1. ホーム
  2. ブログ(ゆみこの日記)

2017年01月25日

人権が理解できれば・・・【障がい者自立支援ネットワーク フォーラム】

寒さのピークを過ぎ、ホッしています。昨日の最低気温は-20.2℃、とっても寒かったですね。

そんな凍てつく1月24日(昨日)の夕方(午後4時30分〜7時)、月形町交流センターで【障がい自立支援ネットワーク フォーラム】が開かれていました。参加者は20人ほど。


一般にも開放したフォーラムとのことでしたが、私が見るに、福祉に直接関わっていないのは私くらいだったのではと思うほど。告知が(私の知る限りでは)前日夕方のIP端末で1度きりだったので、開催を知らない町民も多かったと思います。講演会の内容がとても良かっただけに本当に残念でした。

フォーラムは
1.学習会「障がい者差別解消法について」  月形町保健福祉課職員
2.講演会「津久井やまゆり園事件について」 IGM法律事務所 水沼 功 弁護士

講演会は、私が演題からイメージした内容とは全く違っていて、概念である【人権】を分かり易く解説するものでした。全ての人が【人権】を理解し尊重できたなら、社会の様々な差別意識(障がい者差別、いじめ、ジェンダー問題・・・)が解消できるのではないかと希望が湧くような、久々にヒットした講演会でした。

具体的には・・・

障がい者自立支援法がめざす「共生社会」を、「暮らしの中で目にする障がい者の割合を、社会の中に存在する障がい者の割合と同じにすること(=障がい者を隔離したり排除することなく、一般社会で暮らせるように社会システム上の不合理を解消すること)」という表現に言い換え、津久井やまゆり園事件や社会一般の事例も絡めながら説明されていて、私の中に「共生社会」というイメージや「人権」という概念がストンと落ちました。

また、講師の水沼さんは弁護士として精神医療に関わりが深く、矯正関係の知識も豊富。それらに関係した法律の目的とその運用を解りやすく解説してくれました。障がい者施設と刑務所などの矯正施設を持つ月形町民にとっては身近でイメージしやすいため、理解が進んだのだと思います。

さらに、「措置入院」「身体拘束」「罰則強化」「優生思想」・・・ 津久井やまゆり園事件を経て多くの人が触れたこれらの言葉や行為についても、その意味・目的・問題点などを丁寧に説明してくれました。簡単に使われるこれらの言葉、でもその言葉が意味する「本質」は単純ではなく、様々に形を変えて私たちの暮らしに入り込んでいます。悲惨な事件を目の当たりにして安直に否定しようものなら自己矛盾を起こすこともあると示唆しました。概念を含んだ言葉は慎重に使わなければと再認識できました。

さて、

前段の学習会では昨年4月に施行された「障がい者差別解消法」を解説し、差別を解消するための基本的な行動パターンや、月形町職員の行動指針(案)などが示されました。しかしながら、フォーラムに集まった人はほぼ関係者で既に承知済み。この内容は一般町民に知らせてこそ生きるものだったと思います。
ならば、この学習会の目的は何だったのか? 何を期待して開催したのか? 

学習会の最後で役場担当課に「一般町民向けに、このような学習会を開催する予定は?」と質問したところ、「今日がその場です」とのこと。だったら、もっと告知をすればよかったのに。

目的を明確にすることは目標達成の第一歩(講師の水沼さんも指摘していました)。その上で、目的に合致した企画を立て、行動する。現状はちょっとちぐはぐで、貴重な時間や労力がもったいない。山積している行政課題を解決するためにも、企画に力点を置いてほしいと思いました。


上坂町長は元障がい者施設長であり人権擁護委員です。キャッチフレーズは「共生のまちづくり」「対話を重ねる」。ならば、障がい者施策は上坂町長が本領発揮できる分野でしょう。そこを突破口に誰もが人権を尊重する社会をつくりあげてほしい、と 切に願っています。

2017年01月05日

2017年 今年もよろしくお願いします

みなさん、2017年(平成29年)がスタートしました。

どうぞ、今年もよろしくお願いします。

今年の年明けはとても穏やかで暖かく、ほとんど雪が降らないまま小寒の本日(5日)を向かえました。元旦から昨日までは曇り空で、ハッキリとした太陽を見ることはありませんでしたが、今日は気持ちの良い清々しい陽光が部屋に差し込んでいます。

最近10年は議員として、1月5日の消防出初め式が仕事始めでした。今年からは様相が変わって、何を仕事始めにするかは自分次第。全ては自分の決断と行動に委ねられる自由な立場なのだと自覚させられます。まさしく新たな1年の始まりです。


な〜んて、気を張っているような印象を持たれたかもしれませんが、現実には、年末年始とて大きな区切りのない「日常の延長線の暮らし」をしています。大掃除は手つかず、抱えた仕事は年をまたぎ、年賀状は年明けまでかかり、お節は作るも過不足なく食べきれる量と質で。これまで十数年続いた宮下家恒例お正月行事(家族麻雀)は、娘の結婚で(帰省がなくなり人数不足により)自然消滅。

これまでにないお正月、そして、これからはこんな暮らしになるのだろうなあと感じさせる正月三が日でした。

だからこそ、日常の暮らしが大事だなあと。
日々の充実の先に希望が見える、楽しみが見つかる。

そのための基本は健康。
よく食べて、身体を動かし、お風呂に入って布団に寝る!

そう、今年は「人間としての暮らしの基礎を固める」ことを一番の目標にします。

もちろん、政治活動を続けたり、花づくり(農業)に精を出したり、思考と行動パターンは今まで通りです。
春の北海道自治体学会政策シンポジウムや今年度の北海道自治体学土曜講座に向けた企画は進んでいますし、月形町の町政・議会のチェックや提案も準備しています。来週には、就農アドバイザーとして大学で講義することにもなっています。そして3月には種まきを始めます。

今年はどんな1年になるでしょう。どんな1年にしましょうか。

ワクワクしてきました!  みなさん、今年もよろしくお願いします。

2016年10月23日

選挙費用&収支報告書を公開【月形町長選挙 報告1】

20161023.jpg 10月20日(金)には初雪が降りました。
月形町長選挙から早1ヶ月。あの時は秋晴れ続きで日中は「暑い!」だったのに、もう雪ですからビックリです。

さて、選挙費用と収支報告書をホームページで公開しました。【ホーム>選挙>選挙運動費用>2016年町長選挙】

このページでは「収支報告書の金額=手続き上の選挙費用」と「実際に支払った金額(収支報告書には報告義務のない経費を含み、無償労務分を差し引いた金額)」の違いを説明、両方の金額を掲載しています。あわせて、月形町選挙管理委員会に提出した収支報告書そのものをPDFで見ることができます(ただし個人情報は非公開)。


過去の議員選挙の費用も公開しています。【ホーム>選挙>選挙運動費用>町議会議員選挙】
平成19年は初めての選挙で全ての備品を揃えたために費用がかさみましたが、平成23年はそれを使い回したためにグッと少なくなり、平成27年は選挙期間が1日(無投票のため)だったことで更に少なくなりました。


今回、町議会議員選挙に比べ大きな金額になっているのは、事務所を借り、ウグイス嬢を雇い、選挙運動をしてくれた人に食事を提供する等、これまでの「軽トラック夫婦二人選挙」からスタイルを変えたことによります。また、町長選挙に初めて挑戦したため、看板等を作り替えたことも理由の一つです。


なお、月形町のホームページには、全ての候補者の収支報告書の要旨が公開されています。
トップページ>町の組織>選挙管理委員会>H28月形町長選挙及び月形町議会議員補欠選挙(最下部のPDFファイル)
__。__。__。__。__。__。__。__。

情報公開が私の基本姿勢です。どうぞ、ご覧ください。

2016年10月01日

落選に残念。応援ありがとうございました。【月形町長選挙 結果報告】

結果報告が遅れて申し訳ありません。残務整理と片付けにバタバタした日を過ごしています。



9月25日執行の月形町長選挙は以下の結果になり、宮下ゆみこは落選しました。
(上の写真2枚は、北海道新聞2016年9月26日朝刊)

うえさか隆一 1338票
宮下ゆみこ   972票

当日有権者数  3077
投票者数    2435(投票率 79.14%)
有効投票    2360
無効投票     75


これまで多くのみなさんに応援・声援・お手伝いしていただきましたが、結果に結びつきませんでした。これはひとえに私の力不足です。申し訳ありません。

敗戦の要因は色々あるでしょう。





(いずれも北海道新聞朝刊・空知面。左:2016年9月22日。右:2016年9月21日)

特に今回の選挙で私は、今の私がイメージする「自治=自分のまちのことは自分で決めて行動する」を柱にした選挙を展開しました。「具体的政策提示」「実現可能性を追求した公約」「街頭演説」「町外からの応援」「個人演説会」「レディースディ」「インターネット画像配信」「あしたが楽しみになる!まちづくり=未来志向」、これまでの月形町長選挙とは明らかに違う手法です。そのために、関係者にとって戸惑いや疑問も大きかったでしょう。そこを調整する力、訴える力が足りなかったと思っています。

ただ、今回の選挙を通して町民の間に「自治の種」が播かれたことは事実で、町内あちこちでその姿を目の当たりにしました。だからこそ、972人もの人が私に投票してくださったのでしょうし、投票権のない子どもたちからも嬉しい言葉や厚意を数多く受けました。

選挙結果は町民の選択です。上坂新町長の下で展開される町政を、町民のひとりとして見守りたいと思います。

なお、私自身は今後も政治活動を続けます。といっても、活動の場はこれまでと違ったものになるでしょう。町民というフリーの立場だからできることがあります。せっかく与えていただいたフリーの立場、活用しない手はありません。頭の中では既に動き出しています。

※ 選挙総括と今後について、詳細を今後ブログに書いていきたいと思っています。
なお、投票日翌日(9月26日)夕方5時に役場前の街頭演説しました。内容は「選挙の総括と今後」です。その画像はこちらに掲載していますので、ご覧ください。

2016年09月26日

宮下ゆみこ街頭演説(選挙終了後1日目)

<<前の5件 4567891011121314

検索


過去ログ

新着記事

  1. ハッキリして良かったけれど、何とも微妙な心境です。【JR札沼線バス転換容認の月形町長記者会見】
  2. プロセス【6月15日の北海道新聞朝刊から/JR札沼線問題】
  3. ホンネはどこで?【月形町地域公共交通活性化協議会・傍聴】
  4. 色々ありました。【月形町議会第2回定例会の概要/傍聴報告】
  5. これが修正案可決までの経過と中身【月形町議会第2回定例会・傍聴】
  6. なぜ議場で具体的な話をしないのか? JR札沼線問題【月形町議会第2回定例会・一般質問傍聴】
  7. ちょっと、ちょっと、ちょっと!!!【JR札沼線バス転換】
  8. また先送り!?【JR札沼線沿線住民説明会】
  9. 地域の街並み再生〜エリアリノベーション・北海道【北海道自治体学会 2018年度総会&政策シンポジウム】
  10. 人事異動で470万円増額!どうなっているの?【月形町議会第1回臨時会】

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る