2018年11月05日

とってもちぐはぐ。アンケートに答えた町民や、ニーズを探ろうとする先生の声に応えなくていいのか⁉️【月形町地域公共交通活性化協議会の傍聴+町民意見交換会】

今さらだけど、あまりの現実に言葉も出ない。
(傍聴席だからじゃない。声は出ないけれど、心は叫んでいる。)
 
町(行政)は何をめざしているのか?
何のために町(行政)があり、計画があるのか?
ねぇ審議委員さん、声をあげてよ! そのために席に着いているんでしょ。
 
今日(11月5日・月)の午後「月形町地域公共交通活性化協議会」があったので傍聴してきた。さらに、その前(10月24日夜)に開催された(参加者の極々少なかった)「月形町の地域公共交通に関する意見交換会」には町民の1人として発言した。いずれの会議もあまりにもヒドイ一方的な町側の進め方と方向性に驚くとともに、問題を指摘する声(今日の審議会では岸教授、町民説明会では私の意見)には耳も貸さず淡々と予定通りの時間と展開で進む現実に、意気消沈。
 
月形町の置かれた状況は理解している。JRの廃線まで時間がなく、代替バスにスムースに移行するには早急にバス運行の検討をしなければならないんですよね。さらに、当てにしている国の補助金を得るには、地域交通の課題を整理して「地域交通網形成計画」も策定しなければならないんですものね。

※ でもね、こうなってしまった背景には町の責任があるよね。JR存続を謳って何もしてこなかったんだもん。JR存続と言うのはイイ。でもね、その裏で粛々と次の対応を練る必要があったでしょ。そのことは前々から指摘してきたけど、聴く耳は皆無だったもの。
 
そして今やっていることは《仏作って魂入れず》そのもの。
 
計画を作るためにたくさんの税金(←多くは国からの補助金だが、それも私たちの税金)を投入し、たくさんの人の時間と労力を使っているのに‼️ そのデータを解析して考察しなければ、全てが浪費になってしまう。このままなら、出来上がった計画に町民の実態もニーズもほぼ反映されないでしょう(←充分な分析も論理的な考察もなされないから、思い込みと想像でできた計画にならざるを得ない)。

今日の審議会で、部会長の岸先生が「部会では(アンケートを詳細に詰めたものを元に)丁寧な議論を展開したい」「コンサルさんに、もっと分析をして欲しいと要望してある」と何度も言っていたし、審議会の方向性が混沌としているので、進め方を整理する発言を何度もしていたのに・・・ 議長を務める副町長は、岸先生の発言に理解を示す風をして当初の予定どおりに12月中に交通網形成計画の素案を作ることを提案し、審議委員は何も言わずに了承してしまった。
 
そんなのありえないでしょう‼️
 
詳細な分析をするには時間がかかるし、それを元に議論し考察するのだって時間が必要。12月中に素案ができるって⁉️ それって、いつから誰が作っていたの?
 
「丁寧な議論を展開したい」と忙しい岸先生が月形町民のために提案してくれているのに、そこまで真剣に取り組んでいる大学教授がいるのに、それを町が任命したのに、全く活かさないなんて考えられない。どうかしているでしょ。
 
これまで数々の計画策定過程を見てきたけれど、今回は最悪。
  
今のままでも最悪なのに、ここに「バスターミナルと複合施設の建設」が積み上がるなんて‼️ 
今どきハコモノ行政だなんて⁉️

今日は・・・ 言葉にならない。

2018年10月29日

ご近所総出で○○【町内会行事/廃品回収と観楓会】

10月末になってきて天気も荒れ模様です。誰もが冬支度で忙しい中、先週土曜日(10月27日)は町内会行事がありました。
 
朝9時からは廃品回収。これまでは子供会が年2回実施してきたのですが、少子化もあって春の1回だけに。冬ごもりする前に不要品を整理したいと、今年から町内会主催で廃品回収をすることにしました。
収集するのは、新聞紙・雑紙類・ダンボール・缶・金属類(雑品)。今の時代、ビンはもう有価物ではないのですね〜。一升瓶を大切にとって置いたけれど、これは町の資源ごみに。

正午からは花壇の片付けをしようと計画していましたが・・・ 大雨で断念。

そして午後12時半からは観楓会。といっても、近所の会館で食事会をするだけなんですけどね♪ 

午前中から女性陣が会館に集って20数人分の食事を作りました。ちらし寿司、オードブル、ポテトサラダ、お刺身、果物・・・ みんなで集まってご飯を作るのは楽しい〜。一昔前まではお葬式の賄い作りがあったけれど、今は「仕出し」でお役御免に。こういう機会は貴重です。
12時半には町内会のみんなが集まってきて、顔を見て食事しながらおしゃべり。超超高齢化した町内会なので、こういう機会に顔を見て、それぞれの状態や状況を把握して・・・とっても大事な機会になりました。

町内会のみなさん、お疲れ様でした!

2018年10月16日

あ〜ぁ、そうじゃない!【月形町創生総合戦略審議会・傍聴】

昨晩(10月15日)、月形町役場で平成30年第2回月形町創生総合戦略審議会があったので傍聴してきました。

町民アンケート(8月3〜14日実施)、事業者アンケート(9月上旬実施)の結果報告とKPI(重要業績評価指数=目標に対してどれだけ達成できたか)が議題でした。今回町民アンケートを採ったのは平成27年に策定した地方創生の様々な政策の中間評価をするためです。

細かいことを書き出したらキリがないのですが、1つ例を挙げてみます。

町民アンケートは18歳から69歳までの対象者(1772人)から1000人を抽出して送付、384人から回答がありました(回収率 38.4%)。回答者の33%(127人)が60代、20代+30代は19%(75人)でした。

アンケートの中に「子育て(小児医療環境)の充実について」というものがあります。全ての人に「子育て(小児医療環境)に満足しているか? 重要度は?」と聞いていて、結果「満足・やや満足が50.5%になった。基準年の満足度が22.4%だったので向上している」という結論でした。
ですが・・・ 自由記載には19人が記入、記載内容のほとんどは子育て世代の人からの要望や不満でした。委員の1人から「自由記載を読む限り満足度が50%というのは信じられない」という意見があったものの「こういう結果が出ているので・・・」と、役場担当者も委員長もそれ以上突っ込むこともなく・・・

あ〜ぁ、そうじゃない!  傍聴席から大声を上げそうに。

私の見解です。
子育てと無縁な人からもアンケートを採っているので、施策の中身や実態を知らない人(たぶん全体の7〜8割)も回答しているから満足度が上がっただけ。自由記載を見る限り、子育て中の人は不満が多いように見える。本当に「子育て(小児医療環境)の充実」を実現しようとするならデータを詳細に分析すべきで、アンケート原簿から子育て世代を抽出しその回答がどうなっているのか、再考する必要がある。

不満を解消したり施策のヒントを得ようとしたら、当事者に目を向けることが必須で、たとえ少数意見であってもそこ事実・実態があるのだから重要視しないと!

アンケート調査には多額の費用がかかっているのに、そこには多くの町民が貴重な時間をかけて考えや気持ちを書き綴っているのに、それが結果にも今後の施策にも活かされないなんて! 悲しくなりました。

審議会ではこれ以外にも的を射た質問が1、2出ていたものの、その回答は・・・

審議会はアンケート結果を受けて中間評価の答申を出すという流れなのですが、このあと「答申案を事務局(役場)が作成し、各委員に郵送して了解を得たことにする」という手続きが了承されました。このアンケート結果をどう考察するかという最も大事な部分は何も解らないまま、話し合いもせずに進めるとのこと。ほとんどの委員が一言も発せずに会議は終了しました。

全くの「アリバイづくり審議会」になってしまったんですね。

2018年08月03日

さて、これからどうなる?【月形町広報紙「おしらせ号」廃止に対する意見書】

月形町民は「おしらせ号」が廃止になるかもしれないということを知っているのだろうか?

実は、7月5日発行の月形町広報紙「花の里つきがた」の13ページに、ひっそりと以下のような記事が掲載されていた。わざわざ《ひっそりと》と表現したのは、この意見募集の案内がこの1回だけだったから。ホームページにも、町内全戸設置のIP告知端末機にも掲載されることなく、これより先にも後にも町民の話題にも上ることなく、《唐突に》《ひっそりと》募集されていたのだ。


今年は春からずっと天候不順。7月2週目に入ってようやく晴れ間が見えだし、多くの町民が慌ただしく仕事に追われた7月に、町民の意見を募集しようとしても難しいのではないか。それでも「町民の声を聴いた」とアリバイ作りして、廃止に向かうのだろうか?

〆切間際の7月31日の夜中、私は意見をメールで送信した。
(後日、問い合わせたら「メールを確認いたしました。今回いただいたご意見を検討していきます。この度は、貴重なご意見ありがとうございました。」との返事があった。)

私の提出した意見書は →

さて、「おしらせ号の廃止」は今後どうなるのか? 
見守りたい。

2018年06月19日

ハッキリして良かったけれど、何とも微妙な心境です。【JR札沼線バス転換容認の月形町長記者会見】

昨日(6月18日/月)の午後3時、月形町長が記者会見を開き、JR札沼線(北海道医療大駅〜新十津川駅)のバス転換を容認すると発表しました。町民向けにはその前(午後12時15分)に、各戸に設置されたIP告知端末で写真のような画面が配信されています(3枚目の写真)。

配信後すぐに道新記者から取材があったので、この件に対する私の考えをお話ししました。(一部は記事になって道新空知面に掲載=2枚目の写真/2016年9月の町長選で敗れた元町議の宮下裕美子さん(51)は「早い段階で住民説明会を開けば多くの声を集められたと思う。議会も独自に調査し、町民に積極的に公開すべきだったのでは」と指摘した。)

夕方のテレビでは記者会見の様子を放送していたようですが仕事で見る機会はなく、今朝の北海道新聞で記者会見の内容を把握しました。

町長が決断をしたことについては良かったと思っています。ずっとJR問題が町政の一番大きな課題のように扱われ、「まちづくり」の方向性が定まらない状態になっていたので、これで区切りがついて前進できると考えるから。これまでおざなりにしてきた「町民の暮らしに直結する最重要課題」についても「人と金と知恵」を割いてもらえると期待しています。

その一方で、この決定までのプロセス(経過・過程)には ????? と疑問符が並んでいます。今回の決定に関してだけでも

■なぜ昨日「バス転換容認」を発表したのか?
・・・ 上坂町長は、5月29日町民説明会や6月7日町議会一般質問でも「もう少し時間をかけて、町民の話を聞く機会を設けていきたい」と言ってきたし、6月13日地域交通活性化協議会でも「要望があれば膝をつき合わせて説明する」と言っていた。さらに住民説明会では「JR札沼線は4町にまたがっている。月形町だけの判断で決めるわけにはいかない」という発言もあった。それらは昨日までに決着がついたのか?
6月15日の道新は「18日に記者会見」と報道。国や道の6者協議(6月17日開催)の結果を待たずして発表日時を決めていたのだとしたら、結局、意志決定に至るポイントは何だったのか? ただただ雰囲気を見ていたようにしか思えない。何が決め手だったのか、どうして昨日だったのか、説明が聞きたい。

■町民の意見や要望をどのくらい聞いたのか?
・・・ 町として町民の声は聴いたのか?
「出前町長室を申し込む町民がいない」「町民説明会や町政懇談会に集まる町民は少ない」→「町民の関心は薄い」「(団体の長や一部サークルの)町民の意見は聞いた」ということなのだろうが、広く町民の声を聴くための行動をしたのだろうか? 
町民説明会も最終版でたった1度きりだった。町民が比較的時間のとれる冬場に小集会を持ってもよかったし、町内会や各種団体の新年会や総会等にゲリラ的にお邪魔して話を聴くこともできただろうに。何もしないで時間だけが過ぎた1年半が残念でならない。

■どうして町長は、最初にマスコミに発表するのか?
・・・ 最近感じるのだが、直接町長の口からは何も語られないのに、マスコミから重要事項が流れてくる。まるで二枚舌のよう。同じ町内のともすれば数mの距離にいる町長からは何も聞かされず、電波や紙などを経由し遠く遠く巡り巡って現実を聞かされる町民の気持ちを、上坂町長は考えたことがあるのだろうか?
確かにマスコミ報道は同じ情報を一斉に伝える伝達性に優れている。でも一方通行だ。町内向けとは言えIP告知端末も同じ。事実を知った私たち町民の表情や気持ちや意見が町長に届くことはない。
今日の道新(全道面=1枚目の写真)に「(新十津川町は)25日に町民説明会を開き、熊田義信町長が存続に関する判断を示す」「(浦臼町は)7月上旬をめどに斉藤純雄町長がJRの支援内容を示す町民説明会を開く予定だ」とあったたが、これが行政と町民の一般的な姿だと思う。

■公約を信じた町民への説明は?
・・・ 私がこれを言う立場ではないのは重々承知しているが ・・・ 町長選挙公約に「JR存続」「町民の話しをきいて町政を進める」と盛り込んだ上坂町長。選挙時からJR存続が難しいことは町民も理解していたが「JR存続運動」に期待した町民は多かった。それ以上に「上坂さんは町民の話を聞いてくれると言うから投票した。(宮下さんは自分の考えでどんどん勝手に進めそうだから入れなかった)」という町民の声を多く聴いてきた。行政と町民との信頼関係をしっかりと築くためにも、その期待に対してキチンと説明してほしい。お願いします。
__。__。__。__。__。__。__。__。

さあ、結論が出たからには前に進まねば!

これからの月形町を見据えて新たな「まちづくり」が始まります。
これから先は町民も交えた中で、月形の新たな「まち」の姿を構想しましょう。町にお任せではなく、頼るのでもなく、町民として自ら参加しましょう。もちろん議会も。

多様な視点を持ち寄って、より良い「まち」にしていきましょう。

1234567891011

検索


過去ログ

新着記事

  1. とってもちぐはぐ。アンケートに答えた町民や、ニーズを探ろうとする先生の声に応えなくていいのか⁉️【月形町地域公共交通活性化協議会の傍聴+町民意見交換会】
  2. ご近所総出で○○【町内会行事/廃品回収と観楓会】
  3. あ〜ぁ、そうじゃない!【月形町創生総合戦略審議会・傍聴】
  4. さて、これからどうなる?【月形町広報紙「おしらせ号」廃止に対する意見書】
  5. ハッキリして良かったけれど、何とも微妙な心境です。【JR札沼線バス転換容認の月形町長記者会見】
  6. ホンネはどこで?【月形町地域公共交通活性化協議会・傍聴】
  7. また先送り!?【JR札沼線沿線住民説明会】
  8. 地域の街並み再生〜エリアリノベーション・北海道【北海道自治体学会 2018年度総会&政策シンポジウム】
  9. おしゃべりは大事【パークゴルフ・お茶飲み・買い物での会話】
  10. 記者会見、知らせてくれたらいいのに【JR札沼線存廃問題】

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る