2012年02月26日

道北地域地方自治土曜講座(2012.2.18)

地域の課題をテーマに地方自治を考えようと、道北地域自治体関係の有志の皆さんが立ち上げた『道北地域地方自治土曜講座』。昨年11月に9年ぶりに復活し、2回目の講座が先週の土曜日(平成24年2月18日)にありました。

「地域から地域の課題を考える」という趣旨と、主催者の中に以前から交流のある意識の高い自治体職員の名前があったことなどから、復活のお知らせを聴いてとても興味をそそられていました。初回は都合がつかず参加できなかったので、今回は準備万端、楽しみにして参加してきました。

会場は旭川大学。40人近くの参加者(自治体職員、首長、議員、学生、一般)があり、質疑も活発に交わされ、とても活気のある講座でした。個人的にも「新たな視点・発想」を得ることができ、有意義な時間になりました。

「道北」「旭川」というと札幌圏には「遠い」存在に写るかもしれませんが(私がそう感じていただけかもしれませんが)、交通の便も良く余裕を持って日帰りできる圏内ですし、道北の抱える課題は小さな自治体が直面しているものと近く、実は非常に身近な存在で、参考になる要素がたくさんあることを今回参加して再認識しました。
それになによりも、「自分たちで何とかしなければ」という危機感(意識)が高く、前向きのエネルギーがみなぎっていることが素晴らしいです。参加者と接するだけでプラスのエネルギーを得ることができました。

今まで、勉強の場を求め札幌に出掛けていましたが(実際に開催場所のほとんどが札幌ですが)、全ての分野で一極集中する「札幌」では見えない(考えられない)ものが「道北=地方」にはあると感じました。その場の空気感というか、全体として醸し出す「気」のようなものです。
もっともっと地方に目を向け出かけていくことの必要性と、地方からの積極的な発信や呼び込みも必要だと感じた「道北地域地方自治土曜講座」でした。

以下、当日の講演内容のうち、私の印象に残った点を紹介します。
__。__。__。__。__。__。__。__。

  道北地域地方自治土曜講座

講演1「財政制約と地域の再生」
講師:北海学園大学経済学部 
    准教授(地方財政論)西村宣彦氏

■持続可能な地域づくりとは?
・「持続可能な社会づくり」
 ・・・1990年代から使われ出したが、曖昧な言葉
・持続可能な発展とは、環境を守りながらも経済
 発展をも認めること。別の要素を認めること。
   ○環境を守る=将来世代の権利を認める。
   ○経済発展を認める=現世代の繁栄


■現在の日本における持続可能な地域づくりとは?
・人口が減少しても生活の質が低下しないよう、いかに賢く縮小(衰退)するか
・コンパクトシティ論は都市部の論理では
・3.11以後の課題は、
 [地球温暖化対策+放射能汚染のリスク+汚染された現実]にどう向き合うか

■破綻と再生のマチ・夕張から見えてくるもの
・社会にとって夕張問題は「もう過去のもの」だが、地域にとっては現在進行形
・財政規模約40億円の夕張が、353億円の赤字を返済するという現実
 (3年で31億円返済済)
・夕張問題=やりながらの改革(=財政の再生+自治の再生+地域の再生)
・過疎化=誇りの空洞化
・財政破綻した自治体は、
 迷惑施設(例:産廃処分場、放射性廃棄物)と向き合う場面が増える。

■「危機」とどう向き合うか・・・分断をなくす
・世代間対立(世代間の意識ギャップ)からの脱却
・世代間連帯の再生(血縁 → 地縁へ)
・自治体連携の強化(地域を越えて、互いにないものを補完しあう関係)
・[自治体職員・議員 ←→ 住民] 心の溝は深い。
 情報開示、情報発信、コミュニケーションで共感を広げる。信頼回復もあり。
__。__。__。__。__。__。__。__。

講演2「過疎地における地域再生の可能性 
   −新規参入者と在住民による
          協働実践を事例として−」
講師:旭川大学保健福祉学部
    助教(地域社会学)大野剛志氏

■農山村地域の実態
・四重苦
  ○雇用機会の縮小・・農林水産業の衰退による
  ○生活苦・・・・・・・・・公共部門の縮小による
  ○コミュニティ崩壊の危機・・限界集落、消滅集落
  ○地域資源の荒廃と維持管理の困難    
・道北は日本社会の最先端(年少人口率、高齢化率、限界集落数)
・過疎と少子高齢化の根本問題は
  ○定住性の低下=安心して住めない
  ○地域社会の支え合いの絆がこわれる
   =社会的弱者(子供・高齢者・障がい者)の生活困難

■新規参入者への着目(農業・農村の活性化への期待)
・新規参入者=自由な発想が可能な人材
      (異質なライフスタイル=在住民にない価値観・知識・技能)
・これまでの研究は「新規参入者を受け入れる側の視点」しかなかった。
 今回の研究は「新規参入者が何を与えたか」の視点。

■地域再生の事例研究
【長沼町:新規参入者と在住民の協働による新たな農業の実践】内部変化のきっかけ
 □新規参入者(定年退職者)に経営能力あり。グリーンツーリズムのアドバイザーに
 ・「生産型」から「採算・流通・販売型」へ。
  経営指向性の高い「複合型経営」農業のノウハウを実践しながら伝える
 ・生産農業がダメなら体験農業へ。新しい農業のアイデアを提供
 □新規参入者(退職者)が退職金を元手に、地域農産物を食材にした農家レストラン
 を開店 → 農家レストランが農村に都市を巻き込む

【東川町:過疎地における小地域福祉活動の実証研究】
 ・家族福祉の限界が明らかな状況で、「地域福祉」が求められた
 ・自治振興会によるサロン活動で
  福祉活動の組織化や福祉のネットワークづくりに取り組む
  (行政主導の自治振興会から、地域住民が主体の小地域福祉活動へ)
 ・サロン活動の中身=お昼、お茶のみ、レクリエーション、ゲーム、健康相談、他
 ・サロン活動リーダーのやる気と行動力がカギ(創造性、実践性)
 ・ある地区のサロン活動のリーダーは新規参入者。自らの介護体験を活かす行動

【2つの事例研究からの発見】
 ・新規参入者の存在は、地域の構造変化をもたらす
   新規参入者のアイデアと実践が土台 → 日常的活動へ → 町内に活気
 ・新規参入者は農山村に「新しい風」を運ぶ媒体になり得る
 ・農村回帰(I・J・Uターン)の社会現象
  →「ゆたかな農村生活」を選択した人=期待できる存在

■地域が内部から変わり発展するには
 ◎地域活性化運動の担い手の小さな活動から、多くの住民を巻き込んでいくこと
 ◎[身の丈にあった][身近なこと][今できること]から始めること
__。__。__。__。__。__。__。__。

今回の講演内容は、ともすれば[ありきたり]と捉えられかねないテーマですが、今までの研究との視点の違いを感じるもので、私にとっては多くの気づきがありました。

ブログを書くに当たって講演内容を再度振り返ったのですが、たくさんの資料と新たな視点をどうまとめるか、思いのほか時間がかかってしまいました。が、その分、丹念に考えることができて整理がつきました。復習は大事ですね。

私も月形町にとっての新規参入者の一人です。私が普通に感じ考え行動することが[新しい風]になっているという体験もしています。が、まだまだ成果としては充分ではありません。ただ[身の丈にあった][身近なこと][今できること]をしているだけなので負担感もなく、むしろその過程を楽しみながら実践しています。あとは共感と広がり。

地域を巻き込み、その過程も楽しみながら進めて行きたい(いかなければなりませんね)。

2012年02月22日

深刻な雪害・農業被害(ハウス骨組みパイプの損傷)

豪雪は一向に収まる気配がなく、対応すべき課題も変化・増大してきています。

今までは【高齢者宅の除排雪】【交通網の確保=町道の除排雪】が対策の中心でしたが、これらに加え、いよいよ【倒壊・危険家屋対策】【農業被害対策】が大きな課題になってきました。

特に【農業被害】は深刻です。現状では「融雪の遅れ」に目が奪われますが、現在雪の下になっている【ハウス骨組みパイプの損傷】が最も大きな被害になるでしょう。これは月形町の基幹産業である農業の存続/衰退、ひいては町内経済にも影響する大きな問題に発展します。

というのも、月形町の農業生産の柱は、コメ:花き:果菜(カボチャやトマト、メロン他)で、施設園芸(ビニールハウスによる生産)の占める割合が高い地域です。施設園芸は労働集約型農業なので雇用の場としても大きな位置を占めてきました。また、土地利用型農業のコメの作付けにおいても、苗作りにビニールハウスが欠かせません。

もともと雪の多い月形ではそのハウスを守るため、冬場はビニールを剥がし骨組み(パイプ)だけにして雪の下にします。ただし、加重に弱いアーチ部分は雪から出るように管理して春を迎えてきました。
しかし今年の雪は・・・積雪2.5mでは、ハウスがすっぽり埋まる量です。雪をはねて骨組みを出すと言っても、もうはねる場所もなければ、降り続く雪と吹雪く天候に追いつきません。雪の中で、雪の荷重に耐えかねて曲がったり折れたりしているハウスの悲鳴が聞こえてきます。

上から2枚の写真は、いずれも2012年2月6日に撮影したものです(月形町農事会)。

【上の写真】若干見えるのは掘り出したハウスの骨ですが、直近の降雪でまた埋まっています。この後すぐに大雪があり完全に埋まりました。
(撮影した2月6日以降、今日までに約2mの降雪がありました。積雪は多少増えている程度なので、降った雪が堅くしまっていると言えます。)

【中の写真】この地域の多くのハウスが、この時点で完全に雪に埋まっています。畝のように見えるのがハウスの上部。地上から2m以上の高さがあるはずなのですが・・・ この時、足元には約2.3〜2.5mの雪が積もっています。

【下の写真】参考までに、中の写真とほぼ同じ場所を写した2005年3月23日の写真です。これだけのハウスが雪の中に埋まっています。

このような状況が町内の多くの場所で見受けられます。今は雪の下なのでハッキリしたことは言えませんが、全町内のハウスの半分かそれ以上(500棟とも1000棟とも)に被害が出ているのではないかと・・・

この【骨組みだけのハウス】に共済制度はありません。また、ハウスは高価で再度建て直すには相当の出資になりますし、壊れたハウスを片付け、新しく建てる労力も相当なもの。その上、作付けのことを考えれば建て替えの出来る時期は限られています。

高齢化・零細化している現状から、今回の被害をきっかけに営農意欲を失い離農する農家が増える可能性が高まっています。結果、今まで何十年もかけて産地形成してきたものが失われる・・・、人口流失する・・・、地域が衰退する・・・。

『基幹産業を守る』『産地を守る』ことは、地方の小さな自治体にとって最重要課題です。
これまでの記録を破る降雪のあった今年、この対策に本腰を入れるべき時です。

2012年02月21日

まちづくり常任委員会(2012.2.21)年間総括・雪害対策情報

今年度最後の「まちづくり常任委員会」が本日(2月21日)あり、この1年の総括として、報告書の取りまとめを行いました。

昨年まで2つの常任委員会があったときは各定例会で閉会中の事務調査内容を決め、次の定例会で報告するという流れになっていました(委員会開催は3ヶ月に1回程度。)
今期(今年度初めの改選後)から常任委員会は「まちづくり常任委員会」一つになり、委員会の会期を通年、調査内容も行政全般となりました。月1回ペースで委員会を開催し、1年をかけ行政全般について調査を進め、年度末の3月定例会で報告するという運びで進めてきました。

報告書の内容は、これまで委員会開催の都度(全てではありませんが)このブログで紹介してきたことを要約したものなので、今回は省略します。1年分をかなり端的にまとめています。
報告書の形式や記載内容、資料の添付などで検討の余地があるとの意見も出ましたが、初年度なのでまずはやってみて、次年度以降の検討課題となりました。
__。__。__。__。__。__。__。__。

常任委員会の冒頭、委員長より雪害対策状況の情報が提供されました。
町民の皆さんも興味のある内容だと思うので、ここに掲載します。

■降雪状況(平成24年2月20日現在 :月ヶ岡での目視観察)
 ・総降雪量 12.91m  ・・・ 過去最高値 12.99m(昭和60年)
 ・積雪    2.6m   ・・・ 過去最高値  2.48m(昭和60年)

■町外からの支援
 ・北海道トラック協会へ、町からダンプの紹介依頼
   → 道東エリアから6台、2月20日到着。宿泊しながら町道の排雪作業に従事

■排雪情報
 ・町道の集中排雪・・・今日(2月21日)〜29日まで
          市街地を中心に3地区に分け、3日間ずつ
          進捗状況は天候にも寄るが、余裕があれば公共施設も
 ・道道の排雪  ・・・今日(2月21)日に実施予定
 ・その他    ・・・排雪ルールの徹底も必要(作業が滞らないために)。検討課題

■町の雪捨て場の状況
 ・現在の雪捨て場(赤川地区)はまだ余裕がある。今回の集中排雪でも対応可。
 ・不測の事態に備え、担当課は次の場所も検討しているが、今のところ問題ない。

■その他
 ・農業被害(ハウスの骨組みの損傷)拡大している

2012年02月18日

第2回『にじいろ広場』を終えて

今週初め、2月13日に開催した『第2回にじいろ広場』の報告です。

当日は朝から降雪も風もない曇り空。前日(12日・日曜日)の猛吹雪とは一転した穏やかな1日でした。
このあと水曜日はまた猛吹雪、木曜日と金曜日は大雪でしたので、つかの間の雪の止み間と言え、皆さんこの間を利用して除雪や排雪に大忙しでした。また吹雪の後始末(多くの町道が吹雪でふさがってしまったので開け直す作業)に追われたためスクールバス(=町内循環バス)も運休(臨時休校)。残念ながら会場まで来られなかった人もあったのではと思います。

そのような状況の中、8名(女性4名、男性4名)の方にお越しいただきました。
大変ありがとうございます。

テーマのない茶話会でしたが、今回お集まり方は「ゆみこの議員活動報告書10」に掲載の告知を見て足を運んでくださった方ばかりなので、やはり報告書の中身をきっかけに、行政運営についての話題が多かったです。

当日の話題を項目ごとに分けてみると
■予算の付け方  :樺戸博物館、公共施設の設備や設計、公営住宅、公用車の活用
■防災      :水害、防災マップ、地震、雪害、寒さ、停電、備蓄(量と場所)
■町民と行政の連携:地域担当制、広報広聴、IP告知の活用
■福祉・保険   :ぬくもり福祉券、介護保険、国民健康保険
■教育      :スクールバスの運用、防災教育
■現状      :高齢者の実態、少子化の現実(対策)、基幹産業(農業)の衰退と対策
__。__。__。__。__。__。__。__。

「にじいろ広場」で、町民のみなさんは「決定過程を知りたがっている!」ということがハッキリしました。

今回集まってくださった皆さんは町政に興味が深く、町からの広報物はくまなく読んでいる人たちでした。しかし(だからこそ)「なぜそうなるの?」という疑問が湧いてきています。(紙面の都合は理解しますが)広報では結果しか伝えられない(伝えていない)からです。

これとは別に、町は広報物だけでなく各種関係団体や行政区長などには丁寧な説明をしているようですが、その場に入れない人々に情報は伝わっていません。これら情報を持っている団体の代表者はほぼ100%男性のため、特に女性には詳しい情報が伝わっていないようです。

参加した女性の皆さんは
「噂話には聴いたけれど、本当なの?」
「不正確な情報が広がるのは良くないから、噂は噂としか聞いていないけれど、不安になる。」
など、真実や実態を知りたい欲求が高かったです。その一方
「私たちも町政懇談会とかに出て行って聴かなくちゃダメなんだよね。出ないで文句ばかり言ってても。」
「でも町政懇談会は年々会場規模が大きくなって(気持ち的にも、距離的にも)足を運びにくくなってる。前みたいに町内会や老人クラブの小さい単位で、家の近くでやってくれたら行けるのにね。」
とも話してくれました。

行政が効率化を進めるのも理解しますが、町民のみなさんの言うことももっともです。そこに折り合いをつけるには「何のためにそれをするのか」という原理原則を再度確認する必要があると感じました。また(今回話題には乗りませんでしたが)、議会や議員としての広報広聴の重要性も感じました。

議会が開かれ、身近な議員が広報広聴の一翼を担えば、今よりもっと町民の満足度が上がるでしょう。私たち議会関係者も、行政ばかりを頼ることなく自分たちの出来ることをもっと進めて行かなければ!

2012年02月15日

平成24年第2回臨時会(豪雪対応)

本日(2月15日)午前、臨時会が開かれました。

議案は「豪雪対応のための補正予算」でしたが、折しも今朝は猛吹雪。当初の開会時刻には札比内地区(月形町内北部)の議員2名と昭栄地区(町内南部)の議員1名が、役場までも来られない状況でした。開会後、審議入りまで1時間休憩を挟むことで昭栄地区の議員が到着でき、議案審議は8名(欠席2名)で進められました。

ちなみに、私は役場から約600m南側のところに住んでいるので歩いて向かいましたが、北風が吹きすさぶ吹雪模様と吹きだまりで、長靴・帽子・手袋・スキーウエアの完全装備でも大変でした。
写真は役場に到着してホッと一息安堵の表情。一緒に写っているのは大釜議員(役場の北側約750mに居住。車で登庁)。

このように、吹雪で議会に来られない議員がいる状況は、私には初めてのことです。議員控え室(役場3階)から町内を見回しても雪に埋もれている感じですし、駅前の町営住宅には大きな雪庇が張り出し見るからに危険。
月形町にはアメダスの積雪計がないばかりに報道されませんが、降雪は既に12m、積雪も2.5m。いくら除雪に対し装備や体制が整っているとは言っても、もう限界間近です。(詳しい状況は審議の中で説明あり。以下参照。)


さて審議について。
補正予算そのものに対しては誰からも異議はありませんでしたが、町の「豪雪対策」に対しては多くの議員から様々な疑問や指摘がありました。もちろん私も発言しています。

以下、臨時会の内容を報告します。
__。__。__。__。__。__。__。__。

1.一般会計補正予算(第5号)・・・豪雪対応

■歳入歳出総額  33億4944万円  (+3254万6千円)
■補正予算の内容:今冬の豪雪に対応するため
[歳入項目]地方交付税(普通交付税)
[歳出項目]
 □農地融雪促進事業         433万8千円
  ・豪雪により融雪時期が遅れ、作付けや生育への影響が懸念されるため
  ・融雪剤の購入に対する補助:農地10aあたり150円を上限に補助。対象耕地面積 2891.9ha   
 □除雪対策経費           2820万8千円
  ・除雪車の修繕費(+114万6千円)
  ・雁里地区除雪委託料(+182万4千円)
  ・月形地区除排雪委託料(+2523万8千円):当初予算 4837万8千円 → 7361万6千円 

【豪雪への対応、現状、被害の説明】

■経過 1月16日 災害対策連絡会議設置
          ・・・職員により独居高齢者宅戸別訪問・確認→緊急対応必要なし
    1月30日 降雪量10m超、積雪2.25m・・・高齢者宅再度訪問
    1月31日 豪雪対策本部設置・・・午後〜2月1日職員20人で高齢者宅除雪実施(24軒)
         農業被害の調査、除雪費の89%を執行
    2月8日〜 風を伴う雪害 → 町道除雪が厳しくなったため、開発局や道などに支援要請
    2月11日〜(2〜4週間) 札幌開発建設部よりロータリー除雪車1台借り受け(資料
    2月13日、14日 道からの支援・・・通学路を中心とした除排雪 
    2月14日 月形町職員による高齢者宅の除雪(15日も予定していたが悪天候で延期)
       
■2月14日現在の記録(月ヶ岡での目視観測)
    総降雪量 11.99m  積雪 2.5m

■農業被害 ・ビニールハウス倒壊 19棟
       (今後、雪解けに伴い「雪の下にしたハウス」に、相当数の被害が予想される。) 
      ・畜舎の倒壊 5棟(それに伴い、牛の被害 3頭、農機具など)
      ・人的被害(雪下ろし等によるケガ) 3名

【質疑】・・・私の特に重要と思う点を中心に記載

Q 豪雪対策本部を立ち上げたが、その効果は?
A 各担当ごとの縦割りから、危機管理係を中心とした組織として対応することができる。

Q 土日の除排雪作業はもっとできないのか?
A 降雪があれば実施している。また、病院等は日曜(休診日)を狙って排雪を行っている。
  連日の降雪でオペレーターも限界に近い。また、排雪を実施したくてもダンプが確保できない。
  (空知管内の降雪状況や、冬期間に集中する客土事業による。)

Q 町道の歩道用除雪機は1台しかなく、故障で除雪できない時期があった。予備機が必要では?
A 状況は認識している。平成24年度予算で提案予定。

Q 国の除雪対策費23億円が出ることになったが、どのように配分されるのか?
A この部分についての情報はまだない。
  今確定しているのは、通常3月に交付される特別交付税が、一部2月に交付されること。

Q シーズン当初から降雪が続き、オペレーター等の作業環境悪化・健康管理が懸念される。
  町として、指導や指示はしているのか?
A 常識の範囲で「対応していただきたい」と言っている。

Q 対策本部は、職員のみの対応だけでなく、各種業者や区長等との連絡が必要なのでは?
A 対策本部立ち上げ時と現在では状況が変化した。早速『拡大対策本部』を検討したい。

Q 対策本部を設置後、住民に対して中身のある説明必要。
  IP告知、ホームページ等で情報を流すべきでは?
A 対応を検討し、情報を周知していきたい。

Q 対策本部の対応は、除排雪と高齢者宅対応中心のようだが、学校関係はどう対応している?
A 職員が出向き、通学路の確保(道路や雪庇対策)をしている。
Q 先週から臨時休校等が数回あるが、その連絡が遅れたり不十分になっている。
  教育委員会だけでなく学校やPTA等も交え、吹雪等の対応を検討すべきではないか?
A 教育委員会と学校との連絡は密にしている。学校と保護者の連絡は学校側の責任である。
  吹雪時の下校は教職員の引率や、除雪車先導によるスクールバス運行で自宅に送り届けている。

Q 豪雪対策の対応が後手に回っているのではないか? 猛吹雪が始まって1週間になるのに
  「『拡大対策本部』をこれから検討する」というのは遅すぎる。
A 急な吹雪には対応できない。危険が伴う。ただし、緊急車両が通行できない状況はない。
  住民の命と安全を守るのが行政の使命。私たちのやれるところでやっている。
  大災害対策協定に従って(警察・消防・自衛隊と)連絡を取り、除排雪も行っている。
Q 現場が頑張っていることや、吹雪の中で動けないことは理解している。しかしソフト面の対応
  対策は吹雪の中であってもできる。吹雪開けに動けるよう、対策を練っている段階では?
A 今後、取り組んでいきたい。
__。__。__。__。__。__。__。__。

『豪雪対策』に対し、特に町民との連携不足を強く感じています。
答弁でも「連携は密にとっている」とありましたが、多くは行政内部や関連機関とのもので、通常業務の域を脱していないのではないでしょうか?

今回の豪雪は、月形町の降雪新記録を更新するような勢いで、とても「通常」の範囲内では収まらないでしょう。だからこそ対策を先手先手で進め、町民や民間業者も巻き込んで(少しでも多くの手や体、頭を使って)対策を講じなければならないと思います。

もちろん民間業者も町民も、もう限界に近い状況です。「これ以上何をしろというの!」という声も聞こえてきそうです。でも連携を密にし、ちょっと情報が増えるだけで安心感を得たり、無駄な動きをしなくてすんだり、効率的に手助けしたりできるんです。


例えば「登校時間近くになって吹雪いてきた朝」。
これまでの判断基準に従えば(臨時休校かどうか)判断できない状況が続き、ただ時間だけが過ぎていきます。何の連絡もないままに子ども達を登校させるかどうか迷って迷って・・・自宅待機させる家庭もあれば、「気をつけるように」と言って登校させる家庭もあり、既に保護者は出勤して子供が判断する場合もあり、親が吹雪をおして車で送る家庭もあるでしょう。

もし「登校時に吹雪模様の時は、登校時間を1時間遅らせる」という申し合わせがあって「今がその時」との連絡が回れば・・・判断する側は「臨時休校」を決断するまでに時間の余裕ができ天候や体制を確認できるでしょうし、保護者もその後の対応ができるでしょう。朝の通勤・通学の気忙しい時間を外すことで様々な場面で一呼吸でき、冷静になって上手い解決策が見いだせるかもしれません。何より子ども達の安全が確保されます。

これらのことも豪雪や吹雪がない年なら何ら問題なく過ぎていきますが、今年は「その時」なのです。例年の判断基準やシステムでは対応できない状況なのです。今だからこそ、現実に即した対策を練り実行しなければ!

今日の答弁を聴いて、「確かに現場は一生懸命頑張っている」と本当に感謝の気持ちがいっぱいになりました。ただ、それを管理する側=構想を練る側=戦略を立てる側は、それに見合うだけのことをしているのか???

キチンとしたビジョンや展望がないままに使われる(動かされる)人は、どれほど辛いか・・・

123

検索


過去ログ

新着記事

  1. 道北地域地方自治土曜講座(2012.2.18)
  2. 深刻な雪害・農業被害(ハウス骨組みパイプの損傷)
  3. まちづくり常任委員会(2012.2.21)年間総括・雪害対策情報
  4. 第2回『にじいろ広場』を終えて
  5. 平成24年第2回臨時会(豪雪対応)
  6. 月形町立札比内小学校 90周年記念式典・閉校式典・惜別の会
  7. 第2回『にじいろ広場』開催のお知らせ
  8. 吹雪と大雪
  9. 「ゆみこの議員活動報告書 10」発行
  10. 劇団がたっこ第7回公演「ビューティフル☆サンデー」

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る