2010年11月27日

平成22年第5回臨時会

11月26日(金)午前、今年5回目となる臨時会が開催されました。

今回は役場関係者の「給与等の削減」に関する条例改正です。人事院勧告(民間との所得格差是正)を受けての措置です(町長や副町長、議会議員もそれに準じて行いました)。12月1日は期末手当(冬のボーナス)の基準日となるため、その前に条例改正して期末手当から削減することになっています。
また来年度分も同様の割合で削減します。

なお、今回は条例改正のみを行い、予算補正は12月の第4回定例会で一括で行います。
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

【審議された議案内容(言葉は分かりやすいものに変更しています)】

1.町長、副町長のボーナスの削減
 ・平成22年12月分のボーナスを、2.2ヶ月 → 2.0ヶ月(年間 3.95ヶ月)
 ・平成23年度は 6月分 1.95ヶ月 → 1.90ヶ月
         12月分 2.0ヶ月 → 2.05ヶ月 (年間 3.95ヶ月。配分変更)

2.職員(教育長含む全職員)の給与削減
 ・人事院勧告にあわせ、給与表とボーナス率の改正
  (4月に遡って実施されるため、超過支給分は12月のボーナスから減額)
 ・55歳以上(課長クラス)の減額幅を大きく
 ・他(住宅手当、残業時間の積算に関すること)

3.議員の報酬改定(ボーナスの減額)・・・町長・副町長と同様
 ・平成22年12月分のボーナスを、2.2ヶ月 → 2.0ヶ月(年間 3.95ヶ月)
 ・平成23年度は 6月分 1.95ヶ月 → 1.90ヶ月
         12月分 2.0ヶ月 → 2.05ヶ月 (年間 3.95ヶ月。配分変更)

2010年11月25日

議会改革シンポジウム 〜自治体議会が変わるためのヒント〜

11月20日(土)の午後、NPO法人公共政策研究所と北海道大学公共政策大学院主催の「議会改革シンポジウム 〜自治体議会が変わるためのヒント〜」に参加してきました。会場の北海道大学の教室は後部座席まで埋まるほどの参加者(約50名)で、「議会改革」というテーマは時代の関心の的であることを再認識しました。かく言う私も同族ですね。

私はこのサブテーマ「変わるためのヒント」に引かれて参加したのですが、(主催者には申し訳ないのですが)思っていたほどの収穫はなかったです。というのも話題の中心が「議会基本条例」にあり、視点が都市部の議会目線と感じたからです。
市民参加の仕組みづくり、会派制の善し悪し、議会報告会の実施などは多くの場面で語られていることですし、その問題提起の多くが「議会や行政に関心の薄い市民」を対象にしていたためです。

月形町の場合、公式的な(表面的な)市民参加は活発とは言えませんが、地元選挙の投票率が90%近くであったり、多くの町民が何らかの形で地域活動を担っていたり、議員や理事者とも地縁、血縁、仕事や趣味、ボランティアなど様々な関係が濃い・・・等、情報も比較的届きやすく市民の監視の目は厳しいです。
また議会内でも会派や政党はなく(強いて言えば地域代表の色合いはありますが)、基本的に議員個人の思想信条でそれぞれの活動をしています。議案の否決こそありませんが(公開の)全員協議会での議論は本質に迫り、調整の末に「名を捨てて実を取る」場面も赤裸々です。

このように前提となる条件が違っている以上、話題の視点や解決のための手法も違ってくるのも仕方のないことですが、ただ多くの「議会改革」議論が都市部の目線で語られていることが残念です。もしかしたら改革のヒントは地方(田舎)にあるのかもしれないと思っているので。

とは言え、キラッと光るものも見つけました。パネリストの「辻ひろし登別市議会議員」の発言には議会活動の目指すべき方向性が表れていると感じました。自分の視点を自分の言葉で語ることは人の心を捉えますね。
以下、当日のプログラムと概要、心に響いた言葉(主に辻議員の発言)を列挙します。
__。__。__。__。__。__。__。__。__。

 議会改革シンポジウム 〜自治体議会が変わるためのヒント〜
       主催:NPO法人 公共政策研究所、北海道大学公共政策大学院

■基調報告「北海道の自治体議会の現状
       〜アンケート調査から見る北海道自治体議会の課題〜」
                 NPO法人 公共政策研究所 理事長 水澤雅貴氏

・道内180自治体議会を対象に、今年夏にNPO法人公共政策研究所が実施した
 『市民参加により自治体議会を活性化するための環境整備に関する調査』をまとめて考察
・基本データを(議会基本条例の有る無しが中心視点で)点数化し、分類。
・議会側から市民への情報提供の少なさを問題提起。
・議会が変わるヒントは「議会のオープン化」ではないかと提言

■パネルディカッション:テーマ「自治体議会が変わるためのヒント」
  パネリスト:鳥越 浩一氏(苫小牧市議会議員)
        辻  弘之氏(登別市議会議員)
        志子田 徹氏((株)北海道新聞社記者)
        水澤 雅貴氏(NPO法人 公共政策研究所理事長)
  コーディネーター:宮脇 淳氏(北海道公共政策大学院教授)

・議会基本条例を持つことが良しではなく、
 それぞれ地域に合った(地域にとって良いと判断する)議会のあり方もある。議会のあり方は多様
・議員は「話す」仕事と取られがちだが、「聞く」ことが仕事ではないか。
 地域活動の中で話を聞き、そこから受けた感性や想像を議会に持っていき話し合う

・議会改革とは、見えやすい部分(お金、人)にばかり気を取られすぎず、質を向上させること。

・議会とは、行政が「できない」と言ったことを、
 「できる様にするにはどうすればいいのか」を議論し、話しを持っていくところ。
・首長にモノが言えない人の立場をくみ上げるのが議会
・議会は決定機関=首長のやりたい放題のブレーキ役(闇雲に判を押すのではない)

・議会に多様な人材が入ってくるためには、
 「やりたいことがあった時の手段として、議員になる」という認識を、市民に持ってもらう。
 そのために、子どもの時から「議論した内容が反映される」体験を持たせる。

2010年11月24日

平成22年度町政(まちづくり)懇談会

今年も町政(まちづくり)懇談会の季節になりました。
私は地元の懇談会(11月22日午後6時〜 多目的研修センター。対象地区:市南行政区、南耕地昭栄行政区、知来乙行政区)に参加してきました。

会場には行政側として理事者と管理職(説明員と担当者)9名、懇談内容に絡んでNTT関係者4名。住民側として町民11名と各地区の地域担当職員9名の参加でした。

今年の町政(まちづくり)懇談会の次第書には
1 開 会
2 町長挨拶
3 議題 ・IP告知端末機の設置について
     ・光ブロードバンドサービスについて
4 その他
5 閉 会
とありました。議案がIP告知と光の2点しかなかったことにまず驚きました。

町長挨拶の中で「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)反対の動きと状況説明」があり、次いで「切手事件」についての説明(?)ともお詫び(?)ともつかない話しがなされました。

そこで私が気になったのは、町長の発言とその場の雰囲気が他人事だったことです。
「町民の皆さんにはお詫び申し上げるところでありますし・・・」とは言うものの、最高責任者として頭を下げるわけでもないし、町長がそう言っている時に他の理事者や管理職はお詫びの姿勢を示していたか・・・何だか言葉だけが上っ面を滑っている様な感じでした。

「切手事件」は触れたくない(触れられたくない)事実だと思いますが、1年に1度、町側が町民のところに出向いて町政の話しをするせっかくの機会です。この事件の発覚から処分に至る一連の経過後初めて広く町民の前に理事者が出向く場なのです。切手事件に限らずこの1年に起きたこと、これから行うことを腹を割って話し合えるせっかくのチャンスだったのに・・・残念です。

もちろん「その他」で「地域の皆さんから何かありませんか? 何でもお答えします。」という問いかけがありましたが、町民が誰も口を開かなかったのも事実です。だからといって何も問題がないと捉えているのでしょうか? 声なき声(サイレント・マジョリティ)の存在を感じなければならないと思います。

結果の如何に関わらず、「自らが積極的に関わる、伝える」という姿勢も大事なのではないでしょうか。例え町民が何も言わずとも、やるべきこと、やらなければならないことは使命感を持って進めなければ信頼回復や信用は生まれないでしょう。
町民に聞きたいことはなかったのでしょうか? 伝えたいことはなかったのでしょうか?

結果、いつになっても「つまらない町政懇談会」から脱却できないと思います。

2010年11月21日

月形町議会議長杯ゲートボール大会

11月16日、朝の冷え込みもこの秋一番(最低気温ー3.2℃)のこの日、午前9時から多目的アリーナで「月形町議会議長杯ゲートボール大会」が開催されました。この大会は既に10数回開催されているとのことですが、しばらく前から議会チームの参加はありませんでした。でも今年は参戦! 私もその一員として生まれて初めてのゲートボールに挑戦してきました。

まずはコート作り。多目的アリーナは土間のグラウンドで、様々な競技が使用しています。最も多く使っているのは少年野球でしょうか。刷毛で整えられた地面には野球用の白線がうっすらと残っていました。
そこにロープとテープを張ってゲートボール用のコートを2面作っていきます。私が会場に着いた時にはその作業のまっただ中。皆さん協力し合いながら手際よく準備を進めていました。

ゲートボールは5人1チームなので、議会からは平田、笹木、宮元、鳥潟そして宮下が参加、偶然にもそれぞれの期数が5,4,3,2,1期だったので、チームに不思議な一体感が生まれました。と言ってもゲートボールの経験者は平田議員と宮元議員のみ。ルールも含め、参加者の皆さんに手取り足取り全て教えていただきながらのプレーです。

この大会では、月形町ゲートボール協会に加盟している皆さんが地区ごとに5チーム、私たち議会チームも加えて、3チーム2ブロックのリング戦(リーグ戦でなくリング戦)を午前と午後の2回行いました。1試合30分、2コート同時進行で進められます。
参加者の多くは75歳以上ですが皆さん大変元気!!! ボールを追って小走りしたり、大きな声で作戦を指示したり、おしゃべりしては笑ったり・・・。スポーツを楽しむ姿は老若男女変わらないんですね。

さて、試合の方は・・・最初のゲートをくぐるのが至難の業。土間のコートで手入れが行き届いているものの多少凸凹しています。その凸凹が簿妙に影響して玉が思うところに行きません。私は最後まで1番ゲートを通過できずに終わってしまった試合がありました。

1番ゲートをくぐると・・・あとはチーム戦。ゲートボールがこれ程戦略的なゲームだとは知りませんでした。玉を打つ順番を考慮しながら、自分の玉の置き所を決め、そこに向かって打っていきます。正確なショットを要求されるのですが、なかなか上手くいかないのは世の常。議会チームは作戦遂行の前に、技術が伴わない場面もちらほら・・・。一方ベテランの皆さんは全員が作戦を熟知していて、あうんの呼吸で試合を進めて行きます。一打で形勢が逆転することも間々あって、それはそれはスリリングな展開で、制限時間の30分はあっという間に過ぎていきました。

「ぼけ防止には良いよ。」
「毎週火曜日にやっているから、また遊びに来てね。」

そんな声を聞きながら、全ての競技と片付けが終わったのは午後3時。身体だけでなく、頭もフル回転で一日いっぱい楽しませていただきました。初めてのゲートボールでしたが、皆さんのお陰で本当に楽しかったです。

来年もまたプレーできたらと思ってます。
月形町ゲートボール協会の皆さん、お世話になりました。そして、ありがとうございました。

2010年11月17日

月形中学校 PTAの集い「楽しいスイーツ作り」

先ほど(11月17日の夜)、月形中学校のPTA行事がありました。議員活動とは関係がありませんが、私たちの町での素敵な活動ですので紹介します。

月形中学校は全校生徒87名の町内唯一の小さな学校です。なのでPTA会員もそれなりの数ですが、この行事に36名もの参加がありました。行事内容が興味をそそられるものであることは言うまでもありませんが、多くのPTAが学校に足を運ぶということは「学校と家庭との連携が取れている=地域力がある」と言えると思います。こんなところからも月形の子育て環境の良さを感じることができます。

さて行事内容ですが、今回は「楽しいスイーツ作り」。家庭科を教える長嶋先生とAET(Assistant English Teacher:英会話外国人講師)のヘザー先生が講師になって、「米粉のスポンジと、それを使ったイギリスの伝統的なスイーツ・トライフル」を作りました。

この米粉、もちろん月形産米粉です!(月形産米を町が持っている粉挽き機で製粉。誰でも利用できます)。サラッとしていて真っ白な米粉は前もって篩う必要もなく手軽。できたスポンジもしっとりとしていて軽い仕上がりでした。

そのできたてスポンジにジャムを塗り、サンドして小さくカット。それを広口のコップに半分くらい詰め、缶詰のフルーツ(白桃とパイナップル)もたっぷり乗せます。その上からゆる〜く作ったカスタードクリームをかけて、ホイップした生クリームを絞り、飾りのフルーツ(冷凍のイチゴとブルーベリー)とアーモンドスライスをかければ、で・き・あ・が・り!!

ヘザー先生によると、フルーツの種類は何でもよく、スポンジとフルーツ、クリームの順番も自由。固くなったスポンジを使う時は、洋酒やシロップを含ませても良いとか。とにかく自由に、楽しく、簡単に作れるのが「トライフル」なんですね。

約2時間の行事でしたが、作りながら片付けしたり、おしゃべりも。顔を見知っていても話しをしたことがない他の学年のお母さんやお父さん、先生方とも気軽に話しができるのも、共同作業をしながらだからですね。秋の夜長にゆっくりと楽しい時間を過ごすことができました。

行事を企画、運営してくれた役員の皆さんと講師の先生方、ありがとうございました。

123

検索


過去ログ

新着記事

  1. 平成22年第5回臨時会
  2. 議会改革シンポジウム 〜自治体議会が変わるためのヒント〜
  3. 平成22年度町政(まちづくり)懇談会
  4. 月形町議会議長杯ゲートボール大会
  5. 月形中学校 PTAの集い「楽しいスイーツ作り」
  6. (社)北海道中小企業家同友会・南空知支部11月例会
  7. 月形の晩秋風景
  8. 平成22年度 南空知国保運営協議会委員等合同研修会
  9. 広報特別委員会(2010.11.4)
  10. 産業建設常任委員会(2010.11.4)

▲TOPへ戻る

▲TOPへ戻る