2018年12月01日

稼業は花き生産【花き市場 表敬訪問@東京】

雪降り続く月形をあとに、一昨日から東京に来ています。目的は、我が家のスカビオサを売ってくれた市場関係者に会うため。大田市場と世田谷市場に行ってきました。

昨日、足立区の娘宅から始発(5:04)に乗り、モノレール流通センター駅に下車した頃に夜明け。歩いて大田市場に到着(6:10頃)すると、市場内中卸しで買付する花屋さんやPRでフェアを開催する生産者で賑わっていました。

スポットライトを浴びた色とりどりの花と甘い香り🌹花き市場ならではの華やかな雰囲気です。
この1本1本は全国各地の生産者が手塩にかけて育てた農作物で、人の手から人の手に渡って行くし、ここで初めてお金に変わるんですよね〜。感慨深いです。

さて、セリの開始は7:00。その前にスカビオサ担当者と会ってご挨拶と情報交換。今年から担当になった彼女とは電話だけのお付き合いだったので、顔の見える関係になって信頼関係が深まりました。

大田市場は機械ゼリ。私、初めて見ました! なるほどネ〜。物流、効率、コスト、バラエティ…色々感じるものがありました。

セリはまだまだ続いていますが中座して、今度は世田谷市場へ。

世田谷市場に到着したのは9:10頃で、セリ(機械ゼリ)は終盤。セリが終わるのを待って、スカビオサ担当者の小幡さんにご挨拶と情報交換。小幡さんはFacebookで各地の生産者と繋がっているので、月形の状況にも詳しい(笑)

そのまま中卸し棟へ。以前、我が家の圃場を訪ねてくれた(買っていただいている)中卸し(株)Q-cafes の社長さんに合わせてくれました。市場の人(特に小幡さんは)品物だけじゃなく、人と人を繋ぐのも(お話しも)上手なんですよね〜♪

それにしても、Q-cafsのディスプレイはとってもオシャレ。色合わせといい、香りといい、小物づくりの参考になります。社長さんも元気で明るい! お店に伺えて良かったです。
いくつものヒントをいただいて、市場の表敬訪問はお昼前に終了。

お忙しい中、お付き合いくださった関係者の皆さん、ありがとうございました。

1

検索


過去ログ

新着記事

  1. 稼業は花き生産【花き市場 表敬訪問@東京】

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る