2018年03月08日

高めあう仲間と最新情報交換【平成29年度 就農アドバイザー会議】

3月6日と7日は、年1度の就農アドバイザー会議(全道から就農アドバイザーが集まり、研修と情報交換を行う)に参加してきました。

■1日目は安平町での研修

安平町では新規就農支援施策は2本立て。まず実践農場で「アサヒメロン継承対策」の具体的な展開を研修受け入れ農家の林出さんと高橋さんから伺いました。
移動後会議室では、安平町の新規就農施策全般を役場担当者から、続いて「有機農業での就農」の支援状況と実態を、就農アドバイザー仲間で北海道有機農業組合の代表理事組合長である小路健男さんから伺いました。

私たち就農アドバイザーは常に本気トーク。生々しい現状も含めて活発に意見交換できて有意義な研修になりました。

■宿泊と交流会は、厚真町の宿泊施設「こぶしの湯」

今年から就農アドバイザーになった千葉澄子さん(標茶町で酪農経営、指導農業士、JAしべちゃ監事)とツーショット。前からお名前は知っていたものの初対面。感激!

■2日目は会議@こぶしの湯

新規就農に関する農政や就農実態などの最新情報を共有したり、各就農アドバイザーからの問題提起・意見交換など、次から次に話題が飛び出す濃厚な会議でした。
私が気になったことを備忘録として書き留めておきます。

●(景気が良くなった影響で)新規参入者は減少傾向だが、農業従事者全体は微増傾向。
●就農希望者に独身者が増えている(日本全体として独身者が増えている影響がある)。その一方、受け入れ自治体は「夫婦」を前提としている場合が多く、門前払いもある。せっかくやる気のある人なのに・・・(独身で就農し家庭を持った実例がある。就農アドバイザーもいる。)法人就農やヘルパー研修だけでなく、独立就農に導くには何ができるのか(課題)
●就農希望者がいても研修を受け入れられる農家が少なかったり、研修はできても農地が不足したり・・・ 広域ネットワークの仕組み作りが必要では(課題)
●農政が「規模拡大」を進めた結果、新規就農者が入れる規模の農地がない。地域に人がいない。限界を超えた限界集落・・・
●農業の課題、地域の維持、生活インフラの維持 ← 全てまちづくりと連動。でも、縦割り行政の中で連携がとれていない。早く手を打たなければ限界を越えてしまう。危機感の共有ができていないのが歯がゆい、諦め感もある。
●就農希望者には、農的暮らしを求める人と農業経営をめざす人がいる。その見極めとそれぞれへのサポートを。
●道内には様々な形態・規模の農業がある。多様だから魅力がある。どんな形であれ農業を継続していくことに価値がある。

就農アドバイザー=それぞれが自分のめざす農業を追求している人達
とにかく熱い農業者の集まりです。農業の形態や規模が違っていますし、具体的な作業などは初めて聴くことも多いですが、根底に流れる考え方や姿勢のベクトルが同じなのですぐに共感できるのです。分野の違う農業だからこそ、新たな視点が面白くて参考になっています。

就農アドバイザー会議への参加は私の知識と思考を高めるためのもの。ここで得たエネルギーが様々な活動に繫がっています。この2日間、寸暇を惜しんでしゃべり続けたので、とても刺激が多くて、楽しくて、面白くて・・・ 心地よく疲れました(笑)

2018年03月04日

準備は着々と【北海道自治体学会/運営委員会】

3月3日は午後から北海道自治体学会の運営委員会でした。

暴風雪一過で穏やかな天候だったものの前日までの影響が残っていて、多くのJRが運休している中、会場の北海学園大@札幌には参加予定の運営委員はほぼ定時に集まっていました。(片道6時間の運転やバス乗車7時間の人もいるんです。北海道は広い!)

今回の運営委員会では5月19日(土)に開催する政策シンポジウムの内容を詰め、準備を進めることがメイン。3時間半にわたって集中した議論で一気に話が進みました。様々な経験や知識が集まる相乗効果はスゴイですね〜。面白そうなシンポジウムができそうです。

4月初めにはプレスリリースの予定。どうぞ、お楽しみに。

なお、2月26日に「北海道自治体学会ニュースレターNo.82」を発行しました。今回の特集は「行動する職員・市民・研究者」です。私も「行動する市民/傍聴を糸口に、市民自治を考える」を寄稿しています。他にも興味深い内容がありますので、ぜひ読んでいただきたいです。

※ 北海道自治体学会ニュースレターは、会員向けに年3回発行する機関紙です。入会(年会費3000円)することでバックナンバーも含め講読できます。ぜひご入会ください。
入会は → http://jititai.net/hokkaido/?page_id=16

2018年02月10日

最新情報収集と自分の内面を見つめた5時間【自治立志塾・2月例会】

自治立志塾は、【自治の実現】【政治家としての志の確立】【議員活動の質の向上】などをめざして超党派の地方議員が集まり学ぶ、元恵庭市長の中島興世さん主宰の政治塾。

20180209.jpg年4回開催のうちの1回、2月例会が2月9日にあり参加してきました。(私は元議員ですが、今も仲間に加えていただき学びを続けています。)今回はいつもと場所を変えて、札幌市白石区の障がい者就労センタースカイに併設されたコミュニティ・キッチン「ふぃーる」さんで。塾生の広田まゆみ道議が会場を探してくれるのですが、会場そのものにも意味があり、学びにも繫がっています。

さて今回の塾は、恒例の「3月定例会における一般質問」を学び合う場面もありましたが、「政治家をめざす原点」「自身に課せられた使命」もテーマにあがっていて、私は塾長から指名を受け政治観について話しをしました。

この塾では発表内容がどうのというより、お題に対して自分がどう向き合ったかが重要なのだと考えています。政治には答えがなく、自分で考えて求め続けるしかないので、折りに触れ機会をいただき自問自答することの大切さを改めて学んだ気がします。
また、私はこれまで「普通のオバチャンが地域のことを解決するために町政に参加する」という感覚で活動をしてきましたが、一般的には「政治家」というカテゴリーに位置付けられているんだなあと。当たり前なんでしょうけれど、私の内面と外面とのギャップというか、多様な視点で私自身を見つめ直すことができました。

政治は八方美人ではつとまりません。だからといって独善的ではなく、さらに未来志向を打ちだせなければ人の心は動かないでしょう。軋轢を恐れるあまり無意識のうちに迎合したり取り込まれるのはよくあることなのですが、そういう状況下で、自分がどういう位置に立っているのか、どういう方向に向かおうとしているのか、覚悟はあるのか・・・ これらを常に意識することが大切だと考えさせられた、今回の塾でした。

2017年05月16日

参加しませんか? ご案内【2017年度 北海道自治体学会 政策シンポジウム】

20170515.jpg新緑が眩しい季節です。
今春は気温の変動が激しくて、体調管理がなかなか大変ですね。

さて、ご案内が遅くなりましたが、今年も北海道自治体学会の総会&政策シンポジウムが開催されます。当初の〆切が延長され5月24日(水)までになりました。今からでも申込可能です。
政策シンポジウムはどなたでも参加できますので、ぜひご参加ください。

********************************

◆◇◆2017年度 北海道自治体学会 総会&政策シンポジウム◆◇◆
『持続可能な地域社会の創造とは』

■ 政策シンポジウム開催主旨 :
 「地方消滅」への危機感から、全国各地で「地方創生」の取り組みが動き始めています。出生率の向上や定住・交流人口の拡大は、いずれも日本社会が直面する重要な政策課題といえますが、一方で、全国横並びの総合戦略の策定や、都市と農山漁村が税収を奪い合うようなふるさと納税を巡る地域間競争の加熱が、本当に長い目で見た「地域社会の持続可能性」につながるのか、目先の損得を超え て、一度立ち止まって考える必要があるのではないでしょうか。
 私たち北海道自治体学会は、今後さらに本格化する「人口減少社会」における「持続可能な地域社会の創造とは何か」を、より長期的な視点かつ、実利・実践的な目線で考えていくために、基調講演に、都市計画・環境計画の分野で、住民参加型・環境保全型のまちづくりに長年取り組んできた、福井県立大学学長の進士五十八先生をお招きし、政策シンポジウムを開催します。
 分科会では、(1)農山漁村と都市の共生、(2)地域コミュニティの再生、(3)自治力の向上、の 3 つのテーマに焦点を当て、当学会のキーワードである「いま私たちができること」を掘り下げたいと思います。

【日 時】 2016年5月14日(土)11:00~17:00(9:30開場)
     ※北海道自治体学会総会:10:00~10:45(会員のみ)

【会 場】 北海道大学人文・社会科学総合研究教育棟 W203号室
    (札幌市北区北9条西7丁目)
     ※JR札幌駅北口から徒歩10分、地下鉄南北線北12条駅から徒歩10分

【定 員】 200名(参加申込が必要です)

【参加費】①シンポジウム:会員無料(要申込・参加券持参)
             団体会員は1団体5人まで無料(要申込・参加券持参)
             一般 1,000円 / 学生 無料(ともに要申込)
     ②参加者交流会:3,500円(要申込)、17:30~19:30

【プログラム】
◆研究会報告 11:00~12:00
  現場での具体的な課題として当学会が取り組む研究会の活動報告
  (1)集落研究会 (2)議会技術研究会 (3)ジェンダー研究会

◆主催者挨拶、基調講演 12:50 ~ 14:30
「(仮)農山漁村と年の多面的矯正と再生について」
 【講 師】進士 五十八 氏(福井県立大学学長、自治体学会顧問)

◆分科会 14:45 ~ 16:15
 3つのグループに分かれて、パネルディカッション形式で行います。
 ① 農山漁村と都市の交流
 ② 住民主導のコミュニティ再生
 ③ 住民が政策を作る道〜条例制定とその後の展開〜

◆分科会報告、全体意見交換、閉会挨拶 16:30~17:00

◎参加申込
 専用フォームからお申し込みできます。→ こちら
(参加申込は5月24日(水)まで。定員に達し次第締め切ります。)

◎詳しくは、北海道自治体学会のHPへ → こちら
http://jititai.net/hokkaido/

2017年02月15日

頭と心と体をフル回転。女性農業者の力強さと輝き!【きたひとネットフォーラム2017&総会】

2月13日(月)、14日(火)は全道から女性農業者が集う「きたひとネットフォーラム2017&総会」でした。会場は札幌市で、1日目は北海道大学学術交流館、2日目は北海道庁赤レンガ庁舎です。今年のテーマは「アゲる」ですが、実質的には「経営継承」でした。

会員は(女性)農業者ですが、賛助会員には農業関係機関の方もいらっしゃるので男性も名を連ねています。当日は会員、賛助会員、一般など110人ほどの参加者で、男性の姿もちらほら。ご夫妻で参加されている方もいらっしゃいました。

今朝の日本農業新聞に初日のフォーラムの様子が掲載されていましたが、これは2日間にわたる「きたひと」のほんの一部。学びあり、共感あり、発散あり・・・。頭も心も体も(口も)フル回転した充実の2日間で、閉会時には明日へのエネルギーを満タンにしてパワーアップした参加者が全道各地に散っていきました。

1日目のフォーラムは「経営継承」を真正面からとらえて講演2本とディスカッション。佐賀県伊万里市からお招きした市丸初美さん(佐賀県農業士会副会長/株式会社百姓屋取締役)からはご自身の経営や後継者育成のお話しを、小林国之先生(北海道大学大学院農学研究院准教授)からはデータを使って経営継承の必要性と課題が提示されました。その後は会場からいくつかの事例発表があり、それらを含めてディスカッション。経営継承する側とされる側、第三者継承にあたっての課題など、いつものことですが予定時間では納まらない活発な意見交換でした。

佐賀県と北海道の経営形態や規模は全く違うのですが、農業を引き継ぐという視点で言えば同じ。農業を楽しんでいる親を見て子どもたちが自然に興味を持つことや、経営をガラス張りにして夫と妻さらには家族で共に考えるなどの話題が出る度に、「情報公開」「情報共有」など議会や行政の課題解決の手法と重なりました。結局のところ、今の日本に欠けているものは同じもので、そこに逃げずに向き合うことが解決への糸口になるように感じます。

さて、フォーラム終了後は、参加者の7割は参加する盛大で人気の懇親会。農家の母さんが求める「気取らず等身大」をコンセプトに、お料理も飲み物も雰囲気も役員さんが工夫をこらしたもの。会場のあちこちで1年ぶりの再会と近況報告が花開いたり、新しい出会いにご縁を感じたり… 開会の乾杯を皮切りに静寂なしの2時間が始まりました。その中でも毎年一番の盛り上がりは地域対抗戦!今年の種目は尻相撲。各地域代表者による一騎打ちを制したのは・・・何と空知代表の私! それ以降「チャンピオン」の称号で、声をかけていただけるようになりました(笑)

そして宴は2次会へ。1次会の半分は参加する2次会は全員の自己紹介あり、宣言あり、ダンスあり。未来を自ら切り拓く女性たちはパワフルで明るく楽しい役者揃い。休むことを知りません。ここでも頭と心と体がフル回転して、幅広くて深い絆が作られていきます。さらに3次会(これ以降は私には知るよしもないのですが)・・・ 

こんな実態を書くと「おいおい母さん、そんなことしてきたのか〜」と心配されるそうですが、大丈夫。みんな「情報公開」「情報共有」していて理解されていますから。男性がそうであるように、女性も同じように活動するのです。もちろん個人差はありますが、性別の差はそうないのです。固定概念で押し込められた「女性像」の息苦しさを打破するのも「きたひと」のテーマ。お仕着せでなく、自分に正直に望むものを手に入れた先が今の私たちなのです。

日付が変わって2日目の研修
会場を由緒ある道庁赤レンガ庁舎に移して、講義とグループワークです。まずは農林水産省・女性活躍推進室長の久保香代子さんから女性農業者をめぐる状況や様々な支援策などのお話しがありました。今話題の「農業女子プロジェクト」メンバーが「きたひとネット」に何人もいるので、親近感の湧く内容でした。

グループワークは「女性農業者として人間力を上げるには」をテーマに、SWOT分析法(目標達成のために、今ある「強み」「弱み」「機会」「驚異」が何であるかを考え整理する手法)を使って解決策を導き出します。最終段階のグループ発表では、世代ごとの特徴がよく現れていたのですが、一方で、個人の力を上げるには地域の力を上げることが必要ということは共通の認識でした。たった50分間で成果を出せたのは、日頃から問題意識を持って日常生活を送っている参加者たちだからこそ。年代別に構成された7つのグループ(60代×3班、50代×2班、40代×1班、20代&30代×1班)が、今の農業実態と同じというのも面白い現象で、「きたひとネット」が北海道農業界の一つの牽引役になる雰囲気を感じさせました。

1年に1度しか顔を合わせられないから「その日のために頑張る!」というのもあり、
これをきっかけにSNSで繋がり「遠く離れていても傍にいるよ!」の付き合いができたり、
別の場面で出会って「あら!」と驚いてみたり。

ゆるく、長く、広く、かたく、強く・・・
きたひとの「ネット」は全道各地に張り巡らされていきます。
今年は夏に札幌以外の場所で交流会を開催する予定があり、来年は創設10年目。
これからどんな風に展開していくのでしょう。楽しみです。

来年のフォーラムは2018年2月1日(木)開催です。ぜひ、ご参加を!

1234567891011

検索


過去ログ

新着記事

  1. 高めあう仲間と最新情報交換【平成29年度 就農アドバイザー会議】
  2. 準備は着々と【北海道自治体学会/運営委員会】
  3. 最新情報収集と自分の内面を見つめた5時間【自治立志塾・2月例会】
  4. 参加しませんか? ご案内【2017年度 北海道自治体学会 政策シンポジウム】
  5. 頭と心と体をフル回転。女性農業者の力強さと輝き!【きたひとネットフォーラム2017&総会】
  6. 2017年 今年もよろしくお願いします
  7. 選挙費用&収支報告書を公開【月形町長選挙 報告1】
  8. 落選に残念。応援ありがとうございました。【月形町長選挙 結果報告】
  9. 宮下ゆみこ街頭演説(選挙終了後1日目)
  10. 月形町長選挙5日目(最終日)打上式

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る