2018年08月03日

さて、これからどうなる?【月形町広報紙「おしらせ号」廃止に対する意見書】

月形町民は「おしらせ号」が廃止になるかもしれないということを知っているのだろうか?

実は、7月5日発行の月形町広報紙「花の里つきがた」の13ページに、ひっそりと以下のような記事が掲載されていた。わざわざ《ひっそりと》と表現したのは、この意見募集の案内がこの1回だけだったから。ホームページにも、町内全戸設置のIP告知端末機にも掲載されることなく、これより先にも後にも町民の話題にも上ることなく、《唐突に》《ひっそりと》募集されていたのだ。


今年は春からずっと天候不順。7月2週目に入ってようやく晴れ間が見えだし、多くの町民が慌ただしく仕事に追われた7月に、町民の意見を募集しようとしても難しいのではないか。それでも「町民の声を聴いた」とアリバイ作りして、廃止に向かうのだろうか?

〆切間際の7月31日の夜中、私は意見をメールで送信した。
(後日、問い合わせたら「メールを確認いたしました。今回いただいたご意見を検討していきます。この度は、貴重なご意見ありがとうございました。」との返事があった。)

私の提出した意見書は →

さて、「おしらせ号の廃止」は今後どうなるのか? 
見守りたい。

1

検索


過去ログ

新着記事

  1. さて、これからどうなる?【月形町広報紙「おしらせ号」廃止に対する意見書】

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る