1. ホーム
  2. ブログ(ゆみこの日記)

2018年11月05日

とってもちぐはぐ。アンケートに答えた町民や、ニーズを探ろうとする先生の声に応えなくていいのか⁉️【月形町地域公共交通活性化協議会の傍聴+町民意見交換会】

今さらだけど、あまりの現実に言葉も出ない。
(傍聴席だからじゃない。声は出ないけれど、心は叫んでいる。)
 
町(行政)は何をめざしているのか?
何のために町(行政)があり、計画があるのか?
ねぇ審議委員さん、声をあげてよ! そのために席に着いているんでしょ。
 
今日(11月5日・月)の午後「月形町地域公共交通活性化協議会」があったので傍聴してきた。さらに、その前(10月24日夜)に開催された(参加者の極々少なかった)「月形町の地域公共交通に関する意見交換会」には町民の1人として発言した。いずれの会議もあまりにもヒドイ一方的な町側の進め方と方向性に驚くとともに、問題を指摘する声(今日の審議会では岸教授、町民説明会では私の意見)には耳も貸さず淡々と予定通りの時間と展開で進む現実に、意気消沈。
 
月形町の置かれた状況は理解している。JRの廃線まで時間がなく、代替バスにスムースに移行するには早急にバス運行の検討をしなければならないんですよね。さらに、当てにしている国の補助金を得るには、地域交通の課題を整理して「地域交通網形成計画」も策定しなければならないんですものね。

※ でもね、こうなってしまった背景には町の責任があるよね。JR存続を謳って何もしてこなかったんだもん。JR存続と言うのはイイ。でもね、その裏で粛々と次の対応を練る必要があったでしょ。そのことは前々から指摘してきたけど、聴く耳は皆無だったもの。
 
そして今やっていることは《仏作って魂入れず》そのもの。
 
計画を作るためにたくさんの税金(←多くは国からの補助金だが、それも私たちの税金)を投入し、たくさんの人の時間と労力を使っているのに‼️ そのデータを解析して考察しなければ、全てが浪費になってしまう。このままなら、出来上がった計画に町民の実態もニーズもほぼ反映されないでしょう(←充分な分析も論理的な考察もなされないから、思い込みと想像でできた計画にならざるを得ない)。

今日の審議会で、部会長の岸先生が「部会では(アンケートを詳細に詰めたものを元に)丁寧な議論を展開したい」「コンサルさんに、もっと分析をして欲しいと要望してある」と何度も言っていたし、審議会の方向性が混沌としているので、進め方を整理する発言を何度もしていたのに・・・ 議長を務める副町長は、岸先生の発言に理解を示す風をして当初の予定どおりに12月中に交通網形成計画の素案を作ることを提案し、審議委員は何も言わずに了承してしまった。
 
そんなのありえないでしょう‼️
 
詳細な分析をするには時間がかかるし、それを元に議論し考察するのだって時間が必要。12月中に素案ができるって⁉️ それって、いつから誰が作っていたの?
 
「丁寧な議論を展開したい」と忙しい岸先生が月形町民のために提案してくれているのに、そこまで真剣に取り組んでいる大学教授がいるのに、それを町が任命したのに、全く活かさないなんて考えられない。どうかしているでしょ。
 
これまで数々の計画策定過程を見てきたけれど、今回は最悪。
  
今のままでも最悪なのに、ここに「バスターミナルと複合施設の建設」が積み上がるなんて‼️ 
今どきハコモノ行政だなんて⁉️

今日は・・・ 言葉にならない。

comments

コメント・フォーム

(ゆみこの日記 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

コメント・フォーム

検索


過去ログ

新着記事

  1. とってもちぐはぐ。アンケートに答えた町民や、ニーズを探ろうとする先生の声に応えなくていいのか⁉️【月形町地域公共交通活性化協議会の傍聴+町民意見交換会】
  2. 来春の政策シンポ企画は着々と【北海道自治体学会 運営委員会】
  3. 投票日は12月16日(日)【月形町議会議員 補欠選挙】
  4. 宮元議員のご冥福をお祈りします。【町議会議員の死去と補欠選挙】
  5. ご近所総出で○○【町内会行事/廃品回収と観楓会】
  6. 【講演会のご案内】2018女性プラザ祭「政治を変える。女性議員を増やす。」
  7. 選挙の基本を再確認【自治立志塾・例会】
  8. なんと! ホント? えー!!【月形町議会臨時会・傍聴】
  9. あ〜ぁ、そうじゃない!【月形町創生総合戦略審議会・傍聴】
  10. 【北海道自治体学土曜講座・完結/完了】

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る