2015年09月17日

議員の議決権行使の重み【月形町議会平成27年第3回定例会・国会】

平成27年9月17日(木)早朝、まだ国会は動き出していない。安全保障関連法案は参議院特別委員会での攻防が続いている。

一方、月形町議会は、9月15日(火)に平成27年第3回定例会(平成26年度決算特別委員会を含む)を閉会した。新聞報道を見ると、いつも通り何事もなく終了したように見えるだろう。確かに結果はそうだった。けれど、これほど審議が白熱し、休憩が何度も挟まれ、決算不認定もあり得る状況になったのは初めて。この定例会中、討論と起立採決が行われたのは3回。そのどれもが僅差であった。

■平成26年度決算特別委員会における月形町一般会計決算認定 → 認定
・討論:賛成討論(なし)
    反対討論(宮下
・採決:賛成 4(我妻、松田、出村、金子)
    反対 3(宮下、笹木、平田)
 ※ 議長(堀)、監査(大釜)、決算特別委員長(楠)は採決に参加しない。

■本会議における月形町一般会計決算認定 → 認定
・討論:賛成討論(金子)
    反対討論(宮下、笹木)
・採決:賛成 6(我妻、松田、大釜、楠、金子、平田)
    反対 3(出村、宮下、笹木)
 ※ 議長(堀)のみ採決に参加しない。

■「塵芥収集及び衛生センター管理業務」に関する調査特別委員会
  設置の発議(提出者:宮下、賛成者:笹木)
 → 否決
・討論:賛成討論(笹木、我妻)
    反対討論(大釜、松田)
・採決:設置に賛成 4(我妻、出村、宮下、笹木)
    設置に反対 5(松田、大釜、楠、金子、平田)
__。__。__。__。__。__。__。__。

これほど白熱したのは、決算特別委員会でいくつもの疑念が見つかったからである。その疑念を「確かめたい」と思うか、「疑念はあるも、よしとする」か、その判断が分かれた。

私が反対討論で指摘したのは
◆塵芥収集及び衛生センター管理業務における4tトラックの問題
 ・4tトラックの購入経緯・所有権・処分への疑念。
 ・あるべき財産・収入が平成26年度会計に繰り入れられなかったこと。

◆上記事業において同一業者との約30年にわたる随意契約(4tトラックと関連)
 ・委託料約3,000万円の事業が、特段の理由もなく一者特命随意契約であったこと。
  (なお、平成27年度からは広域処理によるシステム変更。入札実施。)
 ・随意契約を続けてきたことを「しかたなかった」とした町長(行政)の不作為。
  (制度改変や毎年業務委託時の検討や、監査委員からの指摘を無視)

◆認定こども園開設準備事業の設計と執行
 ・業務委託にもかかわらず、指定管理者制度と混同した曖昧な設計と執行
 ・予定業務が執行されなかったにもかかわらず精算していないこと。
 ・開設準備のために必要な事業とその経費は適切だったか。
※審議に先立ち、私は情報公開条例によってこの事業の資料を請求。入手した委託料の事業設計は全て黒塗り、精算資料は非公開。明解な説明なし。(詳しくは一般質問で)


指摘した問題は個別具体的であるが、単なる「間違い」ではなく、体質的な要素を含んでいる。一つを見過ごせば月形町全体に波及しかねない(あるいは既にそうなっていることの一端かもしれない)。

そこで、最も疑念が大きかった「塵芥収集及び衛生センター管理業務」について、地方自治法第98条に基づく調査特別委員会を設置し、過去からの実態をしっかり調査し見極めたいと考え、動議を提出した。

賛成討論をした議員は
「決算審議での説明はどうしても納得できない。解明されていない。」
「決算を承認したが疑念は残った。自分の判断をよりハッキリさせるため調査したい。」

反対討論をした議員は
「多くの課題は残ったが、既に議会は承認した。今後は行政がしっかり検証し、適正に遂行していく。議会も求めていく。なので、調査特別委員会は必要ない。」
「多少の疑念はあったが、当時の政治状況等があったと思う。過去のことであり既に決算で認められたこと。平成27年度からは新たな体制でスタートしている。前に進んでもらいたい。地方創生を考えなければならない時に、この件に時間を割く必要性があるのか。」

これほどの意見対立があったが、結果は “いつも通り” である。
__。__。__。__。__。__。__。__。

《議決は重い》。一人一人の議員が何を考え、何を重視して議決権を行使したのかはわからない。しかし、その結果は全てその議員が背負う。町議会議員とて同じ。
町民のみなさんには、今回の各議員の判断を覚えていてほしい。

さて、国会もまもなく動き出す。
これからそれぞれの議員は、議決権を行使する。どう投票するか、その行為と結果は各議員に帰結する。私たち国民はそれらを覚えておかなければならない。

2015年09月08日

【ご案内】今週末(9月12日/土)は『土曜講座』、最終週末(9月26日/土)は『 地域フォーラム』

9月も2週目になり、どこの議会も定例会間近だったり、会期中だったり。それに、季候の良い9月はイベントも多いですよね。関係者ならその準備でお忙しいでしょう。加えて今年は「シルバーウィーク」なる最大5連休もあったりして。みなさん、慌ただしくお過ごしのことと思います。

そんな中、北海道自治体学会が後援や共催する『学びの場』が2つ。
興味を持たれた方、ぜひお越しください。
特に、議員のみなさんにはお勧めです。

※土曜講座は申込不要。直接会場(北海学園大学)へ
※地域フォーラム(岩見沢市)は申込必要 → こちら。〆切は9月18日(金)
__。__。__。__。__。__。__。__。

◆◇◆ 北海道自治体学土曜講座 ◆◇◆
第4回 『自治体議会を考える ~議会・議員の権能・責務とは~』

 2006年に栗山町議会が全国初となる「議会基本条例」を制定し、北海道発の議会改革は大きな波となり、全国の自治体議会にその流れが広がった。それぞれの議会で、改革・活性化に向けた努力が積み重ねられた結果、「組織としての議会改革」は一定の成果を収めている。今後は、議員個々の政策能力や事務局機能の向上といった次なる改革に向け、基本条例制定後の検証と併せ、議会・議員の権能・責務などの基本原理を再確認しながら、諸課題の整理など、論議を活発化しなければならない。
 また、自治体の自主自律を無視する事態が相次ぐ情勢を踏まえ、地域の持続可能性を確立する方策に、議会がどのように主導的な役割を果たすか、市民・首長・職員との向き合い方、選挙制度や議員の成り手問題など、身近な課題にも視野を広げながら、様々な角度から議論を展開していく。

【日 時】平成27年9月12日(土) 13:00~17:30 (受付12:30~)
【会 場】北海学園大学34番教室(札幌市豊平区旭町4 丁目1 - 40)
     ※地下鉄東豊線「学園前駅」下車。3番出口直結。駐車場なし。
【テーマ】 「自治体議会を考える ~議会・議員の権能・責務とは~」
【参加費】 1,500 円 

【内 容】
☆第1講 基調講演と事例報告(13:00 ~ 15:40)
 ・基調講演「地方議会人はどうあるべきか」
       森 啓(北海学園大学開発研究所特別研究員)
 ・事例報告「議会基本条例の制定と、今後の展望」」
       渡辺三省(NPO法人公共政策研究所理事)

☆第2講 パネルディスカッション(16:00 ~ 17:30)
 テーマ 「議会の権能、議員の職責」
 ・パネリスト ◆久保あつこ(旭川市議会議員)
        ◆あずま直人(旭川市議会議員)
        ◆武田 圭介(砂川市議会議員)    
        ◆菅原 文子(南幌町議会議員)
 ・司 会   ◆神原 勝 (北海道大学名誉教授)
__。__。__。__。__。__。__。__。

◆◇◆ 北海道自治体学会地域フォーラム
兼 岩見沢シチズン創立3周年記念シンポジウム ◆◇◆
『地域の魅力を高めるには ~ひとがあつまる情報発信~』

 自治体やまちづくり等の市民団体では、地域の活性化の様々な施策・活動や集客、移住などをPRするため、情報発信が精力的に行われています。
 本フォーラムでは、自治体等のブランディング戦略・広報研究の第一人者、地域の魅力を高め観光客や移住者を増やしている自治体の方、実際に北海道から世界に情報を発信している方をお招きし、情報発信という切り口から、地域の魅力の高め方について考えます。

【日 時】 平成27年9月26日(土) 13:00~17:00 (受付12:30~)
【会 場】 北海道グリーンランド「ホテル サンプラザ」
     岩見沢市4条東1丁目 TEL(0126)23-7788
      ※JR岩見沢駅より徒歩10分、無料駐車場有り
【テーマ】
「地域の魅力を高めるには ~ひとがあつまる情報発信~」
【参加費】 1,000 円 


【内 容】
☆基調講演 13:20~14:40
「地域の魅力を育て、伝え、人々の行動を促す戦略とは」     
 河井 孝仁 氏(東海大学文学部広報メディア学科教授) 

☆パネルディスカッション 14:55~16:50
・パネリスト ◆河井 孝仁 氏
       ◆松岡 市郎 氏(東川町長)
       ◆サムット トゥンサリーカセート 氏
        (北海道タイドットコム編集長)
・コーディネーター 
       ◆若生 幸也 氏
   (株式会社富士通総研第一コンサルティング本部)

☆交流会 18:00~20:00
 フォーラム終了後、同会場にて、参加者による交流会を行います。(参加費:5,000円)

☆エクスカーション/翌27日(日)
  炭鉱遺産やワイナリー、バラ園、JR岩見沢駅舎を巡る
 (参加費:3,500円、昼食(お弁当)付き)
        
<参加申込> 
 参加申込フォームは http://my.formman.com/form/pc/9ha7TXCiw7DgGy6e/
 申込〆切 9月18日(金)

※詳しい内容は、次のHPをご覧ください。
 ◇北海道自治体学会:http://jititai.net/hokkaido/
 ◇岩見沢シチズン:Face Bookで検索してください。

2015年09月06日

まもなく定例会。一般質問は5人、9月9日【平成27年第3回定例会/日程と一般質問通告】

風も雲も陽射しも、すっかり秋です。

積み上げられた課題に対処し、未来の平和に気をもんでいうちに、いつしか季節は巡っていきました。たった1ヶ月前が、あの蒸し暑い真夏日の日々だったなんて! 
私にとって今年の夏は2倍のボリューム、みなさんはいかがでしたか?

さて、まもなく(9月8日、今週の火曜日から)平成27年第3回定例会が始まります。今定例会は平成26年度の決算審議もある長くて重要な議会。そして、一般質問には5人もの議員が登壇(議員になって9年目ですが、たぶん最多人数です。3人の新人議員も全員行います)。様々な視点が飛び出しそうで、楽しみな議会です。

以下に定例会日程と一般質問項目(宮下分は要旨も)を掲載します。
みなさん、ぜひ、傍聴にお越しください。お待ちしています。
__。__。__。__。__。__。__。__。

平成27年第3回定例会[9月8日(火)〜15日(火)]

【日程】9月 8日(火)10:00〜 定例会第1日:議案審議
    9月 9日(水)10:00〜 定例会第2日:一般質問(5人、私は3番目)
    9月10日(木)〜14日(月) 平成26年度決算特別委員会
    9月15日(火)定例会第3日:委員会報告、意見案、会議案、他

【一般質問】
    順番1 大釜議員:1.交流人口対策について 
             2.流動人口について
    順番2 出村議員:1.ふるさと納税について
             2.月形温泉について
    順番3 宮下議員:1.月形町の情報公開の方針と運用について
    順番4 松田議員:1.JR学園都市線の代替交通(バス)について
    順番5 我妻議員:1.JR存続への取組みについて

【一般質問/宮下要旨】 

1.月形町の情報公開の方針と運用について[質問時間:50分/答弁者:町長、教育長]

 行政と町民との情報共有は住民自治の基本であり、協働や共生のまちづくりには必要不可欠である。そのために町は情報公開制度を持ち、町民が町政に関する情報を「容易に得られるよう努める」ことや「公開請求によらず情報提供できるものがある」ことを、ホームページに明示している。
 しかし昨今、町の機関から情報提供が『容易に』受けられない場面がいくつもあった。
 町はどのような方針で情報公開を進めているのか。また「公開請求によらず情報提供できるもの」と「公開請求によるもの」との線引きはどこにあるのか等、運用についても伺いたい。

1

検索


過去ログ

新着記事

  1. 議員の議決権行使の重み【月形町議会平成27年第3回定例会・国会】
  2. 【ご案内】今週末(9月12日/土)は『土曜講座』、最終週末(9月26日/土)は『 地域フォーラム』
  3. まもなく定例会。一般質問は5人、9月9日【平成27年第3回定例会/日程と一般質問通告】

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る