2018年11月11日

手応えアリ【2018女性プラザ祭・憲法カフェ3「政治を変える。女性議員を増やす。」】

標題のイベントが昨晩(11月9日@札幌かでる2・7)開催され、講師を務めてきました。

手前味噌ですが、想いが伝わり手応えを感じたひとときでした。志ある女性の背中を多少なりとも押せたかなぁ。
 
イベントは2部構成で、第1部が講演、第2部がグループトーク。
講演は2本立てで「女性議員を増やす方策」を研究者と実践者が提案するというもの。
 
最初に相内眞子先生(北翔大学の元学長・名誉教授)が『女性と議会 ー女性の参加で政治は変わる ジェンダー・ポリティックスの視点から』と題して、世界や日本やアメリカの統計分析を元に、女性の政治参加の実態を考察して提案しました。
さすが大学教授! 広い視点から論理的に責める手法に理解が進みました。なるほど、私が議員活動で感じてきたことの背景はこういうことだったのね。アメリカの1970年代の政治実態類型と考察にとても納得できました。
  
続いて私から『暮らしと議会 ーそこに代弁者はいるかー』と題して、基礎自治体議会(市町村議会)に求められる議員像や議員の実態を紹介した他、私の人生経過や実体験を元に
・生活者としての問題意識があれば(基礎自治体の)議員は勤まる
・議会に女性が必要なことを、女性自身が気づき行動すること
 =女性の立候補者がいなければ女性議員は生まれない
などについてお話ししました。
先生の講演とは異なって実体験を元にした狭い範ちゅうの考察でしたが、実体験の積み上げは共感を呼ぶことも多く、演説張りの勢いも相まって手応えを感じました。
 
この後のグループトークでは参加者のみなさんと意見交換をし
・講演で元気をもらったわ。
・宮下さんは、問題意識を素直に行動に移せるのね。
・立候補すると決めたとき、家族(夫、子ども)の反応は?
など、私自身も新たな気づきや視点をいただきました。ありがとうございました。
 
 
実は、来年1月に農業女性を対象にした同内容の講義を依頼されています。今回の経験を踏まえ、内容に磨きをかけて臨みたいと思います。
 
そうそう、今回のポスターで私の名前をみつけて連絡をくれた方や、会場に足を運んでくれた方が何人かいました。その中には懐かしい人も(数年ぶりの再会)。「宮下さん、頑張ってるわね〜」の一言がどれほど嬉しく、元気を与えてくれたか。私も心が動いたときは迷わずに声をかけよう!と強く思いました。

2018年11月10日

町の教育について語って欲しかったな〜【新教育長就任記事】

今朝の北海道新聞に月形町の新しい教育長のインタビュー記事が大きく掲載されていました。

新教育長の古谷さんは今年3月に月形町役場を定年退職するまで各課長職を歴任し、私も議員として町民として様々な場面で親交のあった方です。フットワークが軽く情報通で交際範囲も広く面倒見がよい、他町村とのつながりも持っている・・・町民の期待は高いと思います。

これからの月形町教育行政が楽しみです。
 
と思って新聞記事を読んだのですが・・・ 道立月形高校の通学問題?
確かに月形町として大きな課題だけれど、教育そのものの課題ではないですよね〜(総務課長がJR問題の延長として語るなら解るけれど・・・)。せっかくの機会だから、園小中一貫教育とか、コミュニティスクール、部活指導員、生涯学習・・・ 
 
インタビューの一部掲載だと思うので、記者のセンスの問題もあるかと思うけれど、教育に関する王道の話しが読みたかったなぁ。

2018年06月15日

プロセス【6月15日の北海道新聞朝刊から/JR札沼線問題】

今朝(6月15日/金)の北海道新聞(4面/全道版)に「札沼線の一部廃止・バス転換容認 月形町長、18日にも表明」と大きく掲載されていました。昨日、非公開で月形町議会全員協議会が開催されて表明したとのこと。


先月末の町民説明会からずっと感じていた「町長の言動を現場で見聞きしている私の感覚」と「道新の報道」の違和感。プロセスが大事だと考える私との違いなのか? これが政治なのか? 考えさせられました。


2018年01月11日

2018年(平成30年)今年もよろしくお願いします。


みなさん、平成30年もどうぞよろしくお願いします。

昨年来、ブログの更新が滞っていて大変申し訳ありません。最近はfacebookでの発信が中心になり、ブログへの投稿がめっきり減ってご心配をおかけしました。新年のご挨拶をした際に、ブログをご覧になっている方から「どうした?」とのお声をいただき、ブログが大事な情報発信と交流の場であることを改めて感じた次第です。

私はいたって元気で、今までと相も変わらない活動を続けています。記事は書き溜めているのですがブログで公開していなかっただけですので、過去に遡って随時公開していきます。よろしければご覧ください。また今年に関してはブログでの発信にも注力していきます。

さて、
平成も30年となりました。時代も変わろうとしています。

月形町は、JR・病院・温泉施設という喫緊の大きな課題を抱えながら、少子高齢化や人口減少という現実をどう受け入れ、未来に向けた希望をどう生み出すかが求められています。目の前の課題解決に全力投球するあまり近視眼的になり、未来への投資不足や時代の潮流を見失ってしまっては、まちの活力は急速に失速します。
今、町民一人一人がそれぞれの立場で力を蓄え、未来へ繫がる準備を進めましょう。「いざ」というと瞬間に力を発揮できるように。

そこで私は、今年のテーマを「作る」「生み出す」にしました。

これまでの50年の人生で貯えた経験や技術や知識や知恵や人脈をフルに使って、何かを「生み出したい」と思っています。まずは具体的に「作る」ことから。

昨年12月の連日の大雪とうって変わって穏やかだった年末年始。ゆっくりと過ごせた時間から生み出したものは、この「手帳カバー」です。毎年手作りするのですが、今回は刺し子に初挑戦。ヒヤシンスの刺繍も添えて、豊かな時間を閉じ込めた手帳カバーができあがりました。これを携えて、私の1年の仕事も人生もスタートしています。

2017年09月29日

明日(9月30日)の土曜講座はJR問題。登壇します!

間際のお知らせでゴメンナサイ。明日の開催です!

北海道自治体学土曜講座の第4回は「北海道に鉄道は必要か 〜住民の交通権を考える〜」と題して、JR北海道の維持困難路線問題を議論します。

私も報告者の1人として登壇します。

私が担当するのは「JR札沼線(学園都市線)の事例報告」。札沼線沿線住民としての実状とホンネをお話しします。あわせて、存続運動を続ける「新十津川駅を勝手に守る会」の三浦光喜さんからも取り組み報告があります。2つの側面から維持困難路線の実態・現実をお伝えできればと考えています。

この前段には、北海道教育大准教授の武田 泉氏から「JR北海道の路線廃止問題の論点」、文教学院大学特任教授の安藤 陽氏から「自治体が第3セクターによってJR(国鉄)路線を引き継ぐことの意味」という総合的な視点の報告と問題提起があります。

また、これらの報告のあとは土曜講座恒例のパネルディスカッション。北海学園大学教授の小坂直人氏がコーディネーターとなり、フロアを巻き込んだ活発な議論が展開されるでしょう。

JR問題は沿線住民だけの問題ではありません。人口縮小、都市一極集中の時代にあって、道民、国民に広く関わってくる問題です。

興味を持たれた方、ぜひお越しください。お待ちしています。
__。__。__。__。__。__。__。__。

2017年度 北海道自治体学土曜講座
第4回 北海道に鉄道は必要か 〜住民の交通権を考える〜

■日時:9月30日(土)13:00〜17:30(受付開始 12:30)
■会場:北海学園大学 教育会館1階AV4番教室(札幌市豊平区旭町4丁目1−40)
■参加費:一般1,500円/回(当日受付時)、学生無料
■申込不用(直接会場にお越しください)
■主催:北海道自治体学土曜講座実行委員会

■内容
第1講 報告
1)JR北海道の路線廃止問題の論点/武田 泉氏(北海道教育大学准教授)
2)自治体が第3セクターによってJR(国鉄)路線を引き継ぐことの意味
                /安藤 陽氏(文教学院大学特任教授)
3)廃止対象路線(札沼線)地元住民からの問題提起
                /三浦 光喜(新十津川駅を勝手に守る会・会長)
                /宮下 裕美子(元月形町議会議員)
第2講 パネルディスカッション
・パネリスト/上記4氏
・司会/小坂直人氏(北海学園大学教授)

1234567891011

検索


過去ログ

新着記事

  1. 手応えアリ【2018女性プラザ祭・憲法カフェ3「政治を変える。女性議員を増やす。」】
  2. 町の教育について語って欲しかったな〜【新教育長就任記事】
  3. プロセス【6月15日の北海道新聞朝刊から/JR札沼線問題】
  4. 2018年(平成30年)今年もよろしくお願いします。
  5. 明日(9月30日)の土曜講座はJR問題。登壇します!
  6. 金額や責任の取り方よりも、説明を尽くしたかが問われている【下水道使用料 750万円 徴収漏れ】
  7. 残念。ありがとう。だから前を向く。【故・出村 隆 月形町議会議員を偲んで】
  8. 意見陳述終了。現在、監査委員が審査中。【住民監査請求/平成26年度・27年度の認定こども園開設準備事業】
  9. 数字を鵜呑みにしてはいけない【平成29年度予算特別委員会/その2】
  10. 忘れて欲しくないこと【東日本大震災から丸6年の3月11日】

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る