2019年04月23日

農作業に復帰して選挙運動を考察する/ワンオペ選挙運動【2019月形町議会議員選挙】

約2週間、選挙のために遠ざかっていた農作業に今日から復帰しました。
待っていたのは、お盆用輪菊の直挿し。1日1〜2棟(8,000〜10,000本)のペースで5日間の予定。一日中正座で挿していくので、あちこち痛くなっちゃうけれど(初日は膝)、ここから始まると思うと楽しいです。
 
「ワンオペ選挙運動」の甲斐あって夫は農作業時間を確保でき、植え床の準備は万端。例年通りの時期に直挿しすることができる見込み。良かった、良かった❣️
__。__。__。__。__。 
 
今回の「ワンオペ選挙運動」は、町村議員の担い手不足解決にむけた1つのアイデアを示すチャレンジでもありました。
 
町村議員の報酬が市議より低いのは、議員1人あたりの人口が少ないから。市議並みに上げることはとても難しいです。だから町村議会は議員が複業できるよう日程などを工夫しています。
それなのに、選挙になると全国一律で昔ながらの形式が常識のように捉えられ、それに合わせるために誰もがムリをしている・・・と私には見えました。
 
ムリと言えば、統一地方選挙は北海道農業にとって重要な春作業時期。働き盛りの人達は仕事を進めたいと思いつつ「おつきあいだから仕方ない」と時間を作る。それで「選挙は困りもの」「選挙はない方がイイ」みたいな方向になっているように感じています。

今、世の中は「人口減少」「少子高齢化」「働き方改革」の真っ直中。その対策は「効率化」「省力化」「多様化」です。ワンオペ選挙運動はその方向性に沿ったものだと考えています。
 

現状に問題を感じているなら改善すればいい。
不満を言って旧態依然のままなら何も解決しない。
選挙運動の主導権を握っているのは候補者。候補者が動けば社会は変わる。

 
今回、私は現状に一石を投じるためにワンオペ選挙運動を展開し、結果に結びつきました。8年ぶりのチャンス(←前回は無投票だったので、5日間フルに選挙運動ができたのは8年ぶり)、このチャンスを活かせて本当に良かったです。これなら候補者1人でできるので、志を持った人が周りへの影響を最小限にして立候補できるんじゃないかしら。女性もチャレンジしやすくなったと思っています。

  
不満があっても同じ行動をしていたら何も変わらない。
こうした小さな工夫やチャレンジが、社会を変えていくはず。


今回の選挙では、この姿勢を評価してもらえたのだと感じています。

2019年04月20日

5日間の選挙を終えて【2019月形町議会議員選挙】

今日で選挙運動期間は終わりました。5日間フルにできたのは8年ぶり(4年前は無投票で1日間)。5日間あれば町内の隅々まで回ることができるので、8年前と感覚的に比較することができました。
 
明らかに空き家や壊れたままの家が増え、人々は仕事に追われている雰囲気で、閑散とした感じは否めません。全体として選挙や町政に関心が薄くなっているようにも感じられました。残念だけど、全体に体温が下がっているような雰囲気でした。
 
一方で、政治に興味を持つ女性が増えたように思います。町内各地で街頭演説に集まってくれたのは圧倒的に女性。そのあとの会話で、町政に関係する質問や意見やアイデアをいろいろ聴かせていただきました。生活者として疑問を持ちながら暮らしていて、それを声に出して伝えてくれたのです。女性が担っている分野にキツイしわ寄せが来ているのかもしれません。
 
心温まる出会いと会話がいくつもありました。応援の言葉、ねぎらいの言葉、元気になる言葉・・・。言葉の重みを感じました。
「議会は言論の府」、言葉を吟味して使いたいと思わせてくれました。
 
ワンオペ選挙運動はとても好評でした。「1人でもやる」という私の姿勢や、農作業が忙しい時期への配慮、お金をかけずに工夫する姿、街頭演説を続けていることの評価など、人それぞれの視点でしたが「新たな形」は受け入れられました。
 
5日間、とても充実した時間を過ごすことができました。
町民のみなさん、facebookで繫がっているみなさん、そして夫に、感謝の言葉を贈ります。ありがとうございました。
 
なんだか全部が終わったように感じてますが、明日が投開票日で到達点。この日のために持てるものを全て出して頑張ってきたんですよね。どんな評価がくだるのか、心穏やかに待ちたいと思います。
 
最後にもう一度、
みなさん、ありがとうございました。

選挙は表現の場。候補者の姿勢が現れる【2019月形町議会議員選挙】

「選挙には細かなルールがあって、画一的な選挙運動しかできない」と思っている人が多いのではないでしょうか? 
●選挙カーを走らせ名前を連呼し、窓からは白い手袋をはめた手を振ってニッコリ笑って「よろしくお願いします」と言う。
●「この地域の申し合わせ」だから、選挙運動をするのは初日と中日と最終日の3日間だけ。・・・みたいな。
 
私の記事を読んでいる人は、そんなことはないと気づいているはずですが、立候補者の多くはこの呪縛から逃れられないと言うか、都合よく乗っかっているように思えます。
 
選挙にルールはありますが、公職選挙法を守っていれば案外自由に、かなり創造的な活動ができます。私は「選挙は、表現の場」だと考えていて、選挙には候補者の姿勢が現れると思っています。
 
■今回の選挙で私以外の候補者は「選挙運動をするのは初日と中日と最終日の3日間だけ」と申し合わせをしていたようです。
選挙運動期間は5日間しかないのに、町民の関心が高まっているときなのに、どうして自らその接点を捨ててまで仲間内の申し合わせを重視するのでしょう? 町民と仲間、どっちを向いているの?
 
■選挙のポスターのデザインは自由なのに、どうして判で押したようなデザインを選ぶのでしょう? もちろん同じ印刷会社を選んでいるからかもしれませんが、それでも以前の候補者のポスターはバラエティに富んでいました。横並び? 目立ちたくない?
「黒のスーツが染めた入学式/国際基督教大学 学生部長」の記事を思い出しました。
 
■選挙は、町民への選択肢を明示し選んでもらう行為だと思っています。政策を明示するのもその1つですし、計画等への意思表示もそう。でもほとんどの候補者は、常套句や当たらず障らずの文言を示してイメージづくり。最終的にどういう行動をとるのかわかりません。
候補者は有権者に何を約束したの? あなたはどういう議員になるの? 議決をするときに何に従うの?
 
■初めて街頭演説するときの緊張感は半端ないです。でも1度越えてしまえば、自分の考えや想いを伝える手段として必要不可欠になります。「言論の府」と言われる議会の議員になろうとするならば、街頭演説を避けて議論ができるのでしょうか?
 
自分の考えや想いを代弁する候補者は誰なのか・・・
明日は投票日です。
 
※ 今回の選挙ポスター掲示板、全くの偶然ですが、現状を映す鏡のような配置になりました。

私の主張【2019月形町議会議員選挙】

2019postcard.jpeg
ブログに大事なことを載せ忘れていました。
(ホームページには「選挙」の特設サイトがあります。)
 
今回の町議会議員選挙にあたって「宮下ゆみこが何をめざしているのか」
選挙ハガキにまとまっているので、これを読んでいただきたいです。町内のみなさんには800枚(800世帯=全世帯の半分=人口の2/3)送りました。読んでいただけたらいいな〜

 
その内容をイメージにしたのが選挙ポスター。こちらもご覧ください。
 
※ 公職選挙法で、選挙運動に関するホームページ・ブログ・SNSの更新は選挙期間中に限られています。つまり、今日の23:59まで。
細かな規定もあって可能なこともあるのですが、深く考えずに更新できるのが選挙期間中なので、今のうちに更新しておきます。

田舎での個人演説会開催はキビシイ【2019月形町議会議員選挙】

選挙3日目と4日目に個人演説会を開催しました。町議選での個人演説会開催は町内初。(町長選では開催あり)そのときの経験もあるので、こうなることは予想がついていたけれど・・・。これが田舎の限界かな〜と厳しい現実を突きつけられた感じです。(もちろん良いこともあったんですけれどね。)
 
選挙期間中にここまで生々しいことを書くと他の候補者に「ほれ見たことか」と言われそうだけれど、事実だし、記録としても残したいし、何よりも「さらけ出す」ことで次の展開をみんなで考えたいと思ったので書きます。
 

■まずはルールの説明

・選挙期間中に「候補者」は個人演説会を開くことができる。
・選挙管理委員会が指定した公共施設で開催する場合は、1会場1回(5時間まで)は無料。
・立候補の届け出(告示日=火曜日)といっしょに申請、開催は2日後から(開催できるのは、木・金・土曜日)
・2人以上の候補者から同じ場所の申請があったときは・・・(省略)
・個人演説会場での資料配付は禁止(文書図画の規制)
・資料の映写は可能(今回の選挙から。聴覚障害者の権利保障)
 
※ 町村議員選挙ではビラの配布が禁止なので、告知する手段が限られます。ネット(ブログやSNS)は可能だけれど、高齢者の方には届かないので別の方法を考えないと・・・ ということで、苦肉の策が選挙ハガキへのシール添付。まあ、これも手続きが色々あるんです。個人演説会をやることに決めてから、選管と郵便局に何度も問い合わせました。
 
 
■合同個人演説会の模索
 
個人演説会は「候補者」しか開けません。一方で、有権者は1ヶ所で何人もの候補者の話を聞けたらいいですよね。その裏技が「合同」個人演説会です。数人の候補者が1つの会場を時間をずらして申請することで可能になります。例えば
・宮下ゆみこ 13:00〜13:30
・○川○男  13:30〜14:00
・△山△△美 14:00〜14:30
 
で、この合同個人演説会をやってみたいと思いついたのが告示6日前(もっとも、個人演説会をやろうと思ったのも同日)。それから上記ルールを確認し、いっしょにやってくれそうな候補者に声をかけました(選挙運動中に街頭演説をする候補者はほとんどいないので、声をかけるのも大変。それに、私が言い出しっぺだと難しい人いる)。
案の定、断られ、まあ1人でもやってみることにしました。
 
 
■個人演説会のイメージ
 
私は「候補者の政策や考えを伝える場」だと捉えているんです。けれど、これまでの選挙で行われた個人演説会は「有権者の囲い込み」。組織的な動員で人を集めて「エイエイオー」みたいな。なので、町民にはそういうイメージしかなかったんですよね〜
 
2年半前の町長選挙のとき、私の政策を聴いてもらうのはもちろんですが「市民自治」を広める機会にしたいと思って、神原勝先生や森啓先生、中島興世さんや松本懿先生にも来ていただいたのですが・・・ 1会場20人くらいしか集まらなかったです。選挙期間中だから「色」がつくのを割けるんですよね。(選挙前に同様の集会を開いたときはもっと深刻で、5人も集まらなかった・涙)
 
そんなわけで、今回の個人演説会も微妙だとは思ってました。
 
 
■今回の個人演説会
 
事前の街頭演説で「バスターミナル複合施設の詳細説明」「町立病院の状況説明」「意見交換会」などと告知をしてみましたが・・・浸透しなかったです。
 
結局、1回目(木曜日午後3時)は参加者が3人。2回目(木曜午後6時)は6人。3回目(金曜日午後6時)は10人でした。
 
まあ人数は集まらなかったですが、とても濃い意見交換ができて、新たな視点や情報やアイデアなどを得られました。参加者のみなさんも現状理解が進んだと思うので、次に何かの動きになるかもしれません。
 

■今後の課題
 
結局は「まちの文化」なんだと思います。今はまだまだだけど、種を播き続けなければ芽は出てこないので、機会を捉えてチャレンジし続けます。
  
ただ、選挙期間中の個人演説会は、選挙にならなければ実施できません。無投票ではそれまで。4年に1度の機会を得るためにも、立候補する人を確実に増やさないと。それが先ですね。
 
ということで、この件は今後も取り組みます!

1234567891011

▲TOPへ戻る