2013年02月28日

「議会の会議は、これを公開する」は何を意味するのか?

いつも「ゆみこの日記」を読んでいただき、ありがとうございます。

写真は「プラタナス」の実です。月形小学校の校庭、国道沿いで見かけました。
プラタナスは「鈴掛(すずかけ)の木」の和名もあり、鈴のような形の実がとってもかわいいです。
大木なので、立ち止まって見上げたら雪の綿帽子をかぶっていて、ほっこりした気持ちになりました。体も心もほぐれて、前向きになりますよ。


さて、今日は標題からして「カタソ〜」と思われるでしょう。それに、どちらかと言えば、固くて長い文章になってしまう私。
あ〜、なので頑張って軟らかく書きますので、どうぞお付き合いください。
__。__。__。__。__。__。__。__。

みなさんは「議会の会議は、これを公開する」という原則をご存じですか?

このことは地方自治法115条に明記されていて、議会運営の基本。
なぜ公開が必要かと言えば「住民の意思がいかに議会に反映しているかを広く住民に知らせるとともに、議会を監視させて、常に議会運営が公正に行われるようにする」ため。(議員必携より)

つまり、私たち議員や議会、あるいは議会の審議・議論の対象である行政(役場の仕事、理事者行為)がキチンとやっているかどうかを、町民のみなさんにチェック・評価してもらうために設けられた原則なのです。

「そんなのわかってる〜。どこの議会だって、本会議を公開しているじゃないか。」

確かにそう。どこの議会だって本会議は傍聴できるし、報道機関も入れる。議事録も文書で公開するは最低限の行為。インターネットでの公開や、本会議そのものを動画でオンデマンド放送しているところまであります。

でも、議会は本会議だけで成り立っているのではないんです。最終決定(議決)は本会議ですが、役場の仕事の中身を調べるのは「委員会」ですし、より細かな部分の審議や情報交換がなされるのは「全員協議会」や「議員協議会」。最近は「議会報告会」なども催されています。

本会議だけが公開されれば、それでOK?

この条項の主旨は、「住民の意思がいかに議会に反映しているかを広く住民に知らせるとともに、議会を監視させて、常に議会運営が公正に行われるようにする」こと。
議会に関する仕事の全てが公開される方向に進むことを促していると、私は解釈しています。


しかしながら現実は・・・「非公開」を求めたがる。
「公開になると話しにくい話題もある。秘密会の開催を。」
「議論を深めるために、(部外者は)席を外して欲しい。」
「(公開である会議の)開会前に、話し合いをしたい。」
そんな言葉で(手順を踏んで)、見えないところで話が進められることもある。

でもね、評価される側(議員や議会、理事者)の都合で「非公開」にするのは・・・
問題アリ
でしょう。


10年前と比べても、地方議会の権限と重要性は増しています(正確には、権限と重要性が増すように法律が改正されています)。それに合わせ「公開」もより一層進めなければ、公平性とのバランスを欠きますよね。
__。__。__。__。__。__。__。__。

ちなみに月形町議会の場合、現在は全員協議会まで公開しています。

●本会議  :傍聴OK 報道OK 議事録あり(ホームページで公開)
●予算、決算特別委員会:傍聴OK 報道OK 議事録あり(ホームページで公開)
●常任委員会:傍聴OK 報道OK 会議録の要点筆記あり(事務局問い合わせ)
●全員協議会:傍聴OK 報道OK 会議録の要点筆記あり(事務局問い合わせ)
●議員協議会:非公開

以前は会議の種類により「許可制の傍聴」だったものも「原則公開」になり、議事録が作成されているものはホームページ公開に。年々公開の幅は広がっています。
その中で特に「全員協議会」の設置(平成20年11月)は功績大。開催回数が最も多く、日常的な情報交換や審議を行う会議が、非公開の「議員協議会」から公開の「全員協議会」に移ったことで、議会情報の質も量も格段に増えました。

これらは地方自治法の改正が大きな引き金ですが、議会と事務局の努力で改善された部分も大きいです。


このように(月形町議会に限らず)公開の形はどんどん整ってきていますが、これから先も「どう公開するか」は議会のテーマ。経費と時間がかかる議事録の作成は難しいと思いますが、急速に普及しているICT(情報通信技術)を使えば、格安に、容易に、迅速に、情報配信することができます。また「議会報告会」を実施すれば、議員の生の声で議会の様子を伝えることもできるでしょう。

色々取り組むべき課題はありますが、最も重要なのは・・・それを使う側(議員、理事者)の意識ですね。

2013年02月22日

データは次の政策への一助【まちづくり常任委員会 2013.2.21】

雪が降りしきる中、2月21日(木)午前、まちづくり常任委員会が開かれました。

この日、千歳、江別、札幌、岩見沢方面がヒドイ雪で交通網がストップ。月形町内を走るJR学園都市線(札幌−新十津川)も終日全線不通。月形高校は臨時休校でした。

ですが、月形町内は雪が降りしきるものの対応範囲内で、小中学校も町の機能も普段通り。豪雪地域だけに底力があります。


さて、今回の所管事務調査は産業課分野の「平成24年産農産物の生産状況」「(昨シーズンの)豪雪による生産への影響」。他に、年度末なので「報告書の取りまとめ」も行いました。

昨冬は記録的な豪雪で、降雪は14m(例年の約1.5倍)、最高積雪深は2.6mにも達しました。農業施設(特にパイプハウス)の被害や融雪遅れが発生。一方、夏は高温期間が長く、こちらも例年以上。
様々な気象変化を受け、農産物の生産状況がどうなったのか。また、豪雪被害を受けたパイプハウス復旧に対して行われた補助(復旧費に対して、国30%、町50%の補助金支出)がどのように使われ、どのような成果を上げたのかが、今回の調査のポイントです。

以下に、調査内容の概要を示します。
__。__。__。__。__。__。__。__。

1.平成24年産農産物の生産状況

《米》 融雪が例年より2週間程度遅れたが、融雪剤の散布や育苗ハウスの早急な再建
   や修繕で、田植え時には若干遅れた程度。夏の高温で生育・登熟も順調に進み、
   最終的に平年以上(作況指数 107:南空知)の作柄。

《小麦》融雪剤の散布や圃場排水対策等に努めたが、一部発生した雪腐病部分は廃耕。
   それ以外の生育遅れは好転により回復した。登熟後半期の水分不足や遅れ穂の
   影響で、一部に細粒麦や未熟粒が混入したものの、品質は良好。規格外も含めた
   収量は前年並みだったものの、1等麦の比率が高く、良好な作柄。
   (前年比:作付面積 100%、出荷量 99%)

《大豆》秋播き小麦の廃耕による作付け転換や播種作業の遅れにより生育が心配された
   が、その後の好天により生育は回復、おおむね順調に推移。計画以上の取り扱い
   実績になった。(前年比:作付面積 114%、出荷量 215%)

《花き》大雪によるパイプハウス倒壊などの被害は甚大で、復旧は必ずしも順調には進
   まなかった(ハウス棟数が多い上、再建・修繕を自力で行うことによる)。
    このため、作付面積の減少、品目や作型の変更を余儀なくされた。また品目に
   よっては、8月後半からの市場相場の低迷や高温による品質低下が影響し、販売
   取扱高は前年から大きく減少した。
   (前年比:作付面積 92%、販売量 91%、販売額 84%)

《果菜:メロン・カンロ・スイカ》 ハウス、路地とも圃場の融雪促進に努めたが、
   大雪によるパイプハウス被害の影響は大きく、作付面積は前年より約2割減少。
   定植は例年より遅れたものの、好天により生育(着果)は良好に推移し、収量・
   品質とも前年並みになった。
   (前年比:作付面積 78%、販売量 93%、販売額 97%)

《その他:カボチャ・生食トマト・ミニトマト・加工用トマト》 
    生食トマトの作付面積が77%と大きく減ったものの、それ以外は95%程度で
   推移。販売量、販売額はいずれも平年以上。好天による。


2.豪雪による生産への影響

《被害と対策概要》
◆記録的な豪雪により、農業用パイプハウスを中心に被害が発生、
 全損壊・部分損壊を合わせた被害は1,161棟で、全棟数の6割に及んだ。
◆月形町の農業取扱高は、米が5割、施設園芸作物(花き、果菜)が4割。
◆パイプハウスは米の育苗、花きや果菜の栽培に必需。
 対策を打たなければ月形町農業の衰退に繫がるという危機感から支援策を打ち出す。
◆パイプハウスの復旧支援
 ・・・雪害で壊れたハウスを復旧する場合、普及に要した金額(資材・道具)の
   30%を国から(被災農業者向経営体育成先事業=3,400万円)
   50%を町から(5,820万円)補助。
   JA月形町は無利子融資を実施。

《豪雪による農作物生産への影響》
◆農業者は営農のため、融雪促進、排水対策、ハウス復旧など、農業者は早期から
 豪雪対策に取り組み、多くの経費と労力を費やした。
◆作目別の生育状況は上記1.に記載。
◆豪雪の影響を大きく受けたのは、パイプハウスの被害が甚大だった施設園芸作物
 (花き、果菜)。作付面積が減少したほか、品目や作型の変更を余儀なくされた。

以上が「まちづくり常任委員会」での調査内容ですが、このあと個人的に担当課に情報収集する中で分かったことは、

◎ハウスの復旧に際し、作目別に状況が違っている。
・米:被害を受けたハウスの多くがおおむね元通りに復旧。
   多くは補助を活用し、新しいハウスと入れ替えた。
・花き:ハウス被害の棟数も割合も多く、全てを元通りには復旧できていない。
   豪雪被害を契機にハウスの建て方を変更(雪害対策)、集約(経営改善)した
   農家も多い。また、新品を購入するより自前での修繕が多く、復旧単価は低い。
・果菜:花きほど被害棟数はないが、花きと同様の傾向。
__。__。__。__。__。__。__。__。

【個人的考察】
上記の◎が示すように、豪雪被害からの立ち直りは作付け作物によって違っていました。

米は戸別所得保障制度などにより作ることで安定した収入が得られることから、何よりもまず育苗ハウスの確保が重要な経営課題になりました。確実な収入を得るためにも、時間をかけずに復旧できる新しいハウスの導入が進んだと言え、今回の豪雪被害で、ある意味、生産体制改善がはかられたとも言えます。

一方、花きは生産に対する補償はなく、今回の被害ではいかに経費を抑えるかが経営のテーマ。そのため、豪雪被害が引き金となって経営縮小や集約化が加速したとも言えます。ある程度の復旧はできたものの、生産体制が維持できるかは微妙な状況です。社会の動きも含め、今後の動向に注目必須です。

個別の状況は様々ですが、今回の補助制度が有効だったのは言うまでもなく、制度のお陰で規模縮小がこの程度で収まったとも考えられます。何も手を打たなければ、もっと悲惨な状況になっていたことでしょう。

話題は少し広がります。
月形町は中山間地域なので、国の補償が手厚い土地利用型農業(米、麦、大豆など)を推し進めるには限界があります。地域経済や人口の維持を考えるならば、労働集約的農業である施設園芸(花き、果菜、野菜)の振興は欠かすことができません。TPPへの参加も不透明な現在、農業の底力をつけるという意味でも、町独自に施設園芸の振興策をとらなければ、月形町の農業がなくなってしまう・・・私はそんな危機感を持っています。

施設園芸、特に花きは、昨今の景気動向などから苦戦が強いられています。未来の展望が開けているとは必ずしも言えません。しかし、月形町が生き残るにはなくてはならないとも考えます。

それに「花の里」として力を入れてきた歴史があります。町中に花の名前の町営住宅が建ち、街頭の飾りも花がモチーフ。町報も保育園の名前も「花の里」。それに花をメインにした「新規就農者の誘致」。好むと好まざるとに関わらず、「花き」は月形町の政策の柱でした。だからこそ、現状をしっかり認識し、次なる政策を打っていかなければならないと思います。

それは必ずしも「支援」ではなく「選択と集中」なのかもしれません。
それでも「花き」は政策の大きなウエイトを占めているのは確か。展開や決断を避けては通れません。そう考えると、この豪雪は一つの転換点であることは確かです。


次の政策を打つにも、まずは現状認識が重要です。そのためにはデータ分析。

行政は過去から現在まで様々なデータを収集しているのに、残念ながら充分な活用ができていません。また、それを議論する議会も、データをきちんと読めていない。それに加えてじっくりと議論することが苦手です。

イメージで話をすることは簡単ですが、イメージは構築されるまでに時間を要しますし、主観も入ります。時代の流れが速い現代では、イメージで政策を論じているととんだ間違いをおかしかねません。データ分析が絶対に必要です。

行政も議会も、もっとデータを活用して、政策立案に活用を!!

2013年02月19日

泣けた〜【劇団がたっこ第8回公演「水平線の歩き方」】

先週末の行事第2弾。
それは劇団がたっこ定期公演。

今年で8回目の演目は「水平線の歩き方」。
2月17日(日)午後6時30分〜の1時間半。
場所は月形町多目的研修センター。

久しぶりに降りしきる雪の中、大勢の観客が集まりました。

【劇団がたっこ】 〜定期公演パンフレットより抜粋〜
平成17年12月に月形町内の高校3年生〜小学3年生までの有志で結成された児童劇団。現在団員、16名。2月の定期公演の他、夏祭りやボランティアセンター祭りへの参加。平成24年度空知しんきん「ふるさとづくり貢献賞」受賞。
__。__。__。__。__。__。__。__。

『水平線の歩き方』ストーリーは・・・ 

主人公は岡崎幸一。35歳になる社会人ラグビーの選手。
ある夜、酔って自分のアパートに帰ると、どこかで見た顔の若い女性(アサミ)がいた。それは幸一が小学6年の時に病気で亡くなった、母だった。

母が亡くなってからの23年間を話し始める幸一。叔父の夫婦の養子になり、ラグビーを始め活躍、ケガから復帰・・・

それぞれのシーンが舞台の上手と下手、暗転とスポットライトを使って次々に展開されていく。たくさんの出演者との関係が明らかになるにつれ、また過去から現在まで話が流れる中に様々に隠されたヒントがつなぎ合わされて、「今」が明らかになる・・・

ラストに向けて謎が解け、舞台上と会場との気持ちが一つになったところで、思いの丈を伝えようとする出演者の奥底からの絶叫! 一瞬で会場は涙に包まれました。
__。__。__。__。__。__。__。__。

お芝居の醍醐味を味合わせてくれた今回の公演。舞台は1ヶ所(アパートの1室)にもかかわらず、光の演出効果で、そこが海岸やラグビー場、会議室・・・と変幻自在に。実に素晴らしかったです。

私たちの見た完成形は、劇団員や演出家(河合先生・他)の創作の賜。そしてそれを支える人たちの希望。

台本という二次元の世界から、舞台という三次元の世界へ。その内容は、主人公を取り巻く「時」が行きつ戻りつし、場所もどんどん展開していく四次元の世界。それを全て1場面で創り上げ、一期一会の観客と一瞬にして気持ちを共有させるには、相当の努力とご苦労があったことでしょう。

演出家の意図を理解し演じていく役者も、演出を活かすために働くスタッフ団員も、創造性と実力は相当のもの。うんちくや背景など関係なく、お芝居そのものに感動しました。


毎年の公演で、心ふるわせるお芝居を見せ続けられるのは「継続」のなせる技。たとえ劇団員は成長・卒業して入れ替わったとしても、取り組みの姿勢や手法は引き継がれ、伝統や歴史となって次のステップの土台になっているのだなあと感じます。毎年、ちょっと上の台本に挑戦することも子ども達の向上に一役買っているのでしょう。


劇団がたっこのみなさん、感動をありがとう♪ 月形での冬の楽しみをありがとう♪

2013年02月17日

テーマは豆。超難しい〜【第6回うんまいべ!料理コンテスト】

この週末は行事が目白押しでした。
その第1弾は、毎年恒例、今回で6回目を迎える地産地消料理コンテスト『うんまいべ!』。主催は月形町地産地消計画推進協議会(会長:桜庭町長)、2月16日(土)に開催されました。

今年の応募作品テーマは
「広めよう!豆のチカラ〜我が家の豆料理
   〈月形産の豆を利用した創作料理〉」

月形町は転作等の関係で豆の生産(主に大豆。他にインゲン系の豆もあり)も盛んです。また、月形産大豆「トヨムスメ」を100%使った「まんまる納豆」が、障がい者支援施設・雪の聖母園の就労支援センター・オプスで月2万食も製造・販売され、好評を得ています。


さて、本題の料理。「豆」って、食物繊維や栄養素が豊富で身体に良い食材なのは分かっていますが、なかなか食卓に上らないですよね。豆料理の種類と言って頭に浮かぶのは・・・

我が家では黒大豆を毎年たくさんいただくので、黒大豆入りキーマカレー、黒大豆入りミネストローネ(スープ)、黒大豆のサラダなどに使っています。が、どれも「豆」の料理としてはありきたり。
大豆は味が染みこみにくく、かといって大豆の風味は弱くて負けてしまうので、「豆」の存在感を出すのは結構大変。料理コンテスト参加に向けて新たなレシピ開発はかなり苦戦しました。

そんな中での料理コンテスト。応募作品は主食・副菜・デザートと様々、どれも工夫されていて一つとして同じものはなく計26作品(13の個人・グループが参加)。見た目もきれいで美味しそうなものばかりでした。創造的で可能性が広がっているのが料理なんですね。
__。__。__。__。__。__。__。__。

それでは入賞作品をご紹介します。

★グランプリ  :「とら豆とコーンのスープ」           齊藤 香さん

★準グランプリ :「ソイ・ミルクレープ」            チームビーンズ

★特別賞    :「まんまる肉納豆」               今井 学さん

         「超簡単!黒千石をそのまま食べよう!」
              NPOコミュニティーワーク研究実践センター月形事業所

         「大豆がゴロゴロ ソイアップルパウンドケーキ」 金澤絵美さん

★会場賞    :「とら豆とコーンのスープ」           齊藤 香さん
        
         「青大豆バター」                  JA女性部

★まんまる納豆賞:「まんまる納豆・黒千石豆もやしの春巻き」    新谷禮子さん


入賞の常連さんに混じって、新しい顔も。特別賞の今井さんは今年初参加の男性。お料理上手で今年出品した4作品のどれも「おいしい〜」と人気がありました。

また、同じく初参加で特別賞のNPOコミュニティーワーク研究実践センター月形事業所。都会から月形町内に暮らしを移し、共同生活をしながら就労体験や生活体験を積んでいる若い男女のグループで、月形で冬を越すのは初めての彼ら。「うんまいべ!」の雰囲気に圧倒されていたようですが、出品作品は高く評価され、自信に繫がったのではないでしょうか。
__。__。__。__。__。__。__。__。

色々な作品の中、私が最も気になったのは、まんまる納豆賞も受賞した「まんまる納豆・黒千石豆もやしの春巻き」
黒千石大豆を使って自ら「もやし」を作り、他の野菜や納豆と合わせて春巻きにしたもの。大豆を「もやし」にして使うというその発想にまずは感動しました!!

もちろん味も1級品。一口食べると春巻きのパリッとした食感。次に野菜たっぷりの具は繊維質豊富でしっかりとした歯ごたえ。そしてゆっくり噛みしめるほどに豆もやし、納豆、にんじん・・・と様々な味が口いっぱいに広がっていきます。食感が楽しく、素材の味もしっかりした絶品でした。


そうそう、私の出品作は「まんぷく肉団子」。
生姜の効いた豚肉団子の表面に黒大豆をまぶして揚げたもの。肉団子の中にはチーズと練り梅が入っています。食べ進めるほどに食感と味の変化があり、大豆の効果で満腹感も大な一品です。

入賞はできませんでしたが、友人や家族には「おいしい」と言ってもらえました♪
__。__。__。__。__。__。

「うんまいべ!」は回を重ねること6回目。毎回、出品作品は工夫が凝らされ感心することしきりですが、企画や運営も毎回少しずつ変化・工夫されてきています。今回から見学・試食に来た人たちに投票券が渡され「会場賞」が設けられました。自分がコレと思うものを選べるのって、良いですよね。

それから今回のテーマの一つ「まんまる納豆」を使った作品のみを対象に、まんまる納豆を製造販売しているオプスの責任者が受賞作品を決める「まんまる納豆賞」もnice!
自分たちが製造したものが料理として変化し、それを味わうのは、製造者として本当に嬉しいでしょうね。地域にある事業所ならでは。まさに地産地消の賜だと思いました。

色々進化している「うんまいべ!」ですが、ここでの発表された作品が、暮らしの中で日の目を見ないのが何より残念です。レシピとして紹介されるだけではやっぱり物足りない。
商品化するのは手間やコストなど様々な課題はあるでしょう。それでも何かしらのエッセンスを活かし、どこかの飲食店で食べられたり、学校給食の一品として提供されたりしたら、考案した甲斐があるでしょうね。

ずっと参加している料理好きな一町民の、ささやかな夢です。

2013年02月14日

木も見て、森も見て【議員活動:地域回りから】

昨日はとても気持ちの良い晴天。日中は春の日射しと相まって
「暖かくて良い日ですね〜」
が挨拶の定番の一日となりました。(最高気温−2.0℃)

1月下旬以降は際だった降雪もなく、約3週間、穏やかに過ぎています。初冬の「豪雪の雰囲気」とは一変、雪の降らない生活がこれほど気楽で(身体も)楽なことを、今更ながら再認識しました。昨シーズンはとんでもなかったですからね。

写真は町内の木に止まっていたカケス。
きっと暖かさに誘われて出てきたのでしょう。エゾマツの梢をチョンチョンと飛ぶように駆け上がり、てっぺん近くで大きく深呼吸といった風情でした。(カケスは雀に比べ相当に大きな躰なので、チョンチョンよりユサユサと言った方が近いかも。)


さて、私の方はここしばらくの議員活動として、地域回りに精を出しています。行事に参加したり、集会に呼んでいただいたり。縁のある人や町政に関心のある人、お電話をいただいた人を訪ねたり。感想や意見、悩み事などを伺って町内を歩いています。

2月5日に「議会だよりNo.6」が発行になったこともあり、町民のみなさんも議会や町政に関心が高まっているようで、話しはとっても弾みます。
やっぱり情報発信は重要ですし、情報発信がなければ始まらないですね。


この地域回りで感じることは、町民のみなさんは実に様々な視点もアイデアも持っているということ。これは本当に当たり前のことなのですが・・・

行政に関わっていると(というか、理事者の答弁を聴いたり、一部の管理職や職員と話していると)町民の意見や考え方は「一方向」、行政のやり方は「一つ」みたいに聞こえてきます。いくら「多様性」「少数意見」と言っても「う〜ん」という曖昧な返事と共にそれ以上進まなくなり、結果として当初からの既定路線で進んでいきます。この、現実との乖離が「お役所仕事」「お上」となって人心から離れていくのだなあと、改めて感じました。


『木を見て森を見ず ・・・ 物事の一部分や細部に気を取られて、全体を見失うこと』

確かに、こういう場面は往往にしてあります。しかしながら、物事の変化は細部から始まるのだから、現状打破や新たな展開の模索では「木を見る」事も重要です。「森だけを見て、木は見なくてもよい」とはならないでしょう。

もちろん「森を見る人」はそれなりの立ち位置に構えているでしょうから、そこから「木を見る」のは存外大変だと思います。だからこそ普段から「木を見ている」「木が身近にある」町民のみなさんの視点やアイデアに手助けしてもらわなければ!

写真のカケスもそう。車に乗っていたのでは、エゾマツは見えていてもカケスの存在は気付かないでしょう。
でも、私がその場で立ち止まり、カケスの様子を見ながらカメラを向けていたら・・・
脇を通った乗用車やゴミ収集車は「何事か?」と興味深く過ぎていきましたよ。

町民の多様な意見や斬新なアイデアを行政に繋いでいくのが【議員の仕事】。
これからも諦めることなく、めげることなく、「良いものは良い」「役立つものは役立てる」姿勢で取り組んでいきます。


追伸)役場の中にも柔軟な人もいます。町民に意識の向いている人もいます。行動を起こす人もいます。それを全て一括りにしてしまっては、それこそ「多様性」を認めていないことになりますね。ものの言い方に気をつけます。ちょっと反省。自戒をこめて。

12

検索


過去ログ

新着記事

  1. 「議会の会議は、これを公開する」は何を意味するのか?
  2. データは次の政策への一助【まちづくり常任委員会 2013.2.21】
  3. 泣けた〜【劇団がたっこ第8回公演「水平線の歩き方」】
  4. テーマは豆。超難しい〜【第6回うんまいべ!料理コンテスト】
  5. 木も見て、森も見て【議員活動:地域回りから】
  6. 情報満載の『議会だよりNo.6』発行
  7. 小規模自治体、注目!!【道北地域地方自治土曜講座:2012年度第2回】

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る