少の余裕と充分な準備が(町側に)なければ。

自治体側にその余裕はあるの? 少なくとも月形町にはないように感じます。

2011年01月26日

きたひとネットフォーラム2011

kitahito2011b.jpg1月24日と25日、北海道大学・学術交流会館を会場に、きたひとネット(北海道女性農業者ネットワーク)の フォーラム2011 & 研修会 が開催されました。

kitahito2011a.jpgこの「きたひとネット」とは、全道各地で直売所、加工品作り、農業経営、指導農業士等の活動を通して、地域農業と食を育んでいる女性農業者達の集まりです。また、会の趣旨に賛同した一般の方や行政関係者(多くは農業改良普及所員)等の参加もあり、全部で161人が登録しています。当日は報道も含め150人近くが一堂に会しました。

当日のプログラムは以下の通り
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

【第1日】
1.第3回定期総会
2.農政報告
(1)農産漁村における男女共同参画の状況
 ○女性の農業委員 ○女性のJA組合員 ○経営参画 ○家族協定
(2)APEC報告・・・女性リーダーズネットワーク(WLN)の
 「女性と経済活動」部門 参加報告(遠軽町・岡田ミナ子さん)

3.パネルディスカッション 
 テーマ「世代・人・地域をつなぐ」〜次世代のためにわたしがすべきこと〜
 ○パネリスト:津島  朗さん(畑作・音更町)指導農業士、手ぶら農業体験
        安丸 千加さん(メロン他・上富良野町)女性農業後継者
        内山 裕史さん(アスパラ・美唄市)こせがれネットワーク
        大庭ひとみさん(酪農・広尾町)体験型民泊
 ○コーディネーター:麻田 信二さん(果樹・長沼町)元副知事、酪農学園理事長
              
4.おやつの紹介・・・女性農業者が手がけている加工品を「おやつ」として配布

5.ひとこと言わせて!・・・会場からの意見発表
 ○千葉 澄子さん(酪農・標茶町)指導農業士。男女経営参画、数字の読める女性に!
 ○溝口めぐみさん(米他・深川市)地域活気作り・・・婚活料理講習会
 ○中村由美子さん(酪農・千歳市)共同経営=情報の共有と分担、決定権

【第2日】kitahito2011e.jpg5.研修会
 ・・・人間関係作り・コミュニケーショントレーニング
   『怖れを手放す』
   家族や地域・仲間たちと
      よりよい関係を作るために
   講師:瀬川真弓さん
     (アティテューデナルヒーリング北海道)
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

どの場面でも「自らの考えを自分の言葉で語る女性農業者」の姿があり、歯に衣着せぬ語りは迫力満点。共感を得る部分、示唆に富む部分なども多く、会場全体が一体感に包まれて満足感たっぷりのフォーラムとなりました。

以下に、私が心に留めておきたいと書き留めた内容を記します。

■農業分野における男女共同参画の現状(都府県に比べ、北海道は極端に少ない。遅れている。)
・農業委員会のある道内173自治体のうち、130自治体が女性農業委員0人(女性委員は2.5%)
・道内110のJAうち、103が女性理事0人(女性理事は0.5%)
・家族協定を結んでいる農家は全体の1割程度

■パネルディスカッションより
・男性は、会社を辞めて実家に戻って農家を始めても「後継者」
 女性は、農業大学校を出て、農業がやりたくて実家の農業をしても「お手伝いさん」の扱い
・農政や農家の中で、女性の役割(位置づけ)は今も低い。制度改革も必要。
・道内農業従事者は2万人。うち半数以上が女性。

・民泊や農業体験など、消費者と接することが大切。都市と農村を「つなぐ」
・ネットワークを「つないで」農業が儲かる、楽しいを発信したい。
・農家は親子の仲が悪いことが多く、親の知識や経験がつながらない。「つなぐ」努力
・農家の意識が変わることで未来は明るくなる。未来に「つながる」

■ひとこと言わせて! から
・男女経営参画とは共に歩むこと。夫婦二人で経営計画を立てること。
・農業は一生勉強。経営も時代も日々動いている。
・「農家と農業」の違いを明確に。家を背負うのではなく、業をしよう。

■研修会「怖れを手放す」=コーチング から
・思考は現実化する。
・自分が自分を扱うようにしか、人に扱われない。
・相手は鏡
・「今」「自分の心」「ありのまま」が大事
・自分が与えたものと同じものしか自分に返ってこない。

・コーチングは前に進みたい人にのみ機能する。
・コーチングとは、1)聴くこと 
         2)質問をする(行動を変えてきっかけを見つける)
         3)認める
・人は同じ話を聞いても受け止め方は人それぞれ。思い込みによって変わる。
・相手の思考はコントロールできない。違って当たり前。
・どうしてできなかったんだろう?(×)  どうすればできるんだろう?(○)
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

フォーラムが始まってすぐは男女共同参画やAPECなど堅い話題が多く、その後のパネルディスカッションや意見発表は実体験に基づく身近な話題や目標が語られ、合間のおやつ(加工品)紹介では農業の楽しさを生き生きと伝えていました。話題も雰囲気もあまりに幅があり、この会の目指すところはどこなのか、参加者の求めるものに合致しているのか、最初は戸惑いました。

しかし、時間とともに参加者同士で仲間意識が芽生えてくると、不思議とこの混沌とした内容や雰囲気が心地よくなってきました。きっと「農業」の持っている奥深さや魅力と同じなのでしょう。それに私も含めた参加者は「農業が好き」だから理解できるのかも。

設立総会以来2度目の参加でしたが、前回よりスケールもグレードもアップして、素晴らしいフォーラムだったと思います。
企画・運営・発表者・参加者のみなさん、どうもありがとうございました。


私は、女性農業者の人生は選択肢が豊富だとずっと前から感じています。子育て、地域との関わり、嫁姑など世代間の関わり、そして仕事(農作業から経営まで、時には加工など)があります。これらの中から何に力を入れるのか、それぞれの考えで選択できます。ちょっと決断し頑張れば、バラエティーに富んだ中から選ぶことができるのです。

「女性を決定権のある場に」という話しの中で引き合いに出されるのは農業委員やJA組合員ですが、「議員」もぜひ選択肢に入れてください。これだけ幅広く活動している女性農業者ですから、普段の生活で感じたこと、考えたことを活かせる場だと思います。
(もちろん農業者に限らす全ての女性の選択肢に「議員」を入れておいて欲しいと思っています。)


今回たくさんの人がそれぞれの視点で話しをされました。その誰もが、自分の言葉で自分自身のことを語っていたのです。自信にあふれたその人の言葉は、真っ直ぐに私の心に入ってきてプラスの力を与え、新たな種をまいてくれたようです。

123

検索


過去ログ

新着記事

  1. 『北海道の地域・自治の再生をみんなで考える』シンポジウム
  2. 北海道立文学館『吉村昭と北海道』特別展
  3. 全員協議会(2011.1.28)コンプライアンス条例、他
  4. 全員協議会(2011.1.14)
  5. きたひとネットフォーラム2011
  6. 北海道中小企業家同友会南空知支部 2011年新年交礼会
  7. 『空知シーニックバイウェイの可能性』勉強会
  8. 平成23年第1回臨時会
  9. 全員協議会(2011.1.14)コンプライアンス条例
  10. 今後のゴミ処理について

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る