2014年05月27日

論点と着地点【認定こども園開設準備事業/H26年第3回臨時会/報告3】

ちょっと間が開いてしまいました。ゴメンナサイ。

平成26年第3回臨時会「認定こども園開設準備」報告3です。(前回まではこちら→報告1報告2)。


認定こども園開設準備事業の審議では、いくつかの論点が提起されました。大きく分けて3つ。

【論点(課題の整理)】
1.認定こども園開設に向けた準備の手順
 ・事業の主体はどこか
 ・子ども子育て関連法改正の影響
2.指定管理者制度に関係する手続き(法務の問題)
3.認定こども園開設の目的(幼児教育のめざすところ)と今取り組むべき課題

これらが混合した中での質疑応答だったため、解りにくかったですね。これら論点について、私の視点で整理したのですが・・・ 長〜くなったので、備忘録として別項目で掲載することにしました。興味のある方はご覧ください。
__。__。__。__。__。__。__。__。

【着地点(幼児教育のめざすところ)】

少子化が進む現在、子育て世代・若者世代にとって「幼児教育」はとても関心の高い事柄であり、幼児教育環境を整えるために転居もいとわない世代であることが、昔の感覚とは違っています。

この現状を踏まえれば、高齢化と生産人口減少に悩む月形町において、幼児教育が「まちづくり」の大きなポイントになることは明白です。つまり、今、月形町に求められているのは《現状維持》ではなく《一歩進んだ》幼児教育環境であり、比較すべきは《最先端の取り組み》なのです。

認定こども園開設準備の審議で、町側からも他の議員からも「混乱が起きないように」「スムースな移行」「不安を与えない」などの言葉が再三発せられ、そのことが最も重要であり、着地点であるかのように語られてきました。しかし、本当にそれで良いのでしょうか?

私は「違う」と思っています。

誤解を恐れずに言えば、不安や混乱を抱くのは大人の感覚であって、子ども達は(最初は戸惑ったとしても)すぐに慣れます。子ども達にとって必要なのは《新たな世界》であり《飛躍》です。

自分の子どもの頃を思い出してください。幼稚園(保育園)、小学校(中学校、高校)に上がる時、不安でいっぱいだったけれどワクワクも大きかったでしょう? 年度初めもそう、すぐに行事に集中していたのでは? 子どもは常に先を見て、先を楽しみにしているのです。

家庭ではできない飛躍的な発想や広い世界を示せる幼児教育環境を整えてあげたいと思いませんか?

子どもの達の求める幼児教育環境が整えることができたなら、子ども達も、その保護者も、これから子育て世代となる若者達も、きっと月形町に魅力を感じることでしょう。そうなれば月形町全体に活気が生まれ、町民にも誇りが生まれると思っています。

2014年05月21日

ステキなものを見ちゃった♪【日暈(ひがさ)と環水平アーク】

昨日(5月20日)の午前10時半頃。
農作業中、夫に声をかけられ空を見上げると・・・

目を引いたのは、樹木の後ろで虹色に輝く雲。虹のようだけれど虹でなし。
弧を描かず、透明感があって、絹糸が浮いているような感じ。虹色が鮮やかになったり、消え入りそうになったり。

そしてその上方、太陽の周りには大きな丸い暈(かさ)。こちらは太陽のように白く眩しく光り、外側に向けて糸を放っているよう。

その2つの雲は刻一刻と表情を変え・・・
ずっと見ていたい。
あ〜、でも眩しくて、眩しくて・・・ 手をかざしたり、目を細めたり。

あっという間に20分。
す〜っと何もなかったかのように消えていきました。
__。__。__。__。__。__。__。__。

調べてみたら、太陽の周りにあったのが「日暈(ひがさ)」。その下方に虹色に見えたのが「環水平アーク」。一緒に出現することは珍しいとのこと(ラッキー!!)。それと、お天気が悪くなる前兆の気象現象とか。

案の定、午後からは雲に覆われ、夕方にはポツらポツら雨が・・・。
それに翌日(今日)の天気予報は「曇りのち雨」。

私たちは、壮大な空間と時間の中で暮らしているんだと実感した一日でした。

ふとした瞬間に「宇宙の一員」だと思えるのも、農業をしているからこそ。
夫と二人、共通体験を分かち合えるのも、農業をしているからこそ。
大きく息を吸えば芽吹きの匂いがし、耳を澄ませば小鳥のさえずり、目をこらせば土色に化けた小さな虫の姿・・・身の回りに「命」がいっぱいあることを感じられるのも、その「命」からエネルギーをもらえるのも、農業をしているからこそ。

心を満たしてくれるステキな一日でした。

2014年05月19日

指定管理者制度を採用しているということは・・・【認定こども園開設準備事業/H26年第3回臨時会/報告2】

ひとしきり降った雨が止み、日射しが差し込んでいます。

先週パラパラ降り出した雨は週末にはしっかりと大地を潤す恵みの雨になりました。ただ、寒気も呼び寄せ、道北や道東、山間部では積雪になるほど。月形ではそこまで下がりませんでしたが、冷たい風が吹きやる寒い寒い週末でした。

そして今日は晴天。気温も上がる予報で、芽吹きの匂いが漂う清々しい日になりそうです。

さて、本題。
平成26年第3回臨時会の報告2、今回は「認定こども園開設準備事業」の中身と議論された内容について報告します。(報告1は →こちら
__。__。__。__。__。__。__。__。

これまでの経過/平成26年3月定例会・一般質問

昨年11月に町内唯一の幼稚園である私立大谷幼稚園が平成28年3月で閉園することが決定し、それ以降、今後の幼児教育について様々な場面で検討されてきました。月形町の方針が正式に発表されたのは、今年3月定例会の一般質問の答弁です。以下のような町側の意向が示されました(詳しいやりとりは→ こちら)。

【月形町の方針/平成26年3月時点】

1)町立認可保育所「花の里保育園(指定管理者:札親会)」を
                  平成28年4月から「認定こども園」にする。
2)円滑な移行の実現に取り組む
 ●平成26年度、27年度を認定こども園への移行期間とする。
 ●「大谷幼稚園」と「花の里保育園」の子ども達が不安を抱くことなく
              健やかで楽しく生活できるような取り組みを進める。
 ●平成26年度から「花の里保育園」の職員を2名増員する。
 ・業務内容:認定こども園開設準備
 ・「大谷幼稚園」との合同保育のコーディネート
 ・研修および認定こども園開設事務は、
         「花の里保育園」に増員した分をやりくりしてやってもらう。
  (臨時職員が通常保育にあたり、保育園職員が開設準備にあたる等。)
 ●認定こども園の運営は、「花の里保育園」指定管理者の札親会にお願いする。
 ●大谷幼稚園の先生2人も認定こども園に加わる。
3)認定こども園の開設準備を進めている。
 ●園開設準備組織を立ち上げ、協議・検討を重ねてより良い施設をめざす。
  実施予定内容・保護者との関わりを持つ
        ・先進地の視察(準備組織メンバーだけでなく保護者も)
        ・北翔大学を中心に研修を行い、質の高い施設への準備をする


【問題点の提起】
町の方針に対し、私は以下の問題点を提起しました。

■認可保育所と認定こども園は目的も仕組みも違う。延長線ではない。
■指定管理者制度の目的(サービス向上=保育や教育の質の確保と向上、行政経費の節減=保育料の低減、税金からの負担軽減)のため公募を行うべき。札親会ありきで進めることに疑問。
■指定管理者の指定には、それに必要な資格や見合った法人が応募し対応するべき。
■花の里保育園職員2名分の増員は、それに見合った業務量があるのか疑問。認定こども園開設で最も大きいのは事務作業(行政の業務)。
■認定こども園開設までに2年間あるので、新たな指定管理者を前倒しで指定すれば連携や業務の引き継ぎに充分な時間を使える。先行事例がたくさんある。
■花の里保育園職員の研修費用は本来、事業者側(札親会)が出すべきもの。認定こども園の質の向上が目的でも、町の予算に組み込むことは疑問。

私の質問に対し明解な答弁を得られないまま、一般質問は終了。

【その後】
指摘事項は持ち越しのままでしたが、事業が展開される前には必ず「補正予算」が組まれ議会が審議する場面(臨時会の開催)があります。その時までに指摘事項が再検討され新たな方針が提示されることもあるので、臨時会の開催を首を長くして待ちました。
その間、私自身も指摘事項の法的根拠を明確にするため、指定管理者制度について学びました。
__。__。__。__。__。__。__。__。

【臨時会に提出された補正予算】

認定こども園開設準備事業(教育振興費) 167万3千円
[内訳] 講師謝礼                 10万円
     職員普通旅費                4万4千円
     月形町認定こども園開設準備業務(委託料) 135万1千円
     諸車賃借料                 9万8千円
     負担金   全国認定こども園協会      6万円
           諸会議             2万円

[事業内容(町側の説明より)]
・認定こども園は(指定管理者として)札親会にやってもらう。
・認定こども園開設準備業務は、札親会に業務委託する。
・委託料の中身は、ほぼ人件費
  臨時職員(1名分)      5時間 × 20日/月 × 11ヶ月
  正職員時間外勤務費(2名分) 2時間 × 20日/月 × 11ヶ月
・委託内容は10項目以上あり(聞き書きにて、正確な文言は不明。)
  合同保育の計画と実施、教育基本目標の調査、指導計画と保育計画の調査、
  教育と保育環境の調査検討、施設の運営基準の調査、職員配置基準の調査、
  教育と保育の実践研修、子育て支援の調査、・・・
・委託料は各委託(業務)内容を積算したものではない。人件費として一括計上。
・幼稚園と保育園の合同保育は、年間10回を計画(1回の経費3000円×10回)

[その他]
・(町が主体の)開設準備組織は[案]の段階。発足していない。保健福祉課、住民課、教育委員会、札親会、大谷幼稚園が幹事会を作り協議する予定。

【質疑を通して明らかになったこと】
私の質問は3回の規定回数を超えたため、そのほとんどが「休憩中」という扱いになり、議事録に記載されない状況です。なので、今後その質問・答弁内容に問題があったとしても検証できず、言った・言わないの水掛け論になりかねません。よって具体的な質疑の内容について触れられません。
ただ、私の反対討論の中で問題箇所に触れていますので、そこから報告します。

■現在、認定こども園条例の制定も指定管理者の指定(議決)も行われていない段階で「札親会にやってもらう」と明言することは、指定管理者制度の手続きを無視していて法的に問題があると考える。町長は「問題ない。(開設時期の)平成28年4月までに行う。」と言っているが、本当か? もしどうしても札親会にやらせたいのであれば、先に条例の制定と指定を行うべき。

■指定管理者に指定する予定の札親会に、計画や方針の調査を行わせるのは問題があるのでは? 本来、幼児教育の方針や計画は町が作り、それに対して具体的な事業の展開を(複数の)業者側が提案、その中から最適なものを選び指定するのが手順。業者と一体となって方針や計画を作ったのでは検証も最適化もできない。指定管理者制度の利点を活かせない。

■札親会への委託料は各事業の積算とそれにより発生する人件費の計上ではなく、一括した業務量に対する人件費となっている。また委託事業の実施にあたっては(指定管理者制度による協定の範囲内の)保育業務とのやりくりを念頭においた設計になっている。
指定管理者制度では、協定の範囲内の業務(花の里保育園の業務=行政の代行)と新たに発生した委託業務(認定こども園開設準備業務)は明確に分けなければならず、委託業務部分に事業者の裁量はない。今回の事業設計に問題がある。

■「開設準備の主体は町の開設準備組織である」とのことだが、この会議に出席する大谷幼稚園関係者への費用弁償は計上されていない。花の里保育園側の分は委託料の中に含まれるのか? 
開設準備組織が事業の主体なら、会議の費用弁償を計上すべき。花の里保育園関係者へも委託料ではなく費用弁償として支払うべき。事業設計に問題があるのではないか?

■指定管理者制度では、指定管理者を[行政の機関][行政の代理]と位置付けている。このことから指定管理者に対して補助金は支出できない。教育長が言うように「認定こども園開設に向けた全体の研修であり、委託事業の1つ」であったとしても、使途目的が職員の研修であれば補助金の一種と捉えることもできる。問題があると考える。


【他の議員の意見】
以下の趣旨の質疑(楠議員)と賛成討論(鳥潟議員)がありました。

■町がやろうとしていることは理解する。しかし、やり方が悪いのではないか。町が主体となる姿勢が見えない。町のリーダーシップを示して欲しい。
   ↓
町長・教育長からの答弁「教育委員会が中心になって進めて行く。」「法に触れない形でしっかりやっていきたい。」「予算の使い方が説明できるようにやっていきたい。」

■今回の議論が「指定管理制度に適合するか」という法律論や監査的な方向に行っているが、議員が議論すべきは「町民のためになるかどうか」の政策論。保護者や子ども達が円滑に移行できるかは重要な視点。

■近年、指定管理者制度による官制ワーキングプアや保育士等の不足が問題になっている。また、平成27年度には法律改正(子ども子育て支援法の施行)もあり、現場の混乱も考えられる。指定管理者(事業者)に配慮が必要であり、事業者を変えることが必ずしも良いとは言えない。そういう時期ではない。

■認定こども園開設開設にあたっては保護者や子ども達に不安を与えないよう準備作業にあたって欲しい。「予算執行にあたって、疑念の起きないようにやっていく。」とのことなので、議員からの指摘事項も踏まえ、町長と教育長がリーダーシップをとって進めて欲しい。


審議の結果、採決となり 賛成8・反対1(宮下)で、原案通り可決しました。

2014年05月14日

賛成8 対 反対1で原案可決【H26年第3回臨時会/報告1】

いよいよ田んぼに水が入り出し、一日中トラクターの音が響いています。1ヶ月後には全ての田んぼで田植えが終わっているのですから、一年で一番活気のある1ヶ月間と言えるでしょう。

今日は小雨のぱらつく空模様。乾ききった大地にはお湿り程度の雨でしたが、それでも植物たちは喜んでいます。もちろん私も。


さて、5月7日に行われた平成26年第3回臨時会について、3回に分けて報告します。「臨時会の報告に3回も!?」とビックリされたことでしょう。実は色々ありまして・・・

当日の議題は2つ。通常なら15分とかからない議案数ですが、今回の議案(一般会計の補正予算)に「認定こども園開設準備事業」が含まれていたため、2時間以上の審議を要しました。もっとも質疑時間のほとんどは私が行ったので、審議を長引かせたのは私です。

通常3回までの質問回数を越え、いくつもの視点から質問を繰り返しました。町側の説明も答弁も終始不明解であり、事業の進め方や予算の組み立てに違法性を感じたことから、私はこの事業予算に問題があるとの判断に至りました。

そこで「認定こども園開設準備事業の全額減額の修正案」を提出しようと他の議員に呼びかけましたが、賛同者を得られず(月形町議会では、修正案の発議に2名の議員が必要)、残念ながら修正案の提出を断念。反対討論を行いました。
採決の結果、賛成8 対 反対1で原案通り可決となりました。


この「認定こども園開設準備事業」のあり方や進め方は、月形町の幼児教育に対する考え方を表しているとも言えます。なので、今回の議論の中身を多くの皆さんに知っていただき、皆さんにも参加していただいた中で、今後の幼児教育を考えていきたいと思っています。少しくどい内容かもしれませんが、どうぞお付き合いください。

なお、以下は当日審議された2つの議案の概略です。「認定こども園開設準備事業」については次の項で詳しく。
__。__。__。__。__。__。__。__。

平成26年第3回臨時会

議案1:専決処分の承認「名誉町民・故井上幸喜氏町葬にかかる費用」420万円
実際の公費負担は313万2648円(公葬実施マニュアルに従い実施。僧侶への謝礼等宗教的な部分は遺族負担)。不要額(予算の残金)は、今後の議会で補正するとのこと。なお、井上家より寄付がありました(月形町に193万0761円、月形町社会福祉協議会に30万円)。

議案2:一般会計補正予算
中身は「臨時福祉給付金等の財源振替」と「認定こども園開設準備事業」。

2014年05月12日

近況報告(H26年4月〜5月)

一足飛びに初夏の陽気。昨日の月形の最高気温は26.1℃!
ほんの3週間までまでは窪地に雪があったのにです。

今、まさに春爛漫。桜、キタコブシ(写真)、水仙、チューリップ、エゾエンゴサク、ヒメオドリコソウ、ニリンソウ・・・、そして山は春紅葉。まさに花の春です。


さて、この1ヶ月更新が滞っていたので、近況を。

《4月》
年度初めの総会や会議は例年通り。稼業の農業は順調な雪融けと晴天続きの恩恵を受けて、段取りよく種まきや植え付け作業。ここまでは想定通り。平凡な年度初めと思いきや・・・
実は、それ以外の時間のほとんどを使って「法務」の勉強をしていました。特に「指定管理者制度」。それから「市民自治」の基礎や歴史、考え方など。

どちらも必要に迫られての勉強ではありましたが、必死だからこそ解ることも多いんですね。理解が進むにつれて納得する場面が次々とあり、好奇心を満たす楽しい時間を過ごしています(継続中)。
私はもっぱら理系の勉強と仕事をしてきたので、「法」などの文系分野や思考方法は全くの初めて。「概念」「定義」を大事にして「言葉」や「単語」に表したり、その逆もあったりする思考方法や理解の過程は難しいのですが、面白いです。


《5月》
5月7日に臨時会が開催され、以前から私の中で大きな懸案事項だった「認定こども園開設準備事業」予算が提案されました。3月定例会の一般質問で問題を指摘していたので、
(1)それを受けて理事者がどう対応するのか
(2)私自身、問題提起したことの裏付け(法的根拠)をもって説明できるのか
などが議論のポイントだったと思います。それに「指定管理者制度」の理解も重要。
この件は長くなるのでまた別の項で。

5月10日には「北海道自治体学会総会&政策シンポジウム」がありました。旧知の仲間との情報交換は力になります。やはり「外」に出て行くこと、「外」に向かって意見を述べることはイノベーション(=飛躍)を起こすには必要不可欠ですね。

以上が今日までの主な活動ですが、今月は大きな予定が入っています。

5月31日(土)10:00〜 北海土自治体学土曜講座が開講されます。この日、私は討論者の一人として登壇します。この分野で実績を積んでいる研究者の皆さんと同じ壇上に立つことから、今から緊張しています。

この他、
13日(火)には「まちづくり常任委員会」。来年度から始まる新たなゴミ処理についてがメインテーマです。
17日(土)には、神原勝先生の土曜教室「市民自治歴程」の講義。

追われるような毎日ですが、時間をやりくりし、正面から課題に向き合いたいと思います。
瞬時に報告できない状況で申し訳ないのですが、遅ればせながらでもお伝えしたいと思っています。気にかけていただけたら幸いです。


1

検索


過去ログ

新着記事

  1. 論点と着地点【認定こども園開設準備事業/H26年第3回臨時会/報告3】
  2. ステキなものを見ちゃった♪【日暈(ひがさ)と環水平アーク】
  3. 指定管理者制度を採用しているということは・・・【認定こども園開設準備事業/H26年第3回臨時会/報告2】
  4. 賛成8 対 反対1で原案可決【H26年第3回臨時会/報告1】
  5. 近況報告(H26年4月〜5月)

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る