2019年01月16日

稲妻のごときエネルギーの放出【きたひと懇親会】

きたひとネットフォーラム2日目の報告の前に、やっぱりお伝えしておきたい「きたひと懇親会」。今年はいつもの貸し切り会場が借りられなかったので居酒屋になりましたが、それぞれの準備と工夫でそれはそれは素晴らしい懇親会になりました。(役員さんはとっても大変だったでしょう。本当にお疲れさまでした。)
  
その懇親会で(手前味噌で恐縮ですが)一番の盛り上がりは「7人のこびとの行進」だったでしょう。
 
7人のこびとが入場するやいなや、アイドル登場かと思うほどのフラッシュと歓声の嵐。それはそれは素晴らしい演出と演技。最高潮に盛り上がりました。
 
この企画の言い出しっぺは那須さん。ちょうど1年前の懇親会の時です。たまたま背丈比べの場面があって「きたひとには案外ちっちゃい人が多いから、7人揃えてこびとをやったら面白いかも」と閃いた! それで私に「宮下さん、7人のこびとの帽子を作ってくれない?」と相談がきました。
 
最初は布製の帽子を考えていたけれど、時間と手間と出来上がりを考えると「うーん、違うな〜」と、数ヶ月。あるとき夫の母(義母)が編んだひ孫の帽子の写真が送られてきてビビッときたわけです。
💖超カワイイ〜〜〜💖これだーーー‼️
 
そう、今流行の「どんぐり帽子」またの名を「ホイップ帽子」
 
幸いにも義母は編み物が得意で手も早い。早速作ってもらうことに。
編み方を思い出し(本を図書館で借りてたので手元になく、既に貸し出し中)、大人用にフィットするサイズに何度か試作して形を完成させてくれました。毛糸は娘が調達。東京在住の強みを活かして近所のオカダヤで素敵な色をチョイス。義母は1つのことに集中するタイプなので、ひ孫の子守りの合間を縫って「楽し〜い」と言ってあっという間に7色帽子を仕上げてくれました。
 
この帽子に「きたひと=北海道女性農業者」らしさを加えたくてタグをつけることに(ここでやっと私の出番)。こびとさんそれぞれの色と農作物をイメージして作っていきましたが、完成したのは「きたひと」の前日昼。もうギリギリの攻防でした(笑)
ちなみに、「赤いほっぺ」の小道具を作ってきたのは那須さん。前日夜に牛用の粘着包帯を丸く切って、クレヨンで赤く染めたんですって。
空知の月形とオホーツクの常呂で、それぞれ楽しい懇親会をイメージしてワクワクしながら作業してたんですよ〜。面白いでしょ。
 
そして当日のこの写真。
「7人のこびとと、帽子を作ってくれたお母さん」
《赤》    渡邊さん(幕別町・酪農)
《ピンク》  三井さん(本別町・ジャガイモ)
《オレンジ》 中村さん(千歳市・酪農)
《黄》    尾﨑さん(北竜町・スイカ)
《緑》    那須さん(常呂町・酪農)
《青》    高橋さん(美唄市・アスパラ)
《紫》    山崎さん(枝幸町・酪農)
 
ホント、幸せが溢れる素敵な写真でしょ💕
そう、とにかく全員が楽しんだんです。
 
これぞ「きたひと魂」。義母と私と娘が連携して作った帽子を、全道各地から集まったこびとさんたちが形にしてくれた・・・ 世代をまたぎ、場所を越えて、“繫がって”1つになった姿なんです。
 
それからもう1つ。きたひと恒例の相撲部門でも“繋がり”ました。
このあと開催された手押し相撲の優勝者・石高さん(中富良野町)に「横綱エプロン」が引き継がれたんです。この「横綱エプロン」は、初代尻相撲チャンピオンの私が次の尻相撲横綱の尾﨑さんに昨年プレゼントしたもの。その綱に尾﨑さんが名前を刺繍して、まるで代々受け継がれる優勝杯のようにして次世代・石高さんにプレゼントしてくれたんですよね〜。これも本当に素晴らしい💕
 

「きたひと懇親会」は本当に楽しい!
紹介したのはほんの一部で、他にもいっぱい楽しいことが・・・
来年は、ぜひ参加を♪

2019年01月15日

エネルギーの塊【きたひとネットフォーラム2019】

3連休の後半(1月13・14日)北大学術交流会館を会場に「きたひとネット(北海道女性農業者ネットワーク)フォーラム2019」が開催されました。今年のテーマは「活かす」。
 
毎年、当日準備〜最後まで参加しているのですが、今回は結構な出番や役割があったので、しばらく前から役員のみなさんと打ち合わせしたり私自身も準備をしたり。その分、達成感や満足感、充実感がハンパなかったです。「きたひと」に関わる人は常に全力。企画運営する役員+サポート隊も、登壇者も、参加者も、全身からエネルギーを放っていて、それはそれは眩しくて力強い。本当に素晴らしい集まりでした。
 
ということで、少し内容を紹介します。
__。__。__。__。__。__。__。__。

きたひとフォーラム2019

■第1部 提言
「百姓女のつぶやき人生」山川八重子さん(JAあさひかわ理事)

・山川さんが農家に嫁いで養豚業を営むに至った事情やその時の状況、それを支えた「学び」の重要性、そして指導的立場になって「学びの場」を作った経緯やその後の状況変化などを語ってくれました。
・農村にある男性と女性の役割分担や意識、それを改善するための具体的行動や気持ちの持ち方など、とても参考になるとともに共感できることがいっぱいでした。

 

■第2部 座談会「女性(人)と男性(人)、しがらみの脱却。自立へ」

提案者 山川八重子さん(JAあさひかわ理事)
    千葉 澄子さん(JAしべちゃ監事)
    稲村 英樹さん(北海道農業士協会会長)
    高松 聡 さん(農業改良普及センター上川北部支所長)
進行  中村由美子さん(きたひとネット会長)

・登壇者は既にしがらみから脱却した人達なので、発言は全て前向き。しがらみに縛られない発想や行動がどれほど力を生むのかを示していました。とても力強くて勇気を与えてくれる内容。
・一方、会場からの発言では、現状(もしくは過去に)男女差やしがらみが存在すること、それをどう打ち破るべきかという問いや意見がでていました。マイナス思考は自分の中で堂々巡りするもの。自分自身で越えられない壁をつくり、そこから出られなくなっているなあと感じました。こういう場で発言することで自分の声を耳から聴き、さらにその反応を全身で聴くことで壁を打ち破れるのではないかと期待しちゃいました(ちゃんと聴くことができれば必ずや打破できると思います)。
・私の感覚としては登壇者の発言の中にヒントはあって、やっぱり「学ぶ・外に出る・人に会う」であり、「考える・発言する・行動する」なんだなあと、私自身のこれまでを肯定し背中を押してもらえたようで、元気と勇気をもらいました。以下が印象に残った言葉。

○聴く力、認める力、褒める力、そして巻き込み力
○思っているだけじゃ何も変わらない。言葉にしなくちゃ。
○現状維持は衰退以外のなにものでもない
○表彰や案内は(世帯主でなく)連名で

 
ここで1日目は終了。つづきは、またあとで

2019年01月12日

人生における清々しい瞬間【月形町成人式】

月形町の成人式は、成人の日を含む3連休の初日(土曜日)の午後2時から毎年開催されています。今年は1月12日。15人の新成人が「成人の誓い」を行いました。

今年の新成人は子どもの頃から知っている世代。しばらくぶりに会ってみたら、みんなすっかり大人の姿で一瞬解らなかったものの、ふとした表情から「あぁ、○○ちゃん!」と解ってビックリでした。

人生における1つの区切りの成人式。清々しい瞬間に立ち会えるのは議員(来賓)の役得ですね。

気持ちも新たに【月形町新年交礼会】

月形町では毎年1月の第2金曜夜に、町と農協と商工会が主催する「月形町新年交礼会」が開催されます。今年は1月11日でした。

会場には様々な活動をしている町民と自衛隊美唄駐屯地のみなさんが集まって新年のご挨拶。例年通りに穏やかに執り行われました。


私も会場を1周しながらご挨拶。月形町は人口3200人ほどとこぢんまりしているので、ほとんどの方と顔見知りですが、実際に顔を合わせる機会はそうなくて、こうして顔を見て言葉を交わして・・・気持ちも新たに、有意義な時間になりました。

参加者の顔ぶれから様々な団体の世代交代が進んでいるように感じました。少しずつですが若い世代の参加者が増えているような・・・ それでも全体数が減っていて、人口減少と高齢化が進んでいるんですよね〜

2019年01月06日

受け手として【平成31年 月形消防出初式】

月形では、毎年1月5日が消防出初式。
役場等公共機関は1月7日からなのでココがスタート。関係機関の代表者が来賓として集まることもあって、新年のご挨拶の場でもありました。
 
3年ぶりに参加して・・・ 以前とは雰囲気が変わったのか、私自身が変化して見えるもの、感じるものが変わったのか・・・ 団員や来賓のみなさんとの対話から、公職の重みと議員の役割をヒシヒシと感じました。頭数が揃っていても「受け手」が足りないという現実。
 
議員がなぜ来賓として呼ばれるのか・・・ 
議員は【聴いて・繋いで・届ける】【課題解決の提案をする】のが仕事だから。議員は「受け手」であって、傍観者や名誉職ではないのです。

12

検索


過去ログ

新着記事

  1. 稲妻のごときエネルギーの放出【きたひと懇親会】
  2. エネルギーの塊【きたひとネットフォーラム2019】
  3. 人生における清々しい瞬間【月形町成人式】
  4. 気持ちも新たに【月形町新年交礼会】
  5. 受け手として【平成31年 月形消防出初式】
  6. 新芽が吹き出すイメージで!【2019年の私】

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る