2012年06月26日

平成24年第1回(3月)定例会【一般質問】

突然ですが、3月に行われた平成24年第1回定例会の一般質問の内容を掲載していなかったのでお伝えします。(随分と遅くなってしまいすいません。)

3月定例会の一般質問は、平成24年度の町政執行方針や教育執行方針に対する質疑も含めて行われることになっていて、1年で最も質問者数も質問数も多くなります。この時一般質問に立ったのは、金子議員(3問)、楠議員(2問)、大釜議員(1問)、宮下(6問)でした。

以下、私の質問とそれに対する答弁の要約を記します。

なお、平成23年第4回(12月)定例会と平成24年第1回(3月)定例会、平成24年度予算特別委員会、臨時会(3回分)の全体要約を[議会だより No.5]に掲載すべく、現在、広報特別委員会が編集しています。発行は7月20日の予定です(同日発行のお知らせ号と共に全戸配布予定)。
__。__。__。__。__。__。__。__。

1.地域防災組織の強化について − ①防災士資格取得助成制度 [答弁者:町長]

Q) 平成23年第3回定例会一般質問で「防災士や防災ファシリテーターの要請」を提案した。
  これを取り入れた施策が展開されることに期待したい。そこで、この制度の具体的内容と、
  活用を伺いたい。

A) 補助対象者は、行政区や町内会、職場から推薦を受けた町内に住所を有する人で、資格取得
  後に地域の防災リーダーとして活動できる人。補助額は資格取得に関わる全額、1人6万1千円。
  平成24年度は20名分を予算計上。来年度以降も同様に展開。
   資格取得者には、自主防災組織内での中心的活動の他、資格取得者による組織の設置で、
  情報共有や町全体の防災意識の向上に寄与する活動をして欲しい。

Q) 災害時の避難所運営は高齢者や女性が中心となる。資格取得講座では避難所運営も学べる
  ので、高齢者や女性を防災士として育てるシステム(女性枠、高齢者枠)が必要では?
A) 誰を推薦するかは各行政区や町内会の問題。地域の中でしっかり話し合いをして欲しい。


1.地域防災組織の強化について − ② 豪雪対策における地域との連携 [答弁者:町長]

Q) 今冬の豪雪は記録的であり、豪雪対策本部も立ち上がったことから、地域防災組織構築に
  向けて絶好の機会だったと考える。しかし実際には、行政区長や町内会長へ担当者が聞き取り
  に行った程度だった。町組織の中に行政区地域防災組織は組み込まれていないのではないか。
  行政区への情報提供はどうなっていたのか?
A) 今回の対策本部は、行政区に対する連携は薄かった。反省し、今後の糧としていきたい。
  情報提供については、行政区長に対し保健センターから「高齢者などの見守り」をお願いした。

Q) 今回の豪雪への対処を地域防災組織立ち上げとするアイデアがある。今回職員が2度に渡って
  行った「独居高齢者宅の見守りや除雪」などを、地域防災組織(行政区)に交付金措置しながら
  依頼してはどうか。地域の実情を把握できる他、これを基礎にして次の助け合い運動や見守り
  運動につながっていくのではないか。町長はどう考える?
A) 災害が起きたときの一番の戦力は自助の組織。言われる通り。


2.パイプハウスの雪害に対する支援について  [答弁者:町長]

Q) 大雪によるパイプハウス被害への支援策を早急に打ち出したことは評価できるが、目的や
  根拠、方針が明確でないまま数字が一人歩きし、混乱が生じていると感じる。支援の位置づけ
  は「災害復旧支援」なのか「農業振興策による支援」なのか?
A) まさしく「災害復旧支援」である。
  情報が混乱しているとは聞いていない。混乱している認識はない。

Q) 雪害は全町の様々に影響している。「災害復旧支援」であるなら、農業だけでなく他産業や
  住民福祉分野にも、薄く、広く、少しずつ、総合的な対応が求められるのではないか? 
A) パイプハウス補助は災害復旧の名目以外にない。他の分野ではパイプ被害のような甚大な被害
  は起きているとは考えていない。

Q) 施設園芸農業者の実情から、今回の支援策が生産力の維持や地域経済の復旧策としては充分
  機能しないのではないか。単年度支援でなく、リース事業や長期的な施策で将来的な復旧も可能
  になるのではないか?
A) 50%の補助残は農協の無利子融資が利用できる。リース事業の意味合いが分からない。
  また豪雪対策は1年間に限るのが基本である。


3.IP告知端末の活用について  [答弁者:町長]

Q) IP端末機の供用開始から1年を迎え、活用の面で次の段階に入った。具体的には発信ルールの
  見直し(発信時間、頻度、内容、質、発信者の拡大、他)が必要と考える。
  平成24年度の町政執行方針にも活用がうたわれているが、具体的にはどのように進めるのか?
A) 利用ルールづくりは、平成23年8月に立ち上げた月形町地域情報化推進協議会(商工会、
  農協、社会福祉協議会、各行政区)で協議した。今後は年に2回程度会議を開く予定。
   これまでの配信は行政情報中心だった。配信端末が役場関係に4台しかないことの他、
  (農協や商工会への導入も考えられるが)1台100万円と高価なことも要因の一つ。

Q) IP告知端末は地域生活インフラで、活用して始めて活きる。配信端末機導入のための補助政策
  はないか?
A) 農協はFAX導入時に数千万円を投資した経緯がある。IP配信端末も補助なしでできると考え
  る。商工会は使用頻度との兼ね合いがあるが、いずれの組織も経済団体の一種であるので、
  基本的には自主的に導入を決めていただきたい。


4.歴史的遺産を活かした観光振興について  [答弁者:町長]

Q) 「歴史遺産を活かした観光振興」とは、歴史遺産を題材に人を呼び込み、地域を活性化する
  ことである。3000万円をかけた樺戸博物館のリニューアルも踏まえ、今後の具体的な観光振興
  の展開と、その先にある「歴史遺産を活かしたまちづくり」の将来像を?
A) 温泉施設を運営する民間企業と博物館の連携を提案している。また、小・中・高校生の授業学習
  時の入館無料も実施する。他に、近隣自治体との連携で(企画による)入館無料の構想もある。

Q) 入館無料等で人を呼び込むことが中心になり、その先の経済を活性化する仕組みが不足して
  いるのではないか?
A) 障がい者施設のパンや納豆を買っていただく展開ができたらいい。民間の意見も入れていく。

Q) 町民一人一人が月形の歴史遺産に誇りを持ち、PRすることが観光につながるのではないか。
  町民向けの展開は?
A) 町民にとって(樺戸博物館)は観光ではないと思う。
  郷土を学び取る施設として、町民にしっかりとPRしてきたつもりである。


5.社会教育における社会福祉や防災分野との連携について  [答弁者:教育長]

Q) 社会教育における福祉や防災分野との相互連携をどのように考え、取り組んでいくのか? 
A) 教育委員会なので教育を主にし、教育の狙いを考慮しつつ連携や協力をしようと考えている。
__。__。__。__。__。__。__。__。

実は最近、この一般質問の要約を議会だよりに載せるために議事録を再読しました。
その現場にいた私には議事録を読むことでその場の空気も思い出せます。読んでいくほどに、その時の緊張感や孤独感、屈辱感、焦燥感・・・色々な感情が出てきて、手は冷たくぐっしょりと汗をかいていました。

いつものことですが、町長とはかみ合わない質問と答弁。要約して意味を通すことが難しいです。一方、教育長とは遠くに住んでいる人と話しているような実態感のないやりとり。教科書のように全てに監修されたような、「人肌」を感じさせない答弁。要約すると中身がほとんどありません。

それに、この時は町長から(一般質問の答弁中に)逆質問がありました。反問権もないのに。(もし反問権があったとしても本題とはかけ離れた逆質問で、議論の深まりという主目的から外れている内容でした。)そういえばヤジも多かったです。

これらのことは要約してしまうと文章からこぼれ落ちてしまいます。
もし興味をお持ちになったら、ぜひ議事録を読んでみてください。近々【月形町ホームページ>議会>議会のうごき>定例会】で公開されるはずです。

2012年06月25日

STEP1/町民体力測定 & 図書館日曜開館 → 文化的な日曜日

6月24日は日曜日。久々に晴れ間も見える穏やかで気持ちのいい一日。町内では文化的な行事(?)が色々ありました。

まずは「町民体力測定」。会場は月形町総合体育館。

これは、教育委員会の社会教育係が中心になって今年から始まった「つきがた健康づくり・体力づくり推進事業」のSTEP1(第1段階)になります。

この事業の最終目標は「自主的な健康づくりができる町民」。そのために
[STEP1 町民体力測定]
[STEP2 ヘルシーミーティング]
[STEP3 体力UP! チャレンジ教室]

を1年間かけて展開。北翔大学生涯スポーツ学部によるバックアップと、月形町保健福祉課との連携、そして月形町スポーツ推進委員や体育協会の協力で実施していきます。


まあ難しい話しは抜きにして、しばらくスポーツから離れている私にとって体力がどの程度あるのかは気になるところ。ワクワクしながら総合体育館に足を運びました。

■受付の後、【保健師さんによる問診と血圧・脈拍測定】・・・久々に入った総合体育館。スポーツというと気構えてしまう人でも、いつもあう保健師さんの顔を見たり、血圧を測ってもらえばちょっと安心。普段の生活の延長っていう感じがいいですよね。

■【身長/体重/体脂肪率の測定】・・・北翔大学生涯スポーツ学部の学生さんが測定してくれました。若い男性に体重を量られるのはちょっと気後れしましたが、爽やかな笑顔と会話でクリア! 何だか楽しくなってきましたよ。

■【イスに座って準備体操】・・・体力測定前に準備体操するとは思っていなかったので、ちょっと驚きましたが、大事なことですね。体操をしているうちに身体がほぐれ温まってきました。それにイスに座ってする体操はバランスもとりやすく、身体も伸びやすいので、負担感を感じずに気持ちよくできました。日頃のデスクワークの時にも取り入れよっと!

■【体力測定本番:10m全力歩行、10m障害物歩行、ファンクショナルリーチ、長座体前屈、握力、開眼片足立ち、30秒立ち座り】・・・それぞれのコーナーに学生さんが待っていて声をかけてくれます。要領よく丁寧に種目の説明をしてくれて、スムースに測定することができました。体力測定とは言え、ちょこっと汗ばむ程度の運動は気持ちよかったです。久々に全身の筋肉を伸ばしたって感じ。

■【おまけ? 歩行姿勢の撮影】・・・最後に歩行姿勢を側面からビデオで撮っていただきました。この後どうなるのかは分かりませんが、人に見られながら歩くのって、案外緊張しますね。

■最後に【アンケート記入と血圧・脈拍の測定】・・・〆の作業。これもまた大事ですね。

約30分、楽しい時間でした。私が参加したのはちょうどお昼時だったので参加者が少なく、寂しい写真になってしまいました。ごめんなさい。

今回、北翔大学関係者の皆さんは、名前の入ったおそろいのグリーンのポロシャツを着ていたのですが、そういうユニフォームは大事ですね。一目でどこに行けばいいのか、誰に聞けばいいのか分かりました。それに皆さん丁寧に接してくれました。
ある学生さんは「僕はこの学部の1期生なんです。卒業したら教職をとる人もいますし、自分はインストラクターを目指しています。」「これから社会人になって、色々な人と話しをする仕事に就くので、こういう場面で勉強しています。」とも。何事も繋がっているんですね。
__。__。__。__。__。__。__。__。

さてもう一つは図書館の日曜開館。今年度から月1回、午前9時〜午後1時まで、試験的に開館しています。

通常の開館時間は、月曜〜土曜日の午前10時〜午後6時。
利用者の多くが子ども達とサークル活動のお母さん方となれば、この時間帯で概ね満足ではあると思います。が、町民のための図書館ですし、普段利用しなくても「ちょっと本を読みたくなった」人に提供することを考えれば、とても良い企画だと思います。

この日、閉館時間間際に図書館に顔出したところ、8人目の入館者だったとか。利用者の多少に関わらず、しばらくは試験開館し続けて欲しいです。
とは言え、
皆さん、ぜひ月形町立図書館をご利用くださ〜い。
__。__。__。__。__。__。__。__。

この他、町内にある【障がい者支援施設 雪の聖母園】では運動会が開催された模様。

町内各地で色々な文化活動が行われた日曜日でした♪

2012年06月21日

石狩川水系幾春別川水防公開演習

6月16日(土)、幾春別川と石狩川の合流地点(岩見沢市北村幌達布地先)の北村地区河川防災ステーションで、平成24年度の「石狩川水系幾春別川水防公開演習」が行われました。

今回の公開水防訓練は、石狩川水系で繋がっている岩見沢市、美唄市、三笠市、月形町、新篠津村と北海道、国土交通省北海道開発局が主催するもので、出水期前のこの時期に実施されました。

このような公開水防訓練は、石狩川水系全体で毎年場所を変えて実施されています。(この場所での公開演習は当初平成23年に予定されていましたが、東日本大震災の影響で1年遅れになりました。)ちなみに、月形町の石狩川堤防内でも平成12年に実施されています。

今回の演習に参加している自治体は、過去に何度も水害に遭っている地域です(特に被害が大きかったのは、昭和37年、昭和50年、昭和56年)。それ以降、堤防の強化や排水機場の整備などハード面が改善されてきましたが、それと同時に今回のようなソフト面の強化も図られています。

この日は各自治体からの水防団/水防隊(消防団)を中心に、国交省関係者、自治体関係者、自衛隊、日本赤十字、建設業者など、総勢400人あまりの人が演習に参加しました。この他、来賓や一般の見学者なども多数来ていたので、実に大規模な公開演習です。

演習開始の合図と共に「台風上陸」の想定で刻一刻と変化する状況が会場内に伝えられ、正面の大型ビジョンに各所の展開が映し出されていきました。団員が会場内の様々な場所で水防工法を実施し、それらが同時進行で完成していく様は圧巻です。

その中で月形水防隊が担当したのは「木流し工(→)」「水マット工(↓)」「改良積み土のう工」でした。

「木流し工」は堤防の川側が弱くなったときに、木の抵抗を利用して堤防に当たる水圧を弱めようとするもので、木を工法資材とするためのロープワークと、設置した木がばたつかないように固定する技術が重要とのこと。

この作業を雨の降りしきる中、あるいは増水している最中に堤防内で行うのはとても危険だと、実際の場面を想像してドキドキしました。だからこそ、こうした訓練は重要ですね。

それから「水マット工」は、土のう用の土が確保できない都市部などで使う工法とか。専用のマットに水を注入して土のうのように小さな堤防を築いていきます。

この他「月の輪工」「釜段工」など、土のうの積み方にも様々な工法や技術があって、非常に興味深く見学させていただきました。

公開演習はこの後、大規模地震を想定した訓練も行われています。
__。__。__。__。__。__。__。__。

こういう大規模な公開演習は数年に1度ですが、この演習当日のために事前にどれほどの訓練や確認を行ったか・・・それを通して伝承されたり身についたりすることは非常に大きいと思います。特に水防団(消防団)の皆さんは、数十年にわたって活動する方が多く、数年に1度でもこういう機会があることは非常に意味があると感じました。

一方、役所(公務員、首長)関係者は短い期間で部署が変わるのが日常。今回演習当事者として経験を積んだ人でも数年の内には関係ない部署に移ってしまいます。大人数を束ねるのが役所の仕事ではありますが、実態を考えると、小さい範囲での日常の訓練が最も重要ではないかと感じました。

いずれにせよ、こういう地道な活動で私たちの安心・安全な暮らしが守られていると思うと、頭が下がります。皆さん、どうもありがとうございます。そして、お疲れ様でした。

2012年06月19日

米沢富美子さん、ありがとうございます。

外は田植えが終わって半月以上が経過し、田んぼの緑が目に鮮やかになってきました。

6月定例会・一般質問が終わって1週間。お伝えしなければならない内容もありますが・・・

それに今日は6月にして台風上陸。現在、北関東から南東北あたりを台風の目が通っているもよう。被害も少なからず発生しているようです。どうか最小限の被害にとどまりますように。

このような状況ですが、今日はひとまずいつもと違った話題で。



ここのところ毎朝ドキドキ、朝が来るのが待ち遠しいのです。
それは・・・「私の履歴書(日本経済新聞)」。
今月は、慶応大学名誉教授で物理学者の米沢富美子氏のお話です。

小学生時代にIQ175(!?)というところからして普通ではないのですが、その後の人生における発想や行動力もとてつもなくて、驚きの連続です。それに昭和30年代〜40年代に仕事を持ちながら子育てもして、世界に通用する研究も。
現在進行形の連載が今後どう展開していくのか、目が離せません。
とにかく凄くて圧倒される展開、そして毎朝元気をいただいています。

それにしても、こんなスゴイ女性が日本にいたことを私は今まで全く知らず、申し訳ない気持ちです。
米沢富美子氏はまさしく働く女性のロールモデル。能力の違いは横に置いて、こんな風に「あれもこれも手にすることも可能なんだ!」「女性はここまで頑張れるんだ!」という、希望が見えます。

そうそう、記事の中で心に留めておきたい文章があったので、抜き書きしておきます。

大学院時代の指導教授、松原武生先生の口癖を思い出した。全ての勢力と時間を3等分して「テーマ探し」「実際の研究」「論文書き」に配分せよという教えである。2番目の「実際の研究」が全てだと思い込む傾向があるが、本当は、最も適切なテーマを掘り出す1番目と、成果を確実に発表する3番目も同じくらい重要だとたたき込まれた。

                日本経済新聞/私の履歴書(2012年6月17日)

議員活動に置き換えれば、こういうブログでの活動報告の重要性を説いているわけです。反省。
気合いを入れると共に、時間がとれるよう環境改善せねば!

2012年06月08日

【第17回全国小さくても輝く自治体フォーラム】その1

5月26日〜27日、北海道「写真の町」東川町で開催された『第17回全国小さくても輝く自治体フォーラム』と、あわせて開催された「アフター研修(現地視察):東川町、剣淵町、西興部村、下川町」に参加してきました。

今回のテーマは「育ちあいと自然エネルギーを活かす自治体づくり ”写真甲子園“と”君の椅子”のまちから」です。
開催地の東川町は旭川市の隣に位置し、「写真」によってまちづくりを展開=数々の施策を「写真」がつないでいます。「君の椅子プロジェクト」は生まれてくる子供に「君の居場所」をプレゼントするというもの。地場の木工を活用すると共に「写真」とも関連づけていて、心温まる施策に発展しています。

いずれも、多くの自治体が苦手とする「ソフト事業」を柱にして地域経済活性化まで発展させた良い例で、このフォーラムの道内開催地として最適地だったと感じたのは私だけではないでしょう。私も以前から興味を持っていた自治体であり事業だけに、丁寧な解説のもとに現地の雰囲気を感じることができて、本当に有意義でした。


この『小さくても輝く自治体フォーラム』は、市町村合併を契機に、小規模自治体の交流を通して魅力を高め、小規模自治体の存在意義を全国にアピールするために設立されました。第1回は平成15年2月の長野県栄村。全国各地で14回開催された後、恒久的な会員組織として『全国』の冠をつけ今に至っていて、北海道で開催されるのは今回が初めてです。

会場には全国の「小さくても輝く自治体」から首長・職員・議員、そして開催地の東川町民にみなさんが会場からあふれるほど(300〜400人)、大盛況でした。
私は近隣の女性議員に誘われ今回初参加でしたが、同じく初参加として桜庭町長(26日のみ)の姿を会場で見かけました。(職員が同行していなかったのは残念でしたね。)

さてフォーラムの内容ですが、実に多様で盛りだくさん、いずれも心に響く内容でした。全てを紹介できないので、私の気になったキーワードのみご紹介します。
__。__。__。__。__。__。__。__。

記念講演「内から輝く自治体をつくる」   講師:福原義春氏(資生堂名誉会長)

■「文化」の視点から人と地域を考える
・文化=人間の生き方。よりよく生きようという思い=創造的な過程と行為の産物
・文化力=地域の人間力
・文化力による建て直し→文化の地方分権化
・日本人は、外(他)から文化を持ってきて新しくつくり変える力がある
・文化力、文化資本=人間性と富の力
◎地域に暮らす人から湧き上がる生活の中の文化の活性化 = 内から輝く
◎地域に暮らす人が満足すること = 人が輝く (自治体運営の王道)

・その政策は、まず地域の人々の心や暮らしを豊かにするものかどうか
・ローカルの大事さを理解した上で、グローバルな価値を生み出す
・「人間的価値観」が必要
__。__。__。__。__。__。__。__。

第1分科会「育ちあいを活かす自治体づくり — 文化・福祉・子育て」

■剣淵町「絵本の里作りがはぐくむ子ども達」
・絵本作家・編集者との出会い
  → 絵本の里をつくろう会(男性中心) 
  +ふるさと創成1億円 → 絵本大賞
  → お母さんたち中心+お父さんとで共に展開(まちづくりの拠点へ)

■奈井江町「地域包括ケアと住民主役のまちづくり」
・病診連携(H6〜):継続診療と家庭医機能 → 地域で安心した医療提供
・子ども権利条例(H14〜)、まちづくり自治基本条例(H17〜) → 子どもの社会参加
  ○町長と語る会:地元小・中・高校の子ども達と語り合う(各学校で年1回)
   =子どもからも積極的に参加してくる。子どもは発想が豊か、意見を聴く機会を
  ○子どものための検診実施:小児期からの生活習慣病予防(希望者のみ、無料)

■西興部村(にしおこっぺむら)「1000人の村は今・・・」
・人口1000人 30%が福祉関連人口 独身者向け住宅が村内に100戸
・住民福祉施策が充実
  ○特別養護老人ホーム(88床)、ケアハウス(26室30名)、高齢者住宅(34戸)
  ○高齢者見守りシステム:光回線を使用。家庭内にセンサー3カ所設置。84戸
  ○デイサービス・ホームヘルパー利用料無料
   (ただし、介護保険料(平成24年〜の基準額) 5100円/月)

■東川町「東川町の子育て」
・上水道のない町(全戸井戸水)、写真の町(S50〜)、
 君の椅子プロジェクト(H18〜)

・三位一体の子育て支援
 [母子保健(保健師)]
  特徴:全世帯管理(全ての世帯ファイルを地区別に管理)
     =戸籍係と連携、母子管理表は母子手帳発行時に
     作成し、就学時に世帯ファイルへ
 [子ども発達支援センター]特徴:親支援、発達支援
 [幼児センター・子育て支援センター]特徴:子ども未来課(教育部局)の管轄
  ○幼児センター(子育て支援センター含む)
   ・東川の子どもは幼稚園と保育園に分け隔てなく教育・保育が受けられる環境
   ・職員数:58名、幼児センターの定員270名
   ・幼小連携:小1との交流事業 年4回、子ども・教員での情報交換

・子どもに関する施策の実施主体が[子ども未来課(教育部局)」=学童保育も含む
 計画や事務等は福祉部局が担っている部分もある(◎誰のための仕事かを考えて対応)

・住環境の整備は子育て環境に通じる
・「子育て」を鍵に大人も育っている。
 子どもがどうやって(一緒に)「まちづくり」に関わっていくかを考える
・「子どもがいて良かった」と思えるよう
 「あなたがこのまちの主人公だよ」というメッセージを伝える施策
__。__。__。__。__。__。__。__。

「人」を中心にした施策とその実践・・・・・

口ではそう言っていても実践につなげるのは困難なことと思っていました。しかし同じ北海道内にこれほど何気なく実践している自治体があるとは! 

東川町では「人を中心にした施策」が当たり前に行われているために、
「子ども未来課が教育部局であることの問題点は? 福祉と教育部局の連携は難しいのでは?」
との質問に発表者が戸惑う場面があり
「(何が問題になっているのか・・・?)誰のための仕事かを考えれば何の問題はありません。」 
との回答。視点を変えると意識と展開が変わってきて、ごく普通に理想に近づけるのだと改めて感じました。こういう風土が育っている東川町に感動したのは言うまでもありません。

12

検索


過去ログ

新着記事

  1. 平成24年第1回(3月)定例会【一般質問】
  2. STEP1/町民体力測定 & 図書館日曜開館 → 文化的な日曜日
  3. 石狩川水系幾春別川水防公開演習
  4. 米沢富美子さん、ありがとうございます。
  5. 【第17回全国小さくても輝く自治体フォーラム】その1
  6. もうすぐ定例会。一般質問は6月13日(水)10時〜
  7. 全員協議会(2012.5.31)雪害ハウス支援、副町長退任

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る