2019年06月20日

私の頭の中/この1週間、ずっと議場で一般質問してました。

この1週間、農作業の傍ら「議会だより」の原稿を書いていて、最終〆切間際でようやく提出できました。
 
月形町議会の議会だよりでは、一般質問をした本人が議事録を基に質問内容と答弁をまとめて原稿を書きます。今回依頼されたのは3月定例会の一般質問。補欠選挙で当選し2年半ぶりに行った一般質問だったので、6問約3時間におよんだ気合いの入った一般質問でした。議事録も膨大で27ページ35,000字! それを最大3,200字にまとめるというもの。(発行は8月5日の予定だそう。)
 
通告書もあるし、一般質問を終えてすぐに書いたブログもあるから何とかなるか・・・と甘くみていた私。原稿を書き出してすぐに無間地獄にはまっていくのでした〜(苦笑)なにせ農作業の隙間時間に書くので・・・
農作業・・・議事録を読んで原稿を書いて・・・農作業・・・議事録で確認して原稿を直して・・・農作業・・・思い出すために議事録を読んで原稿を直して・・・農作業 の繰り返し。
 
この作業、適切な言葉を探す苦労もあったけれど、一番苦しかったのは「一般質問をしていたときの気持ちに戻ること」。議事録を読むとその時の空気まで思い出しちゃう。
・ああ言えば良かった。こう言えば伝わったかも。
・そんなこと聴いてない。論点はそこじゃない!
・議長、どうしてそこで止めるの? 違う違う〜
 
この1週間、原稿のことが頭から離れなくて、ずっと議場で一般質問してたような感覚でした。変な疲れが〜
 
議員はこうして同じ場面を反芻する機会があるから、その度に最善を模索して1度の一般質問で何回分もの経験ができるし、理解も深まる。だから、一般質問をする議員としない議員の差が加速度的に開いていくし、首長と議員のあいだでも・・・
とはいえ、何度やってもスカッと終えたことがない。まだまだ修行が足りない私です。
__。__。__。__。__。
 
昨日、農作業をしながらラジオで「国会党首討論」を聴いていて同じ感覚を味わった。野党の具体的指摘や提案に、首相は総論・一般論で返す。これじゃあ議論が深まらないし、あまりにも時間が短すぎて議論にすらなってない。議会の議論はどこもこういうものなのか?! 
 
町長、これをお手本にしないでくださいね♪

2019年06月15日

自然の教えはいつも厳しくて優しい【農作業日記】

・常に不測の事態に備えよ
・千里の道も一歩から
・諦めなければ達成できる
__。__。__。__。__。
 
今日は夫に用事があったので、私はハウスの温度管理だけすれば農作業はお休み、家で原稿書きのつもりだった。
 
午後1時過ぎに遅い昼ご飯を食べていると、午前中の曇り空から日射しが出てくる。青空も見えてきた。外は暖かい強風が吹いている。「あれ! ハウスを開けないと暑くなっているかも」と急に気になる。今日は曇りの予報だったから菊のハウスは閉めきっているのだ。
 
「食べてる途中だけれど、ちょっと見てくるか。もしハウスを開けたとしても20分もあれば帰って来られるし」そう思って、鍵と携帯だけを持って車に乗った。(自宅からハウスまでは1km離れている)
 
菊ハウス内はちょうどいい温度。閉めきっていても強風のおかげで隙間から風が通って極端に温度は上がっていなかった。
「ああ良かった。開けないでも大丈夫だわ。せっかくハウスまで来たんだから一回りして状況確認するかな〜」と奥へ進んだら・・・
 
「え”ーーーーーーー」
 
スカビオサのマルチが強風で飛んでるじゃない!!
バタバタしてたのが見る見る間に広がって、飛んでる、飛んでる、飛んでる・・・。 今、修復しなかったら全部剥がされちゃう。でも、あっちもこっちもそっちもどうしようーーー
 
撰花場まで戻って急いで支度をして・・・
「あ〜ラジオもねえ、時計もねえ、日焼け止めなんて塗ってねえ(♪吉幾三風)」
すぐ帰るつもりだったから何も持って来ないで、家にいるままの厚着で来ちゃった。あ〜こんなことなら、いつも通りのお仕事セットを持ってくるんだった!
しゃ〜ない。やるしかない。
 
修復開始。といっても強風は収まらなくて、益々剥がされていく。
「そして僕は途方にくれる(♪大澤誉志幸風)」
途方もない。1人でどこまでできるかーーー??? 
でもマルチが全部剥がれちゃったら、これからの草取りが大変! 
今夜から雨予報だから、明日の雨の中でドロドロになってやるのはイヤ!
雨が上がってからだと土がコチコチに固まって大変!
そう「やるなら今しかね〜(♪黒板五郎風)」
 
途方もないと思いながらも、手をつけられるマルチから引っ張って土を被せ、引っ張って土を被せ、引っ張って土を被せ・・・
風にも負けず、日射しにも負けず、にわか雨にも負けず・・・(宮沢賢治風)
 

4時間後、遂に修復完了。
「やればできるじゃん」「ひとりでできるもん」(♪Eテレ風)
あ〜終わった。全部終わった〜〜〜。
 
思いがけずの半日フル作業。鍬を持って土を寄せた右手が腫れてる。そういえば、お昼の途中だった。何にも飲んでなかった。日焼け止めしてなかった。お腹が空いて、喉が渇いて、顔がほてってる。必死だったからね〜。
もう夕方、スカビとチースのハウスを閉めて、さあ帰ろう。食べかけの昼食(既に夕食)が待ってるわ。
 
そして今日の教訓
・常に不測の事態に備えよ
・千里の道も一歩から
・諦めなければ達成できる
 
大変だったけど1人作業に自信がついた1日。お疲れさま〜

2019年06月14日

菊は思春期で伸び盛り【農作業日記】

菊の草取りがようやく1巡で、次の作業。
 
草取りを終えたハウスは、あとを追うようにすぐにネットを張って伸び盛りの菊を支えます。この時期の菊は1日1cmのスピードで伸びるので、最初に草取りしたハウスの菊は草丈50〜60cmに。
 
菊の上にネットを張って菊が伸びてくるのをキャッチするので、ときどきネットに引っかかる菊が・・・このままだと折れてしまったり、クランクのように曲がった茎になるので、ネットに入れて真っ直ぐにする作業をしました。
 
この時期のこの作業、中途半端な草丈で腰にくる! 
ひとまず一回り終わって良かった〜。まだ全部の菊が入りきっていないので、余裕があれば1週間後にもう1回。
 
菊は思春期、電照を終えて花芽に転化する大事な時期です。

2019年06月12日

ぜひ、参加してみて!【新IP電話説明会・報告】

月形町で全戸設置されているIP電話(IP告知端末)が更新時期を迎え、今年7〜9月に順次交換されるのにともなって、今週月曜〜水曜に、町内3ヵ所で昼・夜2回の説明会が開催されています。私は昨晩(火曜日夜)の交流センターでの説明会に参加してきました。
 
新しいIP電話の使い方などは、設置時に事業者が1戸ずつ丁寧に行うとのことですが、事前に全体像を知っていると理解しやすいと思います。団体や小単位での説明会も行うとのことなので、ぜひ参加してみてください。
 
ちなみに、本日も説明会があります。実物を見て触れます。
6月12日(水) 札比内コミュニティセンター
 ①13:30〜15:00    ②18:00〜19:30
 
以下、説明概要。
__。__。__。__。__。
  
■新IP電話とは
・これまでのIP電話(白)から、機能強化された新IP電話(黒)に機種交換(家庭内工事なし)
・高画質、音声良好(ハッキリ見えて聴き取りやすい)
・画面の切替がかなり速い
・画面をスクロール(指で画面を上下移動)や、スマホのように2本指で拡大・縮小ができる。
・これまで通りに「お知らせ」が届き、「(テレビ)電話」がかけられる。さらに、新しい機能が増えた。
 ↓
■新しい機能
・消防へ直接繫がる「緊急ボタン」
・月形町内のピンポイント天気表示 → 現段階で町内4(市街地、札比内、昭栄、北郷)+近隣3(北村、当別、浦臼)だが、要望により増やすも可能。天気の内容も変更可能。
・町内にある情報カメラの画像表示
・防犯・防災・生活情報 → よりきめ細かな情報
・町のホームページを閲覧できる
・スマートフォンとの連携 
 ↓
■スマートフォンとの連携
・専用アプリ(無料・制限なし)をスマホにインストールするとIP電話と同じ内容+αの情報を受け取れる → 町外在住の家族や、遠隔地に出張中も同じ情報を受け取れる。
※ 専用アプリは7月頃からインストールできる。
・Jアラートを受け取れる。
・スマホのGPSと連動してLアラート(災害情報共有システム)を受け取れる=出先(自分の居る場所)の避難所などの表示や、国や町の公式ツイッター(←災害時の信用情報)なども受け取れる。
 
■その他
・交換期間中、旧IP電話(白)と新IP電話(黒)との通話はできない。白同士、黒同士は可能。
・新IP電話(黒)の電話番号は、NTT固定電話と同じ。固定電話のない家には新しい6桁の番号がつく。
・新IP電話(黒)に電話がかかってきたとき、相手の電話番号のみ表示。(番号登録しても、相手の名前は出ない)
・交換期間中の「お知らせ」等は、白・黒両方に同じものが配信される
 
■交換スケジュール
・6月末〜 事業者が電話で各戸に交換日程の連絡(調整)
・7〜9月 交換作業(所要時間:設置5分+説明20分程度)
※できるだけ、同一地区ごとに交換。交換状況は公開される。
 
■連絡先
○事業者(JCC:ジャパンケーブルキャスト)
・札比内中学校跡地に事務所を設置。日昼対応。
・6月末から本格的に始動(総勢10人ほど)
○月形町役場 総務課

2019年06月11日

議会を追うと「町の実態」が見えてくる【令和元年第2回定例会報告・1】議案審議

6月4、5日に開催された令和元年第2回月形町議会定例会の報告をしていきます。まずは、主な議案審議の内容(全て原案可決)です。

※写真は、2019年6月6日の北海道新聞朝刊/空知面
 
例年6月定例会の議案は少ないのですが、今回は盛りだくさん。特に「JR」「町立病院」「振興公社」関連が入っていて、月形町の課題が顔を見せています。議会を追うと「町の実態」が見えてきます。
__。__。__。__。__。
 
■入湯税の導入
・温泉(鉱泉)を利用する浴場に対して(←月形温泉が対象)
・入湯客1日1泊150円、日帰り入湯客1人50円
・令和元年10月1日〜
・入湯税は、鉱泉源の管理、観光振興に使用する。
・入湯税の導入は道から促されていた。鉱泉のある空知管内の自治体で入湯税を導入していないのは月形町だけのため。
・今年度(半年分)税収見込み 221万3千円
※月形温泉入浴料は今年10月以降、入湯税導入と消費税10%にあわせて値上げ予定
 
■札沼線代替輸送事業等基金の新設
・JR札沼線の廃線に伴ってJRから月形町に支給される支援金を積み立てるための基金
・事前に取り決めた内容に従い町がJRに(その都度)必要な金額を請求、支給された支援金をこの基金に積んで活用する。
・取り決められた支給金額:4町(当別/月形/浦臼/新十津川)総額で18億1600万円 → 月形町分:5億7360万円
 内訳)代替バス運行経費・・・運行距離で各町按分、各町でJRに請求
    まちづくり(当別以外の3町同額)各1億1000万円
    既存交通への赤字補塡分
 
■一般会計補正予算(令和元年第2号)
 +6606万6千円 → 総額40億5585万7千円
・JR札沼線関連(記録映像製作、バスマップ作成、代替バス運行準備)
・幼児教育・保育無償化の準備
・認定こども園ボイラー修繕
・スクールバス購入(国補助+地方債)
・須部都橋長寿命化事業の一部財源振替(道交付金→地方債)
・指定避難所整備(総合体育館トイレの洋式化)の財源振替(公有財産整備基金→地方債)
・国保会計への繰出金減額(国・道の負担金減)
 
■国保税率改正+国保事業特別会計補正予算(令和元年第1号)
 +14万7千円 → 総額4億2342万1千円
・道(国保運営主体)への納付金を支払うための税率改正
・加入者所得が落ち込んだことから本来なら大幅な税率アップになるところ、多大な国保財政調整基金残高(平成30年度末で1億537万6千円)あることから、基金を取り崩し(1554万3千円)税率を低減した。
・月形町国保税率は、今回の低減化を行っても道の基準よりも高い。多額の基金があるうちは取り崩して税率の低減化を図る。
 
■町立病院に「外科」
・今年5月着任した安友院長は、日本外科学会の専門医・指導医のため、外科を標榜することに。
・ちょっとした外科的処置中心。麻酔医が必要な大きな手術は考えていない。
・現在の診察室で内科外科とも対応
 
■町立病院事業会計補正予算(令和元年第1号)
 医業収益&医業費用 +742万 → 5億6469万7千円
・医業収益増・・・入院収益増
・医業費用増・・・医師紹介手数料、他
 
■介護保険税の改正
・消費税10%にあわせて低所得者層(第1〜第3段階)の軽減強化
・令和元年7月分〜
 
■新規就農者受入対象者の年齢変更
・45歳未満 → 50歳未満
・国の支援等の要領改正にあわせて
 
■(株)月形町振興公社の経営状況報告・・・別項目で詳しく

<<前の5件 1234567891011

▲TOPへ戻る