2017年05月16日

参加しませんか? ご案内【2017年度 北海道自治体学会 政策シンポジウム】

20170515.jpg新緑が眩しい季節です。
今春は気温の変動が激しくて、体調管理がなかなか大変ですね。

さて、ご案内が遅くなりましたが、今年も北海道自治体学会の総会&政策シンポジウムが開催されます。当初の〆切が延長され5月24日(水)までになりました。今からでも申込可能です。
政策シンポジウムはどなたでも参加できますので、ぜひご参加ください。

********************************

◆◇◆2017年度 北海道自治体学会 総会&政策シンポジウム◆◇◆
『持続可能な地域社会の創造とは』

■ 政策シンポジウム開催主旨 :
 「地方消滅」への危機感から、全国各地で「地方創生」の取り組みが動き始めています。出生率の向上や定住・交流人口の拡大は、いずれも日本社会が直面する重要な政策課題といえますが、一方で、全国横並びの総合戦略の策定や、都市と農山漁村が税収を奪い合うようなふるさと納税を巡る地域間競争の加熱が、本当に長い目で見た「地域社会の持続可能性」につながるのか、目先の損得を超え て、一度立ち止まって考える必要があるのではないでしょうか。
 私たち北海道自治体学会は、今後さらに本格化する「人口減少社会」における「持続可能な地域社会の創造とは何か」を、より長期的な視点かつ、実利・実践的な目線で考えていくために、基調講演に、都市計画・環境計画の分野で、住民参加型・環境保全型のまちづくりに長年取り組んできた、福井県立大学学長の進士五十八先生をお招きし、政策シンポジウムを開催します。
 分科会では、(1)農山漁村と都市の共生、(2)地域コミュニティの再生、(3)自治力の向上、の 3 つのテーマに焦点を当て、当学会のキーワードである「いま私たちができること」を掘り下げたいと思います。

【日 時】 2016年5月14日(土)11:00~17:00(9:30開場)
     ※北海道自治体学会総会:10:00~10:45(会員のみ)

【会 場】 北海道大学人文・社会科学総合研究教育棟 W203号室
    (札幌市北区北9条西7丁目)
     ※JR札幌駅北口から徒歩10分、地下鉄南北線北12条駅から徒歩10分

【定 員】 200名(参加申込が必要です)

【参加費】①シンポジウム:会員無料(要申込・参加券持参)
             団体会員は1団体5人まで無料(要申込・参加券持参)
             一般 1,000円 / 学生 無料(ともに要申込)
     ②参加者交流会:3,500円(要申込)、17:30~19:30

【プログラム】
◆研究会報告 11:00~12:00
  現場での具体的な課題として当学会が取り組む研究会の活動報告
  (1)集落研究会 (2)議会技術研究会 (3)ジェンダー研究会

◆主催者挨拶、基調講演 12:50 ~ 14:30
「(仮)農山漁村と年の多面的矯正と再生について」
 【講 師】進士 五十八 氏(福井県立大学学長、自治体学会顧問)

◆分科会 14:45 ~ 16:15
 3つのグループに分かれて、パネルディカッション形式で行います。
 ① 農山漁村と都市の交流
 ② 住民主導のコミュニティ再生
 ③ 住民が政策を作る道〜条例制定とその後の展開〜

◆分科会報告、全体意見交換、閉会挨拶 16:30~17:00

◎参加申込
 専用フォームからお申し込みできます。→ こちら
(参加申込は5月24日(水)まで。定員に達し次第締め切ります。)

◎詳しくは、北海道自治体学会のHPへ → こちら
http://jititai.net/hokkaido/

2017年02月15日

頭と心と体をフル回転。女性農業者の力強さと輝き!【きたひとネットフォーラム2017&総会】

2月13日(月)、14日(火)は全道から女性農業者が集う「きたひとネットフォーラム2017&総会」でした。会場は札幌市で、1日目は北海道大学学術交流館、2日目は北海道庁赤レンガ庁舎です。今年のテーマは「アゲる」ですが、実質的には「経営継承」でした。

会員は(女性)農業者ですが、賛助会員には農業関係機関の方もいらっしゃるので男性も名を連ねています。当日は会員、賛助会員、一般など110人ほどの参加者で、男性の姿もちらほら。ご夫妻で参加されている方もいらっしゃいました。

今朝の日本農業新聞に初日のフォーラムの様子が掲載されていましたが、これは2日間にわたる「きたひと」のほんの一部。学びあり、共感あり、発散あり・・・。頭も心も体も(口も)フル回転した充実の2日間で、閉会時には明日へのエネルギーを満タンにしてパワーアップした参加者が全道各地に散っていきました。

1日目のフォーラムは「経営継承」を真正面からとらえて講演2本とディスカッション。佐賀県伊万里市からお招きした市丸初美さん(佐賀県農業士会副会長/株式会社百姓屋取締役)からはご自身の経営や後継者育成のお話しを、小林国之先生(北海道大学大学院農学研究院准教授)からはデータを使って経営継承の必要性と課題が提示されました。その後は会場からいくつかの事例発表があり、それらを含めてディスカッション。経営継承する側とされる側、第三者継承にあたっての課題など、いつものことですが予定時間では納まらない活発な意見交換でした。

佐賀県と北海道の経営形態や規模は全く違うのですが、農業を引き継ぐという視点で言えば同じ。農業を楽しんでいる親を見て子どもたちが自然に興味を持つことや、経営をガラス張りにして夫と妻さらには家族で共に考えるなどの話題が出る度に、「情報公開」「情報共有」など議会や行政の課題解決の手法と重なりました。結局のところ、今の日本に欠けているものは同じもので、そこに逃げずに向き合うことが解決への糸口になるように感じます。

さて、フォーラム終了後は、参加者の7割は参加する盛大で人気の懇親会。農家の母さんが求める「気取らず等身大」をコンセプトに、お料理も飲み物も雰囲気も役員さんが工夫をこらしたもの。会場のあちこちで1年ぶりの再会と近況報告が花開いたり、新しい出会いにご縁を感じたり… 開会の乾杯を皮切りに静寂なしの2時間が始まりました。その中でも毎年一番の盛り上がりは地域対抗戦!今年の種目は尻相撲。各地域代表者による一騎打ちを制したのは・・・何と空知代表の私! それ以降「チャンピオン」の称号で、声をかけていただけるようになりました(笑)

そして宴は2次会へ。1次会の半分は参加する2次会は全員の自己紹介あり、宣言あり、ダンスあり。未来を自ら切り拓く女性たちはパワフルで明るく楽しい役者揃い。休むことを知りません。ここでも頭と心と体がフル回転して、幅広くて深い絆が作られていきます。さらに3次会(これ以降は私には知るよしもないのですが)・・・ 

こんな実態を書くと「おいおい母さん、そんなことしてきたのか〜」と心配されるそうですが、大丈夫。みんな「情報公開」「情報共有」していて理解されていますから。男性がそうであるように、女性も同じように活動するのです。もちろん個人差はありますが、性別の差はそうないのです。固定概念で押し込められた「女性像」の息苦しさを打破するのも「きたひと」のテーマ。お仕着せでなく、自分に正直に望むものを手に入れた先が今の私たちなのです。

日付が変わって2日目の研修
会場を由緒ある道庁赤レンガ庁舎に移して、講義とグループワークです。まずは農林水産省・女性活躍推進室長の久保香代子さんから女性農業者をめぐる状況や様々な支援策などのお話しがありました。今話題の「農業女子プロジェクト」メンバーが「きたひとネット」に何人もいるので、親近感の湧く内容でした。

グループワークは「女性農業者として人間力を上げるには」をテーマに、SWOT分析法(目標達成のために、今ある「強み」「弱み」「機会」「驚異」が何であるかを考え整理する手法)を使って解決策を導き出します。最終段階のグループ発表では、世代ごとの特徴がよく現れていたのですが、一方で、個人の力を上げるには地域の力を上げることが必要ということは共通の認識でした。たった50分間で成果を出せたのは、日頃から問題意識を持って日常生活を送っている参加者たちだからこそ。年代別に構成された7つのグループ(60代×3班、50代×2班、40代×1班、20代&30代×1班)が、今の農業実態と同じというのも面白い現象で、「きたひとネット」が北海道農業界の一つの牽引役になる雰囲気を感じさせました。

1年に1度しか顔を合わせられないから「その日のために頑張る!」というのもあり、
これをきっかけにSNSで繋がり「遠く離れていても傍にいるよ!」の付き合いができたり、
別の場面で出会って「あら!」と驚いてみたり。

ゆるく、長く、広く、かたく、強く・・・
きたひとの「ネット」は全道各地に張り巡らされていきます。
今年は夏に札幌以外の場所で交流会を開催する予定があり、来年は創設10年目。
これからどんな風に展開していくのでしょう。楽しみです。

来年のフォーラムは2018年2月1日(木)開催です。ぜひ、ご参加を!

2017年01月05日

2017年 今年もよろしくお願いします

みなさん、2017年(平成29年)がスタートしました。

どうぞ、今年もよろしくお願いします。

今年の年明けはとても穏やかで暖かく、ほとんど雪が降らないまま小寒の本日(5日)を向かえました。元旦から昨日までは曇り空で、ハッキリとした太陽を見ることはありませんでしたが、今日は気持ちの良い清々しい陽光が部屋に差し込んでいます。

最近10年は議員として、1月5日の消防出初め式が仕事始めでした。今年からは様相が変わって、何を仕事始めにするかは自分次第。全ては自分の決断と行動に委ねられる自由な立場なのだと自覚させられます。まさしく新たな1年の始まりです。


な〜んて、気を張っているような印象を持たれたかもしれませんが、現実には、年末年始とて大きな区切りのない「日常の延長線の暮らし」をしています。大掃除は手つかず、抱えた仕事は年をまたぎ、年賀状は年明けまでかかり、お節は作るも過不足なく食べきれる量と質で。これまで十数年続いた宮下家恒例お正月行事(家族麻雀)は、娘の結婚で(帰省がなくなり人数不足により)自然消滅。

これまでにないお正月、そして、これからはこんな暮らしになるのだろうなあと感じさせる正月三が日でした。

だからこそ、日常の暮らしが大事だなあと。
日々の充実の先に希望が見える、楽しみが見つかる。

そのための基本は健康。
よく食べて、身体を動かし、お風呂に入って布団に寝る!

そう、今年は「人間としての暮らしの基礎を固める」ことを一番の目標にします。

もちろん、政治活動を続けたり、花づくり(農業)に精を出したり、思考と行動パターンは今まで通りです。
春の北海道自治体学会政策シンポジウムや今年度の北海道自治体学土曜講座に向けた企画は進んでいますし、月形町の町政・議会のチェックや提案も準備しています。来週には、就農アドバイザーとして大学で講義することにもなっています。そして3月には種まきを始めます。

今年はどんな1年になるでしょう。どんな1年にしましょうか。

ワクワクしてきました!  みなさん、今年もよろしくお願いします。

2016年10月23日

選挙費用&収支報告書を公開【月形町長選挙 報告1】

20161023.jpg 10月20日(金)には初雪が降りました。
月形町長選挙から早1ヶ月。あの時は秋晴れ続きで日中は「暑い!」だったのに、もう雪ですからビックリです。

さて、選挙費用と収支報告書をホームページで公開しました。【ホーム>選挙>選挙運動費用>2016年町長選挙】

このページでは「収支報告書の金額=手続き上の選挙費用」と「実際に支払った金額(収支報告書には報告義務のない経費を含み、無償労務分を差し引いた金額)」の違いを説明、両方の金額を掲載しています。あわせて、月形町選挙管理委員会に提出した収支報告書そのものをPDFで見ることができます(ただし個人情報は非公開)。


過去の議員選挙の費用も公開しています。【ホーム>選挙>選挙運動費用>町議会議員選挙】
平成19年は初めての選挙で全ての備品を揃えたために費用がかさみましたが、平成23年はそれを使い回したためにグッと少なくなり、平成27年は選挙期間が1日(無投票のため)だったことで更に少なくなりました。


今回、町議会議員選挙に比べ大きな金額になっているのは、事務所を借り、ウグイス嬢を雇い、選挙運動をしてくれた人に食事を提供する等、これまでの「軽トラック夫婦二人選挙」からスタイルを変えたことによります。また、町長選挙に初めて挑戦したため、看板等を作り替えたことも理由の一つです。


なお、月形町のホームページには、全ての候補者の収支報告書の要旨が公開されています。
トップページ>町の組織>選挙管理委員会>H28月形町長選挙及び月形町議会議員補欠選挙(最下部のPDFファイル)
__。__。__。__。__。__。__。__。

情報公開が私の基本姿勢です。どうぞ、ご覧ください。

2016年10月01日

落選に残念。応援ありがとうございました。【月形町長選挙 結果報告】

結果報告が遅れて申し訳ありません。残務整理と片付けにバタバタした日を過ごしています。



9月25日執行の月形町長選挙は以下の結果になり、宮下ゆみこは落選しました。
(上の写真2枚は、北海道新聞2016年9月26日朝刊)

うえさか隆一 1338票
宮下ゆみこ   972票

当日有権者数  3077
投票者数    2435(投票率 79.14%)
有効投票    2360
無効投票     75


これまで多くのみなさんに応援・声援・お手伝いしていただきましたが、結果に結びつきませんでした。これはひとえに私の力不足です。申し訳ありません。

敗戦の要因は色々あるでしょう。





(いずれも北海道新聞朝刊・空知面。左:2016年9月22日。右:2016年9月21日)

特に今回の選挙で私は、今の私がイメージする「自治=自分のまちのことは自分で決めて行動する」を柱にした選挙を展開しました。「具体的政策提示」「実現可能性を追求した公約」「街頭演説」「町外からの応援」「個人演説会」「レディースディ」「インターネット画像配信」「あしたが楽しみになる!まちづくり=未来志向」、これまでの月形町長選挙とは明らかに違う手法です。そのために、関係者にとって戸惑いや疑問も大きかったでしょう。そこを調整する力、訴える力が足りなかったと思っています。

ただ、今回の選挙を通して町民の間に「自治の種」が播かれたことは事実で、町内あちこちでその姿を目の当たりにしました。だからこそ、972人もの人が私に投票してくださったのでしょうし、投票権のない子どもたちからも嬉しい言葉や厚意を数多く受けました。

選挙結果は町民の選択です。上坂新町長の下で展開される町政を、町民のひとりとして見守りたいと思います。

なお、私自身は今後も政治活動を続けます。といっても、活動の場はこれまでと違ったものになるでしょう。町民というフリーの立場だからできることがあります。せっかく与えていただいたフリーの立場、活用しない手はありません。頭の中では既に動き出しています。

※ 選挙総括と今後について、詳細を今後ブログに書いていきたいと思っています。
なお、投票日翌日(9月26日)夕方5時に役場前の街頭演説しました。内容は「選挙の総括と今後」です。その画像はこちらに掲載していますので、ご覧ください。

1234567891011

検索


過去ログ

新着記事

  1. 参加しませんか? ご案内【2017年度 北海道自治体学会 政策シンポジウム】
  2. 頭と心と体をフル回転。女性農業者の力強さと輝き!【きたひとネットフォーラム2017&総会】
  3. 2017年 今年もよろしくお願いします
  4. 選挙費用&収支報告書を公開【月形町長選挙 報告1】
  5. 落選に残念。応援ありがとうございました。【月形町長選挙 結果報告】
  6. 宮下ゆみこ街頭演説(選挙終了後1日目)
  7. 月形町長選挙5日目(最終日)打上式
  8. 月形町長選挙5日目(最終日)街頭演説
  9. 選挙戦4日目個人演説会(札比内コミュニティセンター)
  10. 選挙戦4日目街頭演説

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る