2018年06月08日

これが修正案可決までの経過と中身【月形町議会第2回定例会・傍聴】

今日は定例会2日目、議案審議。そこで思わぬことが起きた。月形町議会で2例目の修正案が可決されたのだ。以下、その経過と修正案の中身を詳しく紹介する。

議案は「国民健康保険月形町立病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について」。

今年4月から新しい医師1人体制になった町立病院は、10月1日から新たに在宅訪問診療を行うことにした(新しい医師が訪問診療の専門らしい)。そこで「在宅訪問等交通費=訪問診療時にかかる往復の交通費」を患者が負担することとし、その金額を盛り込んだ改正条例が提案された。

■町側の説明によると・・・
1)交通費は他の公立病院の実態を参考にして設計。
2)金額は、社会福祉協議会が運行する福祉タクシーと同じ基準で設定。病院に配置された公用車2台で対応するが、出払っているときは登録された職員の車を使うこともできる。
3)それでも移動手段がないときは営業車(タクシー)を使用する。その場合の交通費は実費とする。(←滅多にない事例だと思うが、ないとは言えないので規定した。)

■ここで議員から質疑!
・病院側の都合でタクシーを使うのに、その費用を患者に請求するのか?
・町の外れに住んでいる人のところにタクシーで行ったら5000円以上かかる。公用車のときと金額が違いすぎている。不公平ではないのか?
・全てを基本の料金にできないのか? 
・営業車の利用が滅多にないなら、差額は病院が負担してもいいのでは?

傍聴席の私は、町民目線で考えて至極当然の質問だと思った。

■これらの質問に明確に答えられない町側の状況を見て、議長が審議を止めて休憩に入った。議長と町長や病院事務長など関係者が別室に向かう。再開時刻になっても話がまとまらないようで、数回休憩が延長され、そのまま昼休憩に。

■午後1時30分。再開と同時に楠議員から修正動議の声がかかり、修正案の審議へ。議案の別表中、在宅訪問等交通費の「営業者を使用した場合はその実費」を削除する一部修正案が提出される(賛同者3名)。審議の結果、一部修正案は全会一致で可決。修正部分以外は原案を可決して終わった。
__。__。__。__。__。__。__。__。

質疑の時点で多くの議員がこの改正条例に不満を持っていたので、このままの議案で通すわけにはいかないという雰囲気に。休憩中の雑談では以下のような案が話題に出ていた。
1)今回は否決、町側が9月定例に出す直す(←否決した前例ナシ)
2)一旦議案を取り下げ、町側が修正したものを追加議案として今定例会に提出する(←過去に1例アリ)
3)「運用で対応するから」という口約束をした上で、このままの議案を可決(←うちの議会では常套手段)
4)議会が修正案を提出する(←数年前に1例アリ)

● 審議の状況から言って(4)がベストの対応だけれど、修正案を可決した当時の関係者は誰一人として今の議会にはいない。やり方が解らない中で、短時間で修正案を作って提出するのは難しいんじゃないかな〜。やっぱりいつも通りに(3)か、それとも(2)か・・・
そんな雰囲気が漂っていた中で(4)修正案が提出されたことに驚くと共に、それを実現できた月形町議会と議会事務局にあっぱれ!と嬉しくてしょうがなかった。

● というのも、実は過去に可決した修正案を提出したのは私。
当時、孤軍奮闘していた私に賛同する議員はほとんどなく、修正案すら提出できない状況が続いていたが、ある時「商工会への補助金の改正条例」に問題が見つかり修正案が必要に。賛同が得られそうな雰囲気になったのと、3月の当初予算審議時で会期が長かったことも功を奏して、初めての修正案づくりをした。
何もわからないけれど修正しなければとの一心で、議事については当時の議会事務局長(金澤さん)と係長(渡邉さん)が調べ、議案は私が議会事務局研究会に問い合わせて完成させた。それを当時の議長(笹木議員)が理解・協力してくれて・・・多くの力の結集があって修正案が提案され、そして、予算特別委員会、本会議と、月形町議会初の修正案可決となった。

このときのことが月形町議会の記録として残っていて、
今回の修正案提出に大いに役立ったそう ・・・ ヤッターーー!!

★ 先例を作ることの意義を感じられた今日、最高にHappy♪

なぜ議場で具体的な話をしないのか? JR札沼線問題【月形町議会第2回定例会・一般質問傍聴】

月形町議会平成30年第2回定例会は6月7日〜8日までの日程で始まった。初日は一般質問。

今回の一般質問は、我妻議員と楠議員から計3つの質問があった。その中で注目はやっぱりJR札沼線。傍聴席にはテレビカメラ4台に記者等、計12人の報道陣が詰めかけた。もっとも一般傍聴者は私のみ。傍聴ツアーを企画したのだが不発だったのだ。

さて、その注目された楠議員の質問のポイントは2つ。
Q1)5月29日の住民説明会の翌日「バス転換容認」と一部新聞報道がなされたことに対する町長の見解は?
Q2)JRの件で、議会と町側とで充分な議論ができていない。町民はそれ以上に情報が少ない。大多数の町民が納得できるプロセスを示して欲しい。今後のスケジュールは?

これに対し、町長の答弁は
A1)5月30日の報道は誤り。廃止容認と言っていない。他の報道機関に掲載されていないことを確認し、当該新聞社に抗議した。(容認するかどうか)まだ決めていない。
A2)JRと沿線4町が個別に議論する展開にはなっているが、4町は維持存続で一体化している。ただJR北海道を取り巻く全体の流れは予想より早く進んでいて、変化の兆しは感じている。
もう少し時間をかけて、町民の話を聞く機会を設けていきたい。
(→このあと「出前町長室で町民の声を聴く」と、従前と変わらぬ意思表示があった。)

再質問からは「まちづくりへの想い」が中心になる。
■Q■ 
・月形町の決断が北海道全体を左右するような立場に置かれている。報道や周りの状況に惑わされることなく「月形町としてどうなのか」の視点を大事に考えたい。
・JR月形駅は「まち」の中心。月形駅を中心にしたコンパクトで住みやすい「まち」を町民も望んでいる。
・総合戦略の中心にJRがある。JRは単なる交通手段ではない。まちづくりの柱。観光資源、観光振興としても大切で、インバウンドも見込める。
・(駅周辺の再開発は)地方創生で国からの支援も得られるだろう。
・「JRが無くなったら、うちの町は終わり」という町民の声が強い。声に出さない町民の声を感じてほしい。

■A■
・JRや「まちづくり」への想いは楠議員と同じ。
・将来の月形町にとって移動手段の確保は改めて重要だと思う。町内公共交通を協議していく。まちづくりをしっかり考えていきたい。
・JRがあってもなくても、駅前広場の整備はしっかりやりたい。総合戦略の柱として取り組みたい。
__。__。__。__。__。__。__。

私はこの議論を傍聴席で聞きながら、釈然としない気持ちでいっぱいだった。

というのも、先日の住民説明会で示されたのは、JR札沼線を月形まで存続させることも難しいという揺るぎない事実。それでもなお存続議論をするなら「町はいくらまで負担できるか?」「どうすれば財源確保できるか?」などの具体的な話しをする(話ができる)段階に入ったはず。その議論があって初めて「それなら存続のために頑張ってみよう」あるいは「こんな状況ならバス転換もしかたない」と、町民の納得(合意形成)への道が開かれるのではないか。

それに、議員から「決定までのプロセス」や「今後のスケジュール」が質問されたら、町長にはキチンと答えてほしい。答えない町長を目の前にしたら、議員はキチンと指摘してほしい。どっちも言いっぱなしで何も積み上がっていなかった。

それなのに「想い」を延々と語る。JR問題が浮上した頃からずーーーーーと同じように「想い」を語り合って終わりにしてきた。もうそのことはイイから、次の手立てを考えましょうよ!と、言いたかった。


議会が始まる前、傍聴席に顔見知りの記者がいたので「どうして傍聴に来たんですか?」と聞いてみたら「町長が(バス容認と)発言するかもしれないので」とのこと。私は「いや〜今日この場でそんな発言はないと思いますよ。結論はいつも先延ばしだから」と言ったのだけれど、結局その通りになってしまった。 おしまい

1

検索


過去ログ

新着記事

  1. これが修正案可決までの経過と中身【月形町議会第2回定例会・傍聴】
  2. なぜ議場で具体的な話をしないのか? JR札沼線問題【月形町議会第2回定例会・一般質問傍聴】

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る